私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXの水平線とは?正しい引き方とインジケータの組み合わせ方

FXの水平線とは?正しい引き方とインジケータの組み合わせ方テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・FXの水平線の引き方や使い方を知りたい
・インジケータとの組み合わせ方を知りたい

本記事のテーマ

FXの水平線を目安にエントリー&決済する方法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届け>

水平線はシンプルで明確な価格転換を示すので、FXでは強力な効果を発揮します。実際にインジケータを使わず、水平線だけで利益を上げているトレーダーもいるくらいです。

ただ、シンプルで使いやすいがため、間違った認識で利用して勝てないと悩んでいるトレーダーも多くいるようです。

水平線について正しく理解していないと、重要な価格ラインを見極めることができず、思うように利益を上げることができません。

そこで今回は、水平線の正しい引き方やインジケータとの組み合わせ方、水平線を使ったトレード手法をまとめて解説します。

FXの水平線はどんな役割がある?

レジスタンス&サポートライン

水平線はその位置によって役割が変わってきます。その水平線の中で「現在のレートよりも上で結んだ線はレジスタンスライン(抵抗線)」になります。そのため、ローソク足が上昇すると、水平線で抵抗を受けて上値を抑えられる傾向にあります。

レジスタンスラインで揉み合いが続くと、価格は下落する可能性が高くなるため、ショートで逆張りを行うトレード戦略が有効です。

サポートラインとレジスタンスライン

一方で、現在のレートよりも下で結んだ水平線はサポートライン(支持線)」になります。サポートラインまでローソク足が下落すると、下値が支持される特徴があります。

サポートラインで揉み合いが続くと、価格は上昇する可能性が高くなるため、ロングで逆張りを行うトレード戦略が有効です。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

水平線は「この辺りまで来ると価格が反転する」というサイン!

水平線のサポレジ転換

レジスタンスライン・サポートラインは、値動きを反転させる機能がある一方で、一度ブレイクされると機能(抵抗線・支持線)が転換します。

サポレジ転換

レジスタンスラインを上抜けると、レジスタンスとしての機能を失い、今度はサポートラインとして機能するようになります。トレード戦略としては、ショートから一転してロング優勢に変わります。

同様にサポートラインを下抜けると、サポートとしての機能を失ってレジスタンスラインとして機能します。

スキャルピングFX大辞典_◯博士

水平線を抜けた相場は伸びやすいからスキャルピングでも狙い目!

重要度の高い水平線とは?

反転回数が多い

水平線は、高値同士・安値同士を平行に結ぶだけなので引くこと自体はとても簡単です。

ただし、重要度の高い・低い水平線があるため、重要度の高い水平線のみを引かなければトレード成績をアップさせることができません。

そこで重要となるのがその水平線で何度反転しているか、という点です。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

「水平線の反転回数」が多いほど注目度&重要度が高まる!

例えば、3回しか反転していない水平線と10回反転している水平線では、明らかに10回反転している水平線の方が多くのトレーダーに意識されます。

多くのトレーダーに意識されるということは、今後も反転するラインとして機能する可能性が高く、重要度が高いと言えます。

上位足の水平線

時間軸も水平線の重要度を決める要素の1つです。4時間足と5分足で引いた水平線では、4時間足の方が機能しやすい傾向にあります。

これは、短い時間軸ではランダムに動くことが多い一方、より長い時間軸では一定の規則性に沿って動く傾向があるからです。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

長期足を重視しているトレーダーが多い!

ただし、デイトレードやスキャルピングで水平線が利用しにくいわけではありません。

4時間足や日足などで引いた水平線は、デイトレードやスキャルピングといった短期トレードでもしっかりと機能してくれます。

水平線のメリット

FX初心者でも使いやすい

水平線の引き方はとても簡単で、役割やルールも理解しやすいのが特徴です。

初心者のトレーダーでも、ある程度練習すればすぐに水平線を使ったトレードを身につけられます。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

水平線は視覚的にわかりやすい!

重要ラインの見極め方など、成績アップのために細かい技術は必要となりますが、基本的な使い方であればすぐに習得可能です。

トレンドの節目が分かりやすい

水平線を引くことで、多くのトレーダーが意識する節目を明確にすることができます。

節目では多くの注文が交錯しているため、値動きの分かれ目となりやすい特徴があります。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

水平線を抜けるか跳ね返されるかがその後のトレンドを決める

もし、レジスタンスラインで上値を抑えつけられ反落した場合、その後は下落する可能性が高いと判断できます。

反対にレジスタンスラインを上抜けすると、サポレジ転換でその後は上昇する可能性が高いと判断できます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

水平線付近の値動きを観察することで、トレード戦略を立てやすくなる!

水平線のデメリット・注意点

水平線を多く引き過ぎてしまう

初心者の方によくある間違いが、次から次へと水平線を引き、多くのトレーダーに意識されるラインがどれなのか分からなくなってしまうことです。

あまり意識されないポイントにまでラインを引くと、水平線のトレード手法で勝てない原因になります。

スキャルピングFX大辞典_やれやれ悩む博士

水平線は引きやすい反面、たくさん引いてしまいがち…

サポレジ転換や、反転ポイントとして機能する水平線のみ厳選して引くことは意外と難しく、初心者にとって最初のハードルとなります。

「逆張り」の判断が難しい

レジスタンスラインで上値を抑制されたり、サポートラインで下値をサポートされたりすることは、水平線がトレーダーに意識されている証拠です。

一般的に価格が水平線で反発すると、反対方向に値動きする可能性が高いと判断されます。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

水平線での反転は、逆張りのチャンス!

しかし、ほんの少しの反発であると、値動きが反転しないことも多く、逆張りエントリーすると勝てない(ダマシに遭う)パターンが多くあります。

値動きの反転を狙って逆張りを仕掛ける際は、一時的な反発ではなく、「ラインブレイクを2回トライしたものの失敗」「反発が明らかに大きい」などを意識することが大切です。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

ローソク足の実体が水平線をしっかりと超えてからでも遅くないよ!

水平線の正しい引き方とは?

チャートの反転ポイントに引く

実際のチャートを見て、水平線の引き方を考えてみましょう。

水平線の反転ポイント

まずはチャート全体を見て、反転ポイントを見つけていきます。

何度か反転している価格帯を見つけ出し、大雑把で良いので水平線を表示させます。今回は5回以上反転している価格帯に水平線を引いてみました。

直近高値・直近安値に引く

反転ポイント以外にも、チャートの高値・安値に引くことも忘れないようにしましょう。

高値と安値に水平線を引く

トレードではこれらの水平線を頼りに、反発点やブレイクポイントを探っていくことになります。

また、水平線以外にもライントレード(トレンドラインなど)もあるため、詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

水平線を引くコツはある?

ローソク足のひげを考慮する

水平線は正しく引くことができないと、エントリーポイントとして機能しません。

日本人はテクニカルチャート=ローソク足のイメージがあるかもしれませんが、海外のトレーダーの中には、バーチャートを考慮してテクニカル分析を行うトレーダーもいます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

ローソク足とバーチャートの違いを覚えておこう!

バーチャートにはローソク足でいう実体部分だけでなく、ヒゲの部分も含まれています。

そのため、ローソク足にヒゲが出ている場合、最高値を結ぶと上ヒゲ同士に、最安値を結ぶと下ヒゲ同士を結ぶことになります。

ラインの位置にこだわりすぎない

水平線は大雑把に引いて、ラインの位置にこだわらなくてもいいでしょう。

意識されそうなポイントを見つけたら高値同士(安値同士)のラインを引くことになりますが、最高値(最安値)がまったく同じ価格である必要はありません。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

細かく引きすぎると、かえってダマシに遭う可能性もあるよ

細かいラインにこだわると、水平線で利益を出すチャンスを逃してしまいます。また、細かいラインを意識するあまり、ダマシによる値動きで損切りすることもあるため、おおよその価格帯を意識しましょう。

水平線を使ったエントリーポイント

水平線の反転を狙う

反転したときにトレンドが発生している場合と、値動きの小さなレンジ相場で反転した場合では、逆張りのトレード戦略が変わります。

スキャルピングFX大辞典_×博士

トレンドが発生している時の逆張りはリスクを伴う!

明らかにトレンドの勢いが強い場合、そのまま水平線をブレイクしてしまうことがあるので、損切りポイントを明確にして慎重にエントリーしましょう。

水平線の反転を狙ってエントリー

一方で、レンジ相場での反転を狙ったトレードは、大きなリワードを狙えないため、水平線付近にローソク足が近づいたときにエントリーします。

レンジの逆張りの場合も、エントリー後に反発しなければすぐに損切りすることが大切です。

水平線のブレイク待ち

水平線のブレイクを狙ってエントリーする場合、ブレイク後の流れによっては、ロスカットを巻き込んでブレイクした方向に値動きすることが多くなります。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

ブレイク時は大きな値幅を狙える!

ただし、水平線をブレイクした後にすぐライン付近まで戻ってしまう、いわゆるダマシが頻発するため、勢いよくブレイクしたときのほうが優位性が高くなります。

勢いのあるブレイクに順張り

下記チャートのように、レジスタンスラインを勢いよく上抜けした場合は、上昇に優位性があるため、ダマシが発生しづらくなります。

勢いよくブレイクしたときにエントリー

一方、ブレイクの勢いが弱い場合、ダマシが発生する可能性が高くなります。勢いよくブレイクしたときのみエントリーすることで、勝率をアップしましょう。

押し目・戻り目でエントリー

水平線をブレイク後、一度値戻しがあってからエントリーすることでダマシを防げます。

押し目・戻り目でエントリー

サポレジ転換したことを確認できるまで待つため、ブレイク後の流れに順張りする形で、優位性の高い位置でエントリーできます。

水平線と5分足スキャルピング

水平線トレードはスキャルピングでも有効です。スキャルピングでは5分足を使ってトレード行いますが、水平線は1時間足をもとに引いていきます。

1時間足をベースにして5分足を表示させたら、チャート□の部分でエントリーします。

水平線と5分足スキャルピング

上記チャートでは、水平線が綺麗にレジスタンスラインとして機能しています。

チャート〇の部分がエントリーポイントです。スキャルピングでは、デイトレードやスイングトレードよりも、何度もエントリーと利確を繰り返すことになります。

5分足のエントリーポイント

上手にエントリーと利確を行えば、デイトレードやスイングトレードよりも大きな利益を上げることができるでしょう。

ただし、スキャルピングを行う場合、より素早い判断力が求められるため、ちょっとした気のゆるみによって、損切りが遅れてしまったり、利確のタイミングを逃してしまったりします。

スキャルピングFX大辞典_不安お兄さん

5分足スキャルには持続的な集中力が必要なんだね!

水平線とインジケータの組み合わせ方

インジケータと水平線の関係

水平線の使い方で重要なことは、ライン付近で値動きの方向感が変わるのか、そのまま値動きが進むのかを見極めることです。

逆張りすべきか・順張りすべきかの判断を誤ると、大きな損失につながってしまうので、いかにして精度を高めるかが課題になります。

水平線とインジケータを組み合わせると、より重要度の高いレジスタンスライン・サポートラインを見つけることができます。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

水平線が出すシグナルをインジケータで再検証しよう

ローソク足が複雑な動きをしていて判断が難しい場合でも、インジケータによる根拠も判断基準に加えることで、値動きを読み取りやすくなります。

ボリンジャーバンドとの組み合わせ

水平線と組み合わせるインジケータの例として、ボリンジャーバンドが挙げられます。

ボリンジャーバンドは逆張りでも順張りでも使えるため、水平線との親和性が高いと言えます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

ボリンジャーバンドも視覚的にわかりやすく相性がいい

水平線を使ったトレードで重要なことは、ラインで反転するか・ブレイクするかですが、ボリンジャーバンドを使うことで、反転・ブレイクの判断をしやすくなります。

水平線とボリンジャーバンドの組み合わせ

チャートにつけた2か所の〇は、ローソク足が水平線付近にあるポイントです。ボリンジャーバンドの傾きが平行のポイントと、下向きになっているポイントが確認できます。

平行ポイントではサポートラインで反発を見せていますが、ボリンジャーバンドが下向きのポイントではサポートラインをブレイクしています。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

トレードの判断材料は複数あったほうが良い!

同様に、レジスタンスラインをブレイクする場合、ボリンジャーバンドが上向きになる傾向があります。

このような法則は必勝法ではありませんが、ボリンジャーバンドの傾きをチェックすることで、水平線だけを使用するよりも精度の高いトレードになります。

水平線と相性の良いインジケータ

ボリンジャーバンド以外にも、水平線との相性が良いインジケータがあります。

水平線と相性の良いインジケータ

・レンジ内の逆張り → オシレーター系の指標(RSI・MACDなど)
・ブレイクに順張り → トレンド系の指標(移動平均線や一目均衡表など)

いずれのインジケータを使用しても、水平線以外にエントリーの根拠を持つことができるので、トレードの精度を上げることができます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

各自の好みもあるので、いろいろな組み合わせで検証してみよう!

そのほか、「トレード手法とインジケータの組み合わせ方」について知りたい方は、以下のページをご覧ください。