私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

スキャルピングで使えるMACD×ボリンジャーバンド

スキャルピングで使えるMACD×ボリンジャーバンドテクニカル分析
このような方にオススメの記事

・MACDとボリンジャーバンドを使ってスキャルピング手法を確立したい
・トレンド系とオシレーター系の組み合わせ方を知りたい

本記事のテーマ

スキャルで使えるMACD×ボリンジャーバンド

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

今回は、有名なインジケーターである「MACD」と「ボリンジャーバンド」を組み合わせたスキャルピング手法をご紹介します。

これは、MACDとボリンジャーバンドのそれぞれに「買いのエントリーサインがあれば買う」「売りのエントリーサインがあれば売る」というシンプルな手法です。

視覚的にわかりやすい手法であり、トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標を組み合わせているので、確度の高い取引ができます。

FX初心者の方やスキャルピング手法を探している方は、ぜひ活用してください。

MACDの使い方とは

MACDの役割と使い方

上記の画像は、MACDの表示例です。MACDのシグナル線が0(ゼロ)水準を下回っており、チャートも下降トレンドを形成していることが分かります。

MACDは「相場の値動きが衰えたとき」や「乱高下が起きたとき」など、相場の方向性が見えにくい局面において、比較的に早い段階でトレンドの反転を知らせてくれるものです。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

トレンドの方向を判断するときに、MACDを利用しよう!

MACDを使うと、「短期線」「長期線」「シグナル線」の3つの線が表示されますが、今回は初期設定の数値(短期EMA:12/長期EMA:26/シグナル:9)で、シグナル線だけを表示する手法です。

具体的には、シグナル線がMACDの中央値よりも上側にあれば上昇傾向、MACDの中央値よりも下側にあれば下降傾向であると判断します。

MACDの使い方

・シグナル線がMACDの中央値よりも、上側にあれば上昇傾向(買い手優勢)
・シグナル線がMACDの中央値よりも、下側にあれば下降傾向(売り手優勢)

なお、MACDに関してより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

ボリンジャーバンドの使い方とは

ボリンジャーバンドの基礎的な理論

ボリンジャーバンドとは、一定期間における「移動平均線の標準偏差」を算出して、チャートの値幅の範囲を示すインジケーターです。

標準偏差の1倍~3倍を加算した移動平均線は「+1σ」「+2σ」「+3σ」で表示され、減算した移動平均線は「-1σ」「-2σ」「-3σ」として表示されます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

「2σ」と「-2σ」の間に、チャートの約95%が収まると言われてる!

なお、ボリンジャーバンドについてさらに深く知りたい方や、他のエントリー方法も知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

MACDとボリンジャーバンドを使うときの注意点

上位足でトレンドの方向を判断する

MACDの下降トレンド

上記の画像は、2020年12月の英ポンド/スイスフランの1時間足のチャートです。

このとき、移動平均線の下側でチャートが推移しており、安値を更新し続けています。また、MACDの中央値よりも下側にシグナル線があることから、下降トレンドが発生していると判断できます。

下降トレンドの根拠(※上昇トレンドの場合は逆になります)

・移動平均線よりも下側でチャートが推移している
・MACDの中央値よりも下側にシグナル線がある

ただし、MACDやボリンジャーバンドは、それぞれ単独ではエントリーの根拠として弱く、いわゆる「ダマシ」に遭いやすい傾向にあります。そのため、2つのテクニカル指標を組み合わせます。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

テクニカル指標を組み合わせることで、ダマシに強い手法になる!

また、エントリーは「トレンドフォロー」が基本です。例えば、5分足のスキャルピングであれば、上位足の1時間足を使って、短期トレンド~中期トレンドの方向性を見極めましょう。

例えば、1時間足(上位足)で上昇トレンドの場合、5分足(下位足)で下降トレンドになったときがエントリータイミングになります。

つまり、中期の上昇トレンドにおける「短期的な下落」を狙った手法になるため、トレンドフォロー(押し目買い)になるという意味です。

5分足だけを見ると、下落中に買いポジションを持つため、逆張りしているように感じますが、中期トレンドに対するトレンドフォローだと理解しましょう。

ボリンジャーバンドのダマシを利用した手法を知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

エントリータイミングを絞る

1時間足で中期トレンドの方向性を確認したら、エントリーするために5分足に切り替えます。

今回ご紹介する手法は、上位足では下降トレンドであるにも関わらず、下位足のボリンジャーバンドの上限にタッチしたときを狙ってエントリーする手法です。

そのため、まずは「MACDが上位足と同じく下降トレンドであるか」を確認します。①の位置では、中央値よりもシグナル線が下側にあるため、下降トレンドと判断できます。

ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせ

次に、②の位置では、「ローソク足がボリンジャーバンド下限の-2σ」にタッチしていることが確認できます。つまり、この段階では短期・中期ともに下降トレンドの流れです。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

MACDとボリンジャーバンドの双方でトレンドを確認しよう!

その後、③の位置で上限の2σにタッチして、次の足で上ヒゲ陰線が確定しています。このように、中期の下降トレンド中に起こる「短期的な上昇」が確認できたら、売りエントリーしましょう。

指値(利確)は直近の安値付近を狙いますが、逆指値(損切り)は指値と同じか、その半分くらいの値幅で設定します。これは、リスクリワード比を改善するためです。

また、④のようにチャートがボリンジャーバンドの2σに近づいた場合、同様のエントリーを繰り返して利益を積み重ねましょう。

 MACDとボリンジャーバンドを使ったスキャルピング手法

MACDとボリンジャーバンドでトレンド転換を判断する

上記の図は、2020年12月の英ポンド/米ドルの1時間足のチャートです。

ボリンジャーバンドだけを見ると、上昇トレンドではあるものの「-2σ」と「2σ」にタッチしている個所が多くあります。

そして、-2σや2σにタッチした後は、すぐに反転していることが分かるでしょう。

このとき、下位足(5分足など)を見ると、中期の上昇トレンドに逆らって「短期的に下落しているポイント」が多くあります。これがエントリータイミングです。

スキャルピングでも同じく、「MACDの中央値よりも下側にシグナル線があること」「ボリンジャーバンドの-σ2のタッチすること」により、短期・中期のトレンドが同じ(この場合は下降トレンド)であると確認します。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

短期トレンドでは逆張り、中期トレンドでは順張りになるよ!

その後に、「中期は下降トレンドなのに、短期は上昇トレンドになるタイミング」を待ちます。この場合、上限の2σにタッチしてから、次の足で上ヒゲ陰線になったりします。

利確の目安は「直近の安値付近」ですが、スキャルピングの場合は「3pips~5pips」など、事前に目標利益をpipsで決めておいてもいいでしょう。

「トレンド系」と「オシレーター系」を活用しよう

今回ご紹介した手法は視覚的に分かりやすく、FX初心者の方でもすぐに実践で使えるものです。

エントリータイミングまで待つ必要はありますが、トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標を根拠にしているため、確度の高い取引ができます。

まずは、少額資金で実際にトレードして検証してみましょう。

ボリンジャーバンドやMACDを活用した手法や、他のエントリータイミングについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご参照ください。