私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

損切りルールなしでスキャルピングFXは勝てない

スキャルピングは損切りルールを持たずに勝てない! スキャルの基礎知識
このような方にオススメの記事

・何度もスキャルピングで負けてしまう
・スキャルピングで勝つために自分に課するルールが欲しい

本記事のテーマ

損切りルールなしでスキャルピングFXは勝てない

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

スキャルピングは取引時間が短いためFX取引の中でもより瞬発力が必要なトレードと言えます。

瞬間的なレート変動によりポジションが含み損となってしまう事も多々あるでしょう。取引に参加した以上は、資産が目減りする危険性もあるのです。このため自分の資産は自分で守るしかありません。

ではどう守ればいいのか? それは取引における徹底したルールを作る事です。

このルールを守る事が、資産を守る事に直結します。ではどういったルールを作り、どのように徹底すればいいのか?実際に考えていきましょう。

ルール①損切りは利食いと同じ行為とする

「損切り」は次への望みをつなぐ

まず何と言ってもルールの中で1番大切なのが損切りです。含み損のプレッシャーから損切りのラインを甘くしてしまうトレーダーがいます。

これはFXで絶対にやってはいけない事のひとつです。私は損切りとは利食い(利確)とほぼ近しい行為だと思っています。

損切りは利益確定のつもりで

無駄な損失を抑える事で、結果的に残る資産が多くなるからです。自分のポジションに厳しく、しっかり損切りが出来るようになりましょう。

自信がない方はポジションを持つ前に狙える利益と許容できる損失(損切り幅)を決めておくと良いです。

漠然とポジションを持ち、なんとなく利食い損切りを繰り返しているのでは、特に損切り幅を曖昧にしてしまいます。

最大でも一回のトレードで許容できる損失を資産合計の1〜2%にする。または「1日の損失は○pipsまで」など、あらかじめ具体的な数字を設定しておくといいでしょう。

ルール②許容できる「損切り幅」を設ける

損切りにビビっていては上達しない

手法にもよりますがスキャルピングFXでは基本的にデイトレードより大きめのポジションをとる事が多いため、損切りのタイミングを間違えると1回のトレードで大きく負けてしまいます。

まずここで大切なのが自分のポジションを甘やかさず「躊躇なく損切りができる」「事前に決めた損切り幅でしっかり損切りする」という事です。

これが徹底できるようになってからトレードを本格的に始めるといいでしょう。私の経験上、負けポジションを切りたくないと感じるのはポジションのサイズに比例します。

損切りは欲の管理からどうしても高額の損失を損切りするのはメンタル的にも負担がかかり、目安の損切り幅に達しても、なかなか損切りができなくなってしまうものです。

初めのうちは利益を追求する事よりも、損切りができる感覚に慣れるまでは小さいポジションサイズでトレードする事をお勧めします。しっかり損切りできるようになってきてから、徐々にポジション量を増やしていくとよいでしょう。

ご自身の資産額や利益の状況に応じて許容できる損失額(pips数)を設定することでルールの徹底ができるようになります。

ルール③ストップロスよりも手前で損切りを

損切りは早すぎても良い

新規注文でポジションを持った後すぐに、想定していたトレンドとは逆に進むこともあります。

そんな時は、ポジションを我慢してホールドする必要はありません。ポジションを持った時の感覚が悪ければストップロスまで到達を待たずにポジションを決済できるぐらいの余裕を持つとよいでしょう。

もし決済した後に利益が出る方向にレートが進んでも悔しがる事はありません。

そもそも、マーケットのレート変動の全てを利益に還元する事は不可能です。なので、短期での勝負を行うスキャルパーは特に、ポジションを持ってない時のレート変動は無視してもよいと思います。

早めの損切り&次への切り替え

ポジションなしの時にマーケットの観察は必要ですが、買っておけばよかった、売っておけばよかったなどの「たられば」はまったく無意味です。

流れに乗れなかったり、負けてしまったりしても決して熱くならない事が必要です。今差益を取れなくても、これから何度でもチャンスはやってきます!ルールをを守り冷静に次のチャンスを待ちましょう。

ルール④取引する時間を決める

相場のクセをつかみ、相場に流されない

スキャルピングをするFXトレーダーの中には自分の得意な時間を設けている人がいます。

このルールは1日のうち、その時間しかトレードをしないといったルールです。例えば仕事が終わって夕食を済ませ、リラックスしてニューヨークタイムの2時間だけ毎日取引するなどです。これになんの意味があるの?と思うかもしれませんが、これは毎日同じ時間の値動きについては徹底して観察することで、その時間の値動きの特徴などをつかみやすくなります。

専業トレーダーでもこういった取引時間ルールを守っている人もいるぐらいです。そして負けてしまっても、その日のうちにとりかえそうと時間を延長してトレードしないよう、終わる時間をしっかり決めておくといいでしょう。

FX取引ルール:時間を決める

相場は逃げることはありません。負けても熱くならず、しっかり休んで明日のチャンスに挑戦する事をお勧めします。

今回述べたルールはどれも大切な事ですが、たくさんあるルールのほんの一例にすぎません。

プロや熟練のトレーダーであればもっとたくさんのルールを自分に課してます。そしてその自分に課したルールは絶対に死守します。それだけルールを重んじる事が大切だと知っているからです。

ルール⑤決定した損切りルールを徹底する

損切りで「手元資金」を残すことを大切に

世界で最も有名な投資家にウォーレン・バフェットという人がいます。
彼が作った自分へのルールで、私が感銘を受けた言葉があります。それは

ルール1:絶対にお金を損しないこと。
ルール2:絶対にルール1を忘れないこと。

この2つのルールのみです(笑)

1つのルールを設け、さらにはそのルールを絶対に忘れないというルールです。それほど投資の世界では決めたルールを守る事が重要なのです。

ルールを遵守することによりリスクの幅を管理し、差益が取れる場面ではしっかり取っていく。円滑な投資活動ができるよう、正しいルールを作っていきましょう!

<勝つためのスキャルピングFX5箇条>

勝つためのスキャルピングFX5箇条

なお、スキャルピングでの獲得目標は1日15pipsでも十分です。躊躇なく損切りして、欲張らずにコツコツと利益を積み上げることを忘れずにトレードしましょう。

タイトルとURLをコピーしました