私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXのウェッジとは?上昇・下降のトレンドをつかむ

FXのウェッジとは? 上昇・下降のトレンドをつかむテクニカル分析
このような方にオススメの記事

・FXのウェッジのチャートパターンを知りたい
・ウェッジでトレンド転換&継続を先読みしたい

本記事のテーマ

FXのウェッジとは?上昇・下降のトレンドをつかむ

過去の値動きを表すFXのチャートには一定の法則性が見られ、チャートのパターンから未来の値動きを予測することができます。

テクニカル分析を行うとき、よく出現するチャートパターンを頭に入れておくことが大切であり、「このチャートパターンが出現したらこっちへ動くだろう」という予測がしやすくなります。

今回ご紹介するウェッジも覚えておいてほしいチャートパターンのひとつです。この記事ではウェッジの基礎知識や具体的な使い方について解説します。

FXのウェッジとは?

上昇ウェッジ・下降ウェッジ

ウェッジとはFXで見られるチャートパターンのひとつです。ウェッジの大きな特徴は、値幅が徐々に小さくなっていき、先端が尖っているように見えることです。

2本のトレンドラインを引くことでウェッジの幅を定義しますが、いずれは上方向か下方向にトレンドラインを抜けることになります。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

ウェッジは王道のチャートパターンだから覚えておこう!

また、ウェッジには「上昇ウェッジ」と「下降ウェッジ」があります。上昇ウェッジはウェッジの傾きが右上がり、下降ウェッジは傾きが右下がりのものです。

もう少し細かく定義すると、上昇ウェッジでは値幅を定義する2本のトレンドラインが両方右上がり、下降ウェッジでは値幅を定義する2本のトレンドラインが両方右下がりとなります。

ウェッジの定義

上昇ウェッジ:値幅を定義する2本のトレンドラインが両方「右上がり」になる
下降ウェッジ:値幅を定義する2本のトレンドラインが両方「右下がり」になる

上昇ウェッジと下降ウェッジは、それぞれブレイクしやすい方向が決まっており、2本のトレンドラインの急な角度のほうにブレイクしやすい傾向にあります。

上昇ウェッジでは下方向に、下降ウェッジでは上方向にブレイクしやすい傾向があるため、あらかじめエントリーの方向を決めることができます。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

ウェッジの形でブレイクしやすい方向を先読みできる!

フラッグ&ペナントとの違い

ウェッジと似たチャートパターンで、上下のトレンドラインが平行になっている場合は「フラッグ」と呼ばれるものがあります。

上下のトレンドラインのどちらか一方が平行、もしくは上下のトレンドラインの方向が違っていると、「ペナント」と呼ばれるチャートパターンになります。

フラッグとは

上下のトレンドラインが平行になっている場合

ペナントとは

トレンドラインの1本が平行、もしくは上下ラインの方向が違う場合
ペナントのチャートパターン
フラッグとペナントもウェッジと並ぶ王道のエントリーポイントなので見逃さないようにしましょう。
ウェッジと同じく保ち合い相場で現れるチャートパターンですが、ウェッジよりも判断がしやすいという特徴があります。詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

ウェッジで集団心理を先読みする

ウェッジは多くのトレーダーが意識するパターンなので、チャートに集団心理が反映されます。

ウェッジが発生しているときは、「ウェッジのブレイク後に、どのように値動きするのか」をトレーダーが様子見している状態と考えられます。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

ウェッジのブレイク後のほうが取引の確度が高い!

ウェッジを完全にブレイクしたら、ブレイクした方向に多くのトレーダーが追随してエントリーするので、為替レートが伸びやすい局面と言えるでしょう。

また、上昇ウェッジでは下方向に、下降ウェッジでは上方向に抜ける可能性が高いことも、ウェッジをブレイクする前の時点で、集団心理として意識されます。

FXのウェッジの使い方とは

ウェッジの使い方は2種類に分かれる

ここからは、ウェッジの使い方を解説していきます。

まず覚えておいてほしいのが、ウェッジが発生するときの相場の流れは2種類あることです。トレンドの終盤では「転換」を狙いますが、トレンド最中では「押し目買い・戻り目売り」を狙います。

ウェッジの使い方

トレンドの終盤で発生 → トレンド転換を狙った逆張り
トレンドの最中で発生→ トレンド継続を狙った押し目買い・戻り目売り

トレンドの流れ・ウェッジの向き・ウェッジから抜ける方向といったパターンをつかむことで、トレードで有効に活用できます。

「トレンド転換」でのエントリー

1つ目は、ウェッジによってトレンドが転換するパターンであり、反転パターンとも言われます。トレンドの転換をとらえられるので、大きな利益を狙うことが可能です。

上昇トレンドが終わり、下降基調に転換するときは「上昇ウェッジ」が出現し、下降トレンドが終わり、上昇基調に転換するときは「下降ウェッジ」が出現します。

「トレンド転換」のシグナル

上昇トレンドからの転換 → 上昇ウェッジが出現
下降トレンドからの転換 → 下降ウェッジが出現

上昇ウェッジの転換パターン

上昇ウェッジの転換パターン

上昇ウェッジの転換パターンが見られるのは、上昇トレンドの天井圏です。画像のように、高値更新と安値切上げが行われつつも、その幅が少しずつ収束していく形になります。

安値が切り上がっているため、買い圧力はある程度強いと考えられますが、やがて失速して上昇トレンドが終了するパターンが多くなります。

トレンドが転換した後(ウェッジを下抜けた後)は、売り注文が殺到して急落することも少なくありません。ウェッジのトレンドラインを下方向にブレイクしたら、売りエントリーしましょう。

下降ウェッジの転換パターン

下降ウェッジの転換パターン

下降ウェッジは、下降トレンドの底値圏で見られるチャートパターンです。画像のように、安値更新と高値切り下げが行われつつも、ウェッジの幅は収束していきます。

売り圧力が徐々に弱まっていくため、下降ウェッジを上方向に抜けると、一気に上昇トレンドに転換する可能性が高まります。

「トレンド継続」でのエントリー

トレンド転換のパターンは、トレンドの最終段階(天井圏・底値圏)で見られやすいのに対して、トレンド継続のパターンは「トレンドの最中」によく出現します。

トレンド継続では、トレンド方向と反対向きのウェッジが出ることが特徴であり、ウェッジを抜けたら、再びトレンドの方向に為替レートが伸びていきます。

「トレンド継続」のシグナル

下降トレンドの途中 → 上昇ウェッジが出現
上昇トレンドの途中 → 下降ウェッジが出現

上昇ウェッジの継続パターン

上昇ウェッジの継続パターン

上昇ウェッジは、ある程度強い下降トレンドが継続しているときに出現します。下降トレンドの最中におけるウェッジは上向きになるものの、やがてウェッジを下抜けることがほとんどです。

基本的には「下降トレンドの戻り目売り」を狙うため、大きな流れではトレンドフォローとなり、トレンド転換時に比べると勝ちやすい手法と言えるでしょう。

下降ウェッジの継続パターン

下降ウェッジの継続パターン

下降ウェッジは、ある程度強い上昇トレンドが継続しているときに出現します。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

上昇トレンドの大きな流れに逆らわず、エントリーすることが大切!

上昇トレンドの最中におけるウェッジは下向きになりますが、上昇圧力が強いので上方向にウェッジを抜ける可能性が高くなります。

ウェッジを抜けた後の「押し目・戻り目」狙い

ウェッジをブレイク後、抜けた方向に価格が動いていきますが、必ずどこかで値戻しがあります。それが、上昇トレンドの場合は押し目買い、下降トレンドの場合は戻り目売りのポイントです。

戻り目狙いのエントリーポイント

戻り目のエントリーポイント

画像のように、上昇ウェッジを下方向に抜けた後は下落しますが、ウェッジに向かって一時的に上昇して戻り目を形成する局面があります。戻り目が現れたら、売りエントリーをしましょう。

押し目狙いのエントリーポイント

押し目狙いのエントリーポイント

下降ウェッジを上方向に抜けた後は上昇しますが、ウェッジに向かって一時的に下落して、押し目を形成する局面があります。押し目が現れたら、買いエントリーを仕掛けるチャンスです。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

スキャルピング時に慌てて手仕舞いしないように注意!

ウェッジを活用したトレード手法とは

ウェッジの基本的なエントリーポイント

基本的な使い方は、「ウェッジのトレンドラインを抜けたらエントリーする」というものです。

一方、前述したように上昇ウェッジでは下方向に、下降ウェッジでは上方向に抜ける可能性が高くなるため、ウェッジに入った段階でエントリーする手法もあります。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

ブレイクしやすい方向に、あらかじめエントリーすることもできる!

ただし、「ウェッジ=高値と安値を結んだトレンドライン」なので、ウェッジの内側で推移している段階でエントリーするよりも、ラインを抜けてからエントリーしたほうが取引の確度は上がります。

そのため、多くのトレーダーは「ウェッジを抜けたとき」をエントリーポイントとしています。

上昇ウェッジのエントリーポイント

上昇ウェッジのエントリーポイント

上昇ウェッジの場合は、ラインを下方向に抜けたらエントリーします。

転換パターンでは上昇トレンドが終了して下降基調になり、継続パターンでは戻り目を付けてさらに下落が強まると判断することができます。

下降ウェッジのエントリーポイント

下降ウェッジのエントリーポイント

下降ウェッジの場合は、ラインを上方向に抜けたらエントリーします。

転換パターンでは下降トレンドが終了して上昇基調となり、継続パターンでは押し目を付けてさらに上昇が続くと判断することができます。

ウェッジとインジケーターを組み合わせたスキャルピング手法

ウェッジの使い方は、上昇ウェッジでは下方向に、下降ウェッジでは上方向に抜けたタイミングでエントリーするという単純明快なものです。

一方、ウェッジをブレイクしても再びトレンドラインの内側に価格が戻ってしまうことがあります。そこで、より精度の高いトレードを行うために、インジケーターを組み合わせたスキャルピング手法を紹介します。

<ウェッジを移動平均線と合わせて判断する場面>

ウェッジと移動平均線(インジケーター)を組み合わせた手法

画像の赤丸は、下降ウェッジのエントリーポイントです。下降ウェッジが発生しているとき、ローソク足は移動平均線に徐々に近づいていることが分かります。

これは下降ウェッジが発生している状況でも、徐々に上方向への力を溜めている状況です。ブレイクする直前には、ローソク足が移動平均線にほぼタッチしています。

そのため、「トレンド最中の下降ウェッジ」というエントリー根拠に加えて、「移動平均線の反発」というエントリー根拠もあるため、スキャルピングFXの精度が上がるのです。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

「移動平均線の反発」もあり集団心理は上昇トレンドに向かう!

また、ウェッジをブレイクしたとき、インジケーターでエントリーサインが出ていなければ、すぐにエントリーはしないで、押し目や戻り目を待つという判断もできます。

ウェッジのダマシを防ぐ方法とは

ウェッジを目安にしていると、「ラインを抜けたと思ってエントリーしたら、またウェッジの内側に戻ってしまった」というダマシが発生することがあります。

トレンド系の指標(移動平均線など)を併用すればダマシに遭うリスクは低下しますが、ウェッジのトレンドラインをしっかりと抜けたことを確認してからエントリーすることも重要です。

<ウェッジに対して戻り目の発生後にエントリーする場面>

ウェッジのダマシを防ぐ方法

しっかりとウェッジを抜けているかは、ラインを抜けた後の「押し目・戻り目」で判断できます。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

ダマシではないことを確認しながら「値戻し」を待とう!

値戻しが発生したタイミングで、ウェッジまで戻らずに再びトレンド方向に動き出した場合は、押し目買い・戻り目売りのエントリーポイントになります。

ウェッジをブレイクした瞬間のエントリーに比べると、獲得できる値幅は小さくなりますが、勝率は格段にアップするはずです。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

ブレイクで1トレードし、値戻しでも1トレードするスキャルピングも十分に可能

また強いトレンドでは、押し目や戻り目でエントリーしても十分な利益を狙えるので、ダマシによる損失を回避しつつ、優位性の高い位置でエントリーするようにしましょう。

最後に、サポートラインとレジスタンスラインで構成されるウェッジの基本となるライントレードの記事をご紹介します。