【書籍プレゼント付き】海外FXランキング!2020年度版

よくあるご質問 <スキャルピング編>

よくあるご質問

スキャルピングに関する「よくあるご質問」をまとめました。

A. 雇用統計はまったく予測がつかないのでトレードで利益をあげるのは簡単ではありません。

ただし、結果発表後は強いトレンドを作りやすいため、慣れてくると短期で利益を狙うスキャルピングでは狙いやすいと言えます。

発表後の値動きに「クセ」もあるため、それらを把握することで大きな値幅を取りやすいタイミングだと私は考えます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. スキャルピングの基本は「順張り」です。

トレンドができた後でエントリーして確実に利益を確定するスタンスがスキャルピングです。

慣れてくると反発を狙った逆張りもエントリーポイントとなり、値幅が取りやすい場面も多く存在します。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. マーケットを分析するためには複数のモニタがあった方が便利です。

ただし、MT4/MT5は一つのプラットフォームで分析からトレードまでを完結するため、ノートパソコン1台でも十分にスキャルピングはできます。

私の周りでもPC1台&モニタ1枚の専業トレーダーも多く、スマホだけでトレードする投資家も年々増加しているようです。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

 

A. 手元資金が多いトレーダーは月間50pipsでも取れれば、十分に専業トレーダーとして生計を立てられると思います。

また仮に手元資金がないトレーダーでも、1日に15pipsを獲れれば複利効果で相当な額に資金を増やすことができます。

スキャルピングとは、小さな利益を積み重ねることで最終的に大きな利益に変える投資手法です。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. スキャルピングに慣れるまでは「損切りルールの徹底」は重要です。

初心者の方ほど損切りへの躊躇があるため「コツコツドカン」と言われる大負けをしてしまうので、損切りルールを明確に設定し、躊躇なく実行できる経験を積みましょう。

損切りは「次への可能性をつなぐポジティブな行為」と考えて積極的に行う必要があります。そのためには、機械的に損切りを行えるメンタリティが重要になってきます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. FX相場の本番は日本時間の夜10時前後からです。この時間は昼間にお仕事をしている方がちょうどトレードに時間を使えるタイミングです。

値動きがあるほど利益を狙えるスキャルピングにとっては、効率の良い時間帯と言えます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. レンジ相場はスキャルパーの稼ぎ場です。

レンジ相場は変動要因の少ない時間帯によく発生し、一般的にはエントリーチャンスが少ないとされますが、レンジ内での往復が見えているため、スキャルピングでは利益を取りやすい相場です。

さらに、レンジをブレイクした場面もエントリーポイントとなるため、レンジ相場では集中してトレードすることをお勧めします。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. スキャルピングとデイトレードの違いはポジションを保有する時間の違いです。

数分〜数10分以内ならスキャルピング、数時間〜その日中で決済する取引をデイトレードと呼びます。

その他の違いには「①利確・損切りする値幅」と「②投資資金・レバレッジ」も違いがある。

デイトレードは目標とする利益確定ラインを設定の上でエントリーするのに比べ、スキャルピングはハイレバを活用した大きな玉で確実な利食いを行い、小さな利益を重ねていきます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

A. 私はチャートは1つの時間足ではなく、複数のチャートを見るマルチタイムフレーム分析を行います。

マルチタイムフレーム分析とは?
長期・中期・短期の足チャートそれぞれを分析することで総合的なトレード判断を行うチャート分析手法

その中でも、スキャルピングをする場合は「1分足チャート」と「1時間足チャート」を観察することをオススメしています。

この2つの時間足チャートからシグナルが出た時がエントリーのチャンスです。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. やはり画面が小さい点でスキャルピングのしづらさはあります。

ただし、スマホだけでFXをする比率が30%を超えたというレポートもあり、今後さらにスマホでのFXが主流になってきます。

現段階でもMT4/MT5のスマホ向けインジケーターも進化をしているので、それらの調査&導入を続ける必要があります。

【詳しくはこちらをご覧ください】

A. 日本のFX業界では「業者間でのスプレッド競争」もあって、世界的に見ても非常に狭いスプレッドが提供されています。

スキャルピングにおいてのスプレッドはとても重要ですが、決済時にスリッページが発生する業者では結果的にコストが上がってしまいます。そのため、目先のスプレッドに惑わされず、スプレッドと同じくらい「約定力の高さ」を重視すべきです。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. スキャルピングに特化した勉強はありません。学ぶべきはFXの基本的なものと同じです。

スキャルピングの技術を上げるためには、経験値しかないと私は考えます。さまざまな注文方法や分析手法を試して、失敗と成功の体験を繰り返すことが最大の勉強になると思います。

数多くのエントリー回数を重ねるごとに適切なポイントが徐々に見えてきます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. スキャルピングでするFX取引は、実は非常に単純な作業です。チャートを観察し、シグナルが出たらエントリーをして決済をする、という作業の連続です。

ゆえに、スキャルピングでは感情を捨てて、機械的なトレードを継続できる人が向いています。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. 通貨ペアの選ぶ時のポイントは以下の3点です。

1)スプレッドが狭い
2)ボラタリティがある
3)市場参加者(取引をするトレーダー)が多い

これらに当てはまる通貨ペアはユーロドル&ドル円です。

ただし、最近はボラタリティの高いポンドストレートNYダウ平均なども面白いと思っています。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. 基本的にFXで勝てる人は10%だと言われており、ほとんどの人が勝てません。特にスキャルピングで勝てないと言われる理由は以下の3点です。

①スキャルは博打に近いトレードになりやすい
②スキャルはやみくもにエントリーしやすい
③スキャルにはトレード経験が必要
一部の勝ち組に入るためには、損切りルールを徹底してFXの経験値を積み続けることが遠いようで近道だと思います。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

A. 分析ツールに正解はありません。

数多くあるテクニカル分析ツールをまずは試してみて、自分に合う方法を見つけてください。

なお、私は一つのインジケータで判断せずに、複数の分析ツールでシグナルが出た場合にエントリーする方法を推奨しています。

【詳しくはこちらをご覧ください】

A. 1分足チャートで判断をするスキャルピングが勝てるかどうかは、残念ながらその人次第です。

ただし、別の記事でも紹介している通り、FXは1日に15pipsでも積み上げていけば大きく稼げる投資対象です。

なので、1回のトレードで3〜5pipsを獲れれば十分と言え、3〜5pipsの値幅は1分足チャートの中でも多発するため、1分足チャートを観察しながらのスキャルピングは有効だと言えます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

 

Load More

タイトルとURLをコピーしました