私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXで毎月10万円を稼ぐために必要なpips数

FXで毎月10万円を稼ぐために必要なpips数 スキャルの基礎知識
このような方にオススメの記事

・FXでの1日の稼ぎの目安を知りたい
・毎月10万円を定期的に稼ぐ方法を知りたい

本記事のテーマ

毎月10万円を稼ぐために 必要なpips数

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

FXは24時間、スマホで場所を選ばずにトレードができ、多くの方の資産運用手段として浸透してきました。

ただ、そのFXが「どれほどの資金でいくら稼げるのか」「1日にどれぐらいの値幅を取れば良いのか」といった基礎的な部分をご存知ない方もまだまだ多いと思います。

そこでこの記事では毎月10万円を稼ぐために必要な「pips数(利幅)」「取引量」「必要資金」について解説していきます。

1ロット(10万通貨)で10万円稼ぐためのpips数

1回の取引で稼ぐ場合のトレード手法

10万通貨の取引で毎月10万円を稼ぐために必要なpips数は「100pips」です。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

100pipsは円単位にすると1円分!

ドル円は他の通貨と比べて値動きが緩やかですが、コロナショック以降のドル円相場は平均で1日に50銭~1円ほど動いています。そのため10万通貨で取引した場合、うまくいけば1日(1トレード)で10万円を稼ぐことも可能です。

またドル円は「トレンド」「レンジ」など、相場の動きが他の通貨よりもわかりやすいので「FX初心者の人」はドル円から取引を始めることをお勧めします。

1トレードで10万円を稼ぐには、スキャルピングではなくデイトレードやスイングトレードのように、ある程度の時間を使ったトレードをする必要があります。

100ppis(1円)の値幅を1回で狙うトレード手法

  • デイトレード(12時間~24時間の取引)
  • スイングトレード(3日~1週間の取引)
スキャルピングFX大辞典_〇博士

1週間あればドル円が3円以上動くこともある

つまり、ドル円で100pips(1円の値幅)を獲得するには「大きなトレンド」を予測することが必要です。

1円の値幅をとるためにやるべきこと

  • 大きなトレンドを中長期の時間足チャートで予測
  • 経済発表などで起こる急変動への対応(余裕を持った資金管理)
スキャルピングFX大辞典_✖博士

大きなトレンドをつかむための分析と準備が大事

インジケーターやオブジェクト(水平線やトレンドライン)を使用してのチャート分析では「中長期での時間足チャート」をチェックし、経済指標カレンダーを確認して「ファンダメンタルズの方向感」も合わせて予測しましょう。

またデイトレードやスイングトレードでは指値注文を入れて100pipsの利益が出たら利益確定する方法が有効です。その際にファンダメンタルズ要因で急変動しても耐えられる資金(維持率)を用意することが大切です。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

証拠金維持率が低すぎるとロスカットで取引終了になるから、長時間取引する時はある程度の資金(維持率)を持とう

デイトレードやスイングトレードは事前準備やある程度の資金は必要ですが1トレードなので、1度通貨を購入してしまえばチャートを確認する必要がほとんどありません。そのため「こまめに相場をチェックできない(したくない)人」に向いてる手法と言えるでしょう。

経済指標発表時は大きな値動きが発生する確率が高く、短時間で50~100pipsを獲得できますが、大きな損失を出す可能性もあるのでお勧めはできません。
トレンドが発生しやすい時間帯は下記の記事で詳しく解説しています。

1ヶ月掛けて毎日コツコツと稼ぐトレード手法

毎日コツコツとトレードして10万円を稼ぐ時は、短時間で取引をするスキャルピングが適しています。

100ppis(1円)の値幅を1ヶ月で稼ぐトレード手法

  • スキャルピング(1ヶ月間=約20営業日)
    →1回あたり5~10pipsのトレードを1ヶ月に10~20回
スキャルピングFX大辞典_〇博士

スキャルピングの特徴は「短時間」「少ない利幅」だよ。

スキャルピングで10万円を稼ぐ時は、1日の中で5~10pipsの利幅を確保できるエントリーをすることが重要です。チャートの分析をして「トレンド」「トレンドやレンジの反転」など、確実に5pipsを獲れるエントリーを狙います。
スキャルピングの基本は「順張り」です。1日の中で「トレンドが発生したら、それに乗る」を繰り返すという単純なトレード手法がスキャルピングです。
ドル円は1日に50銭~1円(50~100pips)の値動きをしているので、チャート画面を見る時間さえあれば5~10pipsは割と簡単に確保できます。
FXのチャート画面
また少ない利幅を狙っているため「勝率が良い」「損切を損失の少ない位置で設定できる」などのメリットもあるので、チャートを見る時間を1日に2~3時間確保できる人はリスクの少ないスキャルピングでの取引をお勧めします。
スキャルピングは他の手法より取引回数が多くなるので、経験値を積みやすいというメリットもあります。

海外FXのハイレバで10万円を稼ぐには

1.2万円で10万通貨のポジションを持てる

では10万通貨のポジションを保有するためには、いくらの資金が必要なのでしょうか?

まず、国内FXと海外FX(XM)ではレバレッジに大きな差があります。同じ資金でも必要となる証拠金の金額が変わり、保有できる通貨量も大きく異ります。

<必要な資金と保有できる通貨量>

  国内FX(25倍) 海外FX(888倍)
10万通貨 400,000円 11,260円
50万通貨 2,000,000円 56,300円
100万通貨 4,000,000円 112,600円

(1ドル=100円)

スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

海外FXなら1.2万円で10万通貨を取引できる!

海外FXはレバレッジが高いため、国内FXでは数十万~数百万円も必要になる通貨量を数万円で取引することができます。また上記の金額は取引中の資金は含まれていないため、実際は3倍、最低でも2倍の資金が必要と言えます。

少ない資金で大きく稼ぎたい時は多くの通貨量を取引できる海外FX(XM)をお勧めします。
1ロット=「国内FXは1万通貨」「海外FXは10万通貨」と単位が違うので取引時に間違えないように気を付けましょう。

海外FXで10万円を毎月稼ぐための「必要pips&資金の早見表」 

資金ごとに毎月10万円稼ぐのに必要なpips数 

資金によって取引できる通貨量は変わるため、毎月10万円稼ぐために必要なpips数も変わってきます。

資金(取引量) 10万円稼ぐためのpips
3万円(10万通貨) 100pips
15万円(50万通貨) 20pips
30万円(100万通貨) 10pips
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

資金は通貨の購入に約1/3、取引時の資金で2/3といった計算をしているよ。

資金が多ければ10万円を稼ぐために必要なpips数が少なくなるので、取引回数や利幅を減らすことができます。利幅が少なくなれば決済のタイミングを速めることができるため、勝率が上がる可能性が高くなると言えるでしょう。
しかし多くの通貨を取引すれば10万円を稼ぐために必要なpips数は減るが、損失が出た時の金額も大きくなるので、多くの通貨を取引する時は十分注意しましょう。
「目標」と「ノルマ」は違いますので、10万円にこだわって無理やりトレードしないように気を付けましょう。
タイトルとURLをコピーしました