私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

ダブルトップ&ダブルボトムを狙ったFX手法

ダブルトップ&ダブルボトムを狙ったFX手法 テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・ダブルトップ&ダブルボトムについて知りたい方
・FXスキャルピングでのエントリーポイントを増やしたい方

本記事のテーマ

ダブルトップ&ダブルボトムを狙ったFX手法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

FXのテクニカル分析ではローソク足が特定の動きをした時を狙うチャートパターンが広く知られています。中でもダブルトップ&ダブルボトムが有名で使われることが多くなります。

そこで今回はダブルトップ&ダブルボトムが発生するタイミングやスキャルピングに有効なエントリーポイントについて紹介していきます。

また、ダブルトップ&ダブルボトムをFXに取り入れる時の注意点についても解説しています。

ダブルトップとは

ダブルトップは上昇トレンドが発生後、チャートがMの形になった後にレートが下落する状況のことです。ダブルトップの特徴は「2つ目の山の高値が1つ目よりも低い」チャート形状になります。

<FXでのダブルトップの例>

ダブルトップの例

ダブルトップ&ダブルボトムの発生はトレンドの終わりと言われており、タイミング良くエントリーできれば反転トレンドに乗って大きな利益が期待できます。

スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

チャートの形で判断できるからわかりやすいね。

ダブルトップの形状の特徴

ダブルトップ:「上昇トレンド後にM」+「2つ目の山の高値が1つ目よりも低い」

ダブルボトムとは

ダブルボトムは下降トレンドが発生後、チャートがWの形になった後にレートが上昇する状況のことです。ダブルボトムの特徴は「2つ目の山の安値が1つ目よりも高い」チャート形状になります。

<FXでのダブルボトムの例>

ダブルボトムの例

ダブルトップは上昇トレンド後にM、ダブルボトムは下落トレンド後にWのチャート形状が確認できたら、トレンド転換のシグナルになります。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

トレンド後や大きな値動きの後でなければ「ダブルトップ」「ダブルボトム」とは言えないので覚えておこう!

ダブルボトムの形状の特徴

ダブルボトム:「下落トレンド後にW」+「2つ目の山の安値が1つ目よりも高い」
ダブルトップ&ダブルボトムは必ずしも転換のポイントになるわけではありません。「ダマシ」によって予想が外れることもあるので注意しましょう。

ダブルトップ&ダブルボトムで大きく値動きする理由

ダブルトップとダブルボトムの発生で価格が上昇(下落)するのは、ネックライン付近に注文が殺到しやすいからです。他のトレーダーの損切り注文もあるのでFXのレートが伸びやすくなります。

ネックラインとは

直近の高値または安値に合わせた水平線のこと
ネックラインとは
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

上記のように水平線を引くことが多く、チャートを抜けた瞬間にみんなが注文するため、大きく値動きすることになるよ。

ダブルトップもダブルボトムも形が反転するだけで仕組みは同じです。ネックラインに注文が殺到するのはチャートが「反発」「突き抜け」をした瞬間に値動きを予測して取引する人が多いからです。また取引中の人が損切りの目安をネックラインにしていることも多く、突き抜けた場合は「新規注文」「損切り」が同時に売り(買い)に集中する可能性が高いと言えるでしょう。

ダブルトップとダブルボトムはネックラインで1度反発をしたあと、再度同じネックラインを超えることで発生します。そのためチャートを注目している人がさらに多くなり、ネックラインを突き抜けた時の取引量が増え、大きな値動きを発生させることになります。

なお、ネックライン付近で大きな反発やブレイクが起こる理由は下記の記事をご覧ください。

ダブルトップのエントリーポイント

ネックラインを抜けた(ブレイク)後

ネックラインを抜けた瞬間にエントリーすれば、大幅に値動きする可能性があるので大きな利益を獲得できるメリットがあります。これはダブルボトムでも有効なエントリーポイントなので、どちらのFXチャート形状でも使えるようにしましょう。

ネックラインを抜けた後にエントリー

スキャルピングFX大辞典_OK博士

ダブルトップ後にエントリーすれば短時間で大きな利益を獲得できる

ネックラインの直下には、ラインで反転上昇すると判断して「押し目買いしているトレーダーの損切り注文」が溜まっています。また、その損切り注文を狙った大口の売り注文や、損切りの勢いに乗ろうとする新規売り注文が重なるため、ブレイク後は一方向に動きやすくなるのです。

ネックラインを抜けた瞬間にエントリーする方法は短時間で大きく稼げるので、スキャルピングのように短期で取引する手法に向いてると言えるでしょう。ただしネックラインを抜けた瞬間に反発することもあるので、予想と違った場合はすぐに損切りすることをお勧めします。

ネックライン付近には売り買い両方の注文が多くなっています。そのためネックラインを抜けたあとに反発する可能性もゼロではありません。
下記の記事でリスクが低く稼ぎやすいチャートパターンについて詳しく解説しています。

ダブルボトムのエントリーポイント

ネックラインのブレイク後の「押し目買い」

ダブルボトム発生後の押し目を狙ってエントリーする方法もお勧めです。下落トレンドの勢いが止まった後の値動きを捉える方法なので、ネックラインを抜けた瞬間にエントリーするよりも予測どおりに値動きすることが多く勝率が高いとされています。

また、これはダブルトップでも有効なエントリーポイントです。とくに、FXでは「上昇よりも下落するほうがスピードが速い」と言われるため、戻り売り目線でタイミングを待つことで優位性の高い取引ができるでしょう。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

ダブルトップで使う場合は、戻り目を待ってからエントリーしよう!

ネックラインのブレイク後の戻り狙いどちらもM形状のダブルトップの画像になっておりますので、お手数ですが、こちらはW形状の押し目買いに変更をお願いいたします。

スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

この方法なら落ち着いてエントリーできるね!

押し目を待てばネックラインを抜けた時に損切りしないで耐えていた人も、あきらめる可能性が高いので値動きを予測しやすくなります。ダブルボトム発生時のように大きな値動きはありませんが、押し目を待つ手法は落ち着いて取引をすることができます。

反発する可能性もありますので、取引量や損切りの設定値には十分注意しましょう。

ダブルトップ&ダブルボトムの3つの注意点

①ダマシが多い

ダブルトップやダブルボトムはチャートパターンが有名すぎるため、ダマシに合いやすいと言えます。

ダブルボトム後のダマシの例

スキャルピングFX大辞典_やれやれ悩む博士

これだけわかりやすいと逆を突くことも簡単にできるんだね…

FXはゼロサムゲームと言って誰かが得をしたなら、その裏で同じ額の損をしている人がいるという投資方法になります。言い方を変えればお金の奪い合いということなので、常に逆の考えをしている人がいるのは当然と言えます。

そのため注文が集まれば必ず損させようと目論むトレーダーがいるので、有名なチャートパターンであるほど危険が高く簡単には利益が出ません。

ロット数を増やして取引する場合は早めに損切りして資金を守るようにしましょう。
*ダマシはどのチャートパターンにも発生する可能性があります。下記の記事でダマシについて詳しく紹介していますので、参考にしてください。

②トリプルトップでやられる

ダブルトップ&ダブルボトム発生後にエントリーしてもトリプルトップ(ボトム)となってしまう時があります。

トリプルトップ(ボトム)とは

突き抜けた瞬間に反発して同じチャートの形になること
スキャルピングFX大辞典_不安お兄さん

ダブルトップ&ダブルボトムはレンジの最中と間違えやすいってことだね…

実戦では4つ目以降の山が出てくることもあり、いつエントリーすれば良いかわからない状態になることも多いです。ただし後から見ると思った通りの方向へ動いていることも多いので、ダブルトップ&ダブルトップは損切りの基準を決めにくい手法とも言えます。
ダブルトップ&ダブルボトム発生時に取引をする時は、ある程度の反発にも耐えられるように少なめのロット数で取引することをお勧めします。

③トレンドが弱い(形だけで判断をしない)

ダブルトップやダブルボトムは2つの山を描くチャートパターンであり、その形自体は頻繁に現れます。チャートを開けばMやWの形は簡単に見つかりますが、ダブルトップやダブルボトムが発生するのはトレンド発生後や大きな値動きをした後だけです。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

ダブルトップ&ダブルボトムはわかりやすいけど判断が難しいから稼ぎやすい手法ではないよ

本質的には多く集まったトレンドと逆方向の注文を狙う手法ですので、大勢が取引をするトレンドの終わり際にしかダブルトップやダブルボトムは現れないのです。また見ている時間足によっても判断する基準が変わってくるので、ダブルトップやダブルボトムを引き当てるのは難しいと言えるでしょう。

以上のことに注意しながらダブルトップ&ダブルボトムを見極めてください。

ダブルトップやダブルボトムよりさらにスキャルピングとして稼ぎやすい「トリプルトップ&トリプルボトム」での稼ぎ方は別記事にてご紹介しています。

なお、これからテクニカル分析を学んでスキャルピングに活かしていきたい、という方は下記の記事からご覧になることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました