私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXで最強に稼げるチャートパターン「レンジブレイク」

最強のチャートパターン「インサイド・レンジ・ブレイク」テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・確実性の高い収益チャンスやエントリーのタイミングを知りたい方
・ボルマン理論を身につけてスキャル技術を向上させたい方

本記事のテーマ

FXで最強に稼げるチャートパターンとは?

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届け>

FXの数十種類あるチャートパターンの中で、最も収益チャンスが高いパターンは「レンジブレイク」であり、その中でも「レンジ内レンジブレイク」が最強だといわれています。

そもそもレンジブレイクは、投資の世界では古くから使われる一般的な手法で、現在でも多くの投資家たちに愛用されています。FXでは、そのレンジブレイクをさらに注意深く観察して、レンジ内レンジブレイクを活用することで、収益を大きく向上可能です。

今回は、最も稼げるチャートパターンであるレンジブレイクと、より精度が高いレンジ内レンジブレイクで、FXトレードの収益を上げる方法について解説します。

チャートパターンの王道「レンジブレイク」

チャートパターンの王道「レンジブレイク」

レンジブレイクとは?

レンジブレイクとは、レンジからローソク足が出た場合、出た方向にレートが伸びやすいという理論です。ローソク足がレンジをブレイクした状態は、ブレイクアウトとも呼ばれます。

レンジブレイクは、その分かりやすさと大きな収益に繋がる可能性の高さから、FXではチャートパターンの王道ともいわれます。

下のチャートの場合、レンジ内で売買していたトレーダーの多くは、負けた際の損失を少なくするために赤いゾーンで損切りを行います。

損切りの逆指値が集まるエリア

そのため、ブレイクすると負け組の損切りが見込めるため、レートが一方的に伸びる傾向があります。

また、ブレイクを見つけたトレーダーたちが「買い増し/売り増し」を行うため、その後もレートが急激に伸びる確率が高くなるのです。

スキャルピングFX大辞典_博士◯

王道パターンなので「大きなトレンド」が生まれやすい!

レンジブレイクのメリット

レンジブレイクの最大のメリットは、リスクリワード比率を大きくできる点です。リスクリワード比とは、1回の取引における利益と損失の比率を指します。

先述した通り、レンジブレイク後は大きなトレンドが発生しやすいので、トレードに成功すれば利益額を大きく伸ばせられます。

それに加えて、レンジブレイクでは、損切りラインをブレイク前の水準に設定できるため、損失を小さく抑えられるのです。

下のチャートで確認してみましょう。レンジを下方向にブレイク後にエントリーしたとします。予想に反して上昇して再度レンジ内におさまった場合は、すぐに損切りを実行しましょう。

レンジブレイクのエントリーと利確

一方、予想通りに下落した場合は、利益をなるべく伸ばして、トレンドがひと段落したポイントで利確を行います。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

 

リスクリワード比は常に意識しておこう!

1回あたりの取引の「損失は小さく、利益は大きい」点が、レンジブレイクを狙う手法の最大のメリットです。

レンジブレイクのデメリット

レンジブレイクのデメリットは、稀にダマシが発生してしまう点です。ダマシとは、レンジブレイク後に価格が押し戻されて、もとのレンジ内におさまる動きを指します。

レンジブレイクでのダマシ

相場によってはダマシの頻度が高い状況もあるので、レンジブレイクを狙う際は十分に注意しましょう。

狙いと逆方向に大きなトレンドが発生してしまった場合、放置していると大きな損失を被る可能性もあります。そのため、レンジブレイクを狙う手法では、エントリーと同時にしっかりと損切り設定を行うことが重要です。

大きなレンジブレイクが少ない場合も

レンジブレイクのもう1つのデメリットは、大きなレンジブレイクのチャンスがあまり多くはない点です。

「為替相場の7〜8割はレンジ」といわれるくらいレンジ内で動いている場面は多いので、ブレイクを狙ったトレードのチャンスは頻繁に訪れるわけではありません。

ただし、小さな値幅を狙うスキャルピングであれば、小規模のレンジブレイクでも利益を上げられます。そのため、スキャルパーにとってレンジブレイクを狙った手法は、使用頻度の高い有利な手法といえるでしょう。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

レンジブレイクだけを狙うスキャルパーも多く存在するぞ!

レンジブレイク(ブレイクアウト)を狙ってエントリー

エントリーのタイミング

FXでは、レンジブレイクを活用して利益を上げる際に、有効なエントリーのタイミングが2つあります。

レンジブレイクを狙ったエントリーのタイミング

①ブレイクアウト直後にエントリー
②ブレイクアウト後の戻りでエントリー

利益チャンスという点では、①ブレイクアウト直後にエントリーする方が優れていますが、勝率という点では、②ブレイク後の戻りでエントリーする方が優れています。

ファンダメンタル条件や上位足の流れにより、明らかにトレンドが発生しそうな場合には、利益チャンスを逃さないために①のタイミングが有効です。

一方、トレンド発生の根拠が弱い場合には、ブレイク直後の流れにはついていかず、ワンテンポ遅らして②のタイミングでエントリーするのがオススメです。

スキャルピングFX大辞典_博士OK

相場の流れを見てタイミングを計るのがコツ!

下のチャートは、ドル円5分足のチャートです。サポートとして機能していたレンジの下限をブレイクしていることが確認できます。下のレンジをブレイクしたタイミングが、①ブレイクアウト直後にエントリーのポイントです。

レンジブレイクを狙ったエントリーのタイミング

その後、ショートカバーが入り上昇します。再度下落に転じようとするところは、②ブレイクアウト後の戻りでエントリーするポイントとなります。

エントリーポイントで上値が押さえつけられるのは、レンジでサポートとして機能していたラインが、ブレイク後はレジスタンスとして意識されるためです。

また、レンジのゾーン付近まで戻らない場合も、ブレイクした方向に再度動き出したタイミングでエントリーを行いましょう。

レンジブレイクを狙う際のメンタルコントロール

レンジブレイク時には、レートの動きが活発化するため、焦ってエントリーしてしまう場合があります。しかし、先述した通り、レンジブレイクを狙った手法はダマシが発生しやすいのも事実です。

メンタルコントロールとして重要なのは、焦らず冷静に分析することです。具体的には、ブレイクした方向が上位足のトレンドと同じ方向であるか、また、後ほど紹介する「レンジ内レンジブレイク」が発生しているか、などがあります。

このような冷静な分析によって、①のブレイクした瞬間にエントリーを仕掛けるか、②の見送った後の戻りでエントリーするか、それともエントリーをしないか、といった判断が可能になります。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

冷静に分析した上で積極的に利益を狙おう!

「レンジ内レンジブレイク」で確実に利益を獲る

「レンジ内レンジブレイク」で確実に利益を獲る

レンジ内レンジブレイクとは?

レンジブレイクは、リスクを最低限に抑えながら勝った際は大きな利益をあげられるため、鉄板のチャートパターンといえます。ダマシが多いことを除けば、効率的に勝率を上げられる最高の手法といえるでしょう。

そのレンジブレイクの中でも、さらに勝率が高く大きな値幅を獲りやすいのが「レンジ内レンジブレイク」です。ボルマン理論では「インサイド・レンジ・ブレイク【IRB】」呼ばれます。

レンジ内レンジブレイクの見つけ方

下のチャートのように、レンジの中に小さなレンジができた場合、ブレイクした際は大きく伸びる傾向があります。

インサイド・レンジ・ブレイク

この際に注意すべき点は、小さなレンジが大きなレンジのブレイクライン付近の位置になければならないことです。真ん中側にあると、あまり効果を発揮されず、結局ダマされてしまうことが多いので気を付けましょう。

レンジ内レンジブレイクでは、値動きの幅が大きいので15pips程度狙えることが多く、スキャルピングで狙う値幅としては十分といえます。

損切りライン

損切りも浅目で済むのがこの手法のメリットです。そのため、レンジ内の小さなレンジの幅を損切りに設定すれば問題ありません。

損切り設定ゾーン

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる心理

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる心理

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる理由には、それまでレンジ内でブレイクさせないように努めていたトレーダーたちのポジションが失くなったことにより、大きなトレンドが発生しやすくなる点が関係しています。

レンジブレイク直前にできた小さなレンジは、レンジが継続すると考えたトレーダーたちが最後の抵抗をしていることを表しています。

従って、彼らがブレイク前の最後の砦となるのです。彼らも、他のトレーダーと同様にセオリー通りレンジの少し外側に損切りを置いていることが想定できるため、ブレイクした時点で損切りが誘発され、トレンドを誘発する力となります。

スキャルピングFX大辞典_お兄さん

損切りが集まる場面では大きなトレンドが生まれやすいんだね!

この状態でブレイクした場合、ブレイクさせまいと抵抗していたトレーダーたちの力が、損切りによりブレイクさせる側に作用するため、ブレイク後にレンジに戻すのは困難となります。

ダマシを警戒したトレードをする場合は、損切りが多く発生した上で、勢いをもってチャートが進んだことを確認してからエントリーしましょう。

レンジ内のレンジはどうやって判断すれば良いのか?

先述した通り、レンジブレイク寸前付近の位置でレンジがある場合、ブレイクした時に大きく伸びるのでダマされにくくなります。また、これにはレンジの中のレンジをどのように判断するのかを知っておくことが必要不可欠です。

レンジ内レンジを見つけることは難しくありませんが、見た目で安易に判断するのではなく、短期移動平均線を使った上で分析することを推奨します。5分足の場合は、EMA20位を使うのが妥当でしょう。

レンジの中のレンジが完成した時に、移動平均線が横に推移したらエントリーチャンスです。

移動平均線が横ばい

移動平均線が「横ばい」で推移したということは、最後の抵抗をしている層が存在していることを示します。

もし、平均線がブレイク側に向いている場合は、ブレイクしようとする勢いだけが強いということですし、逆の場合はブレイクする勢い自体がないといえるでしょう。

スキャルピングFX大辞典_博士OK

移動平均線を使ってブレイクするタイミングを慎重に見極めよう!

「レンジ内レンジブレイク」のまとめ

今回の記事では、FXトレードで最も収益チャンスが高いパターンの「レンジブレイク」と、その中でも最強といわれる「レンジ内レンジブレイク」について解説しました。この2つにはリスクを抑えながら大きな利益を狙えるメリットがありますが、発生頻度が少ないというデメリットもあります。

しかし、スキャルピンであれば、大きなトレンドではなく小さなトレンドでも勝ち逃げできるタイミングはたくさんあるので、レンジブレイクを辛抱強く待つことも有効です。スキャルに関わらずFXで勝つ法則は、リスクの高い無駄なエントリーを減らして確実なトレードを重ねることです。

「最強に稼げるチャートパターン」で利益を得るためには、チャンスが訪れるまではじっくりと待てるメンタルが何よりも重要といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました