私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

売買サインとしてのパラボリックのFX手法

売買サインとしてのパラボリックのFX手法 テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・パラボリックがどのようなFX手法なのか知りたい方
・パラボリックのエントリー&利確ポイントを知りたい方

本記事のテーマ

売買サインとしてのパラボリックのFX手法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

パラボリックは「トレンドを見極めることができるテクニカル手法」ですが、他のテクニカル手法に比べてわかりやすく、利益に直結しやすいとった特徴があります。

ただメジャーなテクニカル手法ではないので、使い方がわかならないという人も多いと言えますし、エントリーのタイミングが独特なので、使い方を間違えると大きなチャンスを逃してこともあります。

そこで今回はパラボリックの基礎知識や利益を逃さないためのエントリーポイントについて詳しく解説していきます。

パラボリックとは

ドテン買い・ドテン売りを見計らう指標

パラボリックとはトレンドフォロー型の指標でSAR(ストップ・アンド・リバース)というラインを使用してトレンドの状態を判断するテクニカル手法の1つです。

パラボリックの表示チャート

スキャルピングFX大辞典_〇博士

チャート上に放物線状のラインが引かれることから、パラボリック(放物線)って呼ばれてるよ。

パラボリックには買いシグナル(下)、売りシグナル(上)と2つのラインがあり、買いシグナルにチャート足の下側、売りシグナルにチャート足の上側が交差した時をトレンドの転換として見ることができます

つまり、パラボリックが上手くハマれば、決済のタイミングが購入のタイミングになるという特徴もあります。

スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

ドテン(決済したと同時に逆方向の購入をすること)のタイミングが分かる手法なんだね。

パラボリックで使用するSARの計算式

パラボリックでチャート上に表示されるSARは複雑な計算式によって成り立っているため、興味がない方は読み飛ばして良いと思います。

SARの計算式

(EPー前日のSAR)×AF+前日のSAR=SAR
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

EPは「極大値」、AF「加速因子」だよ。

EP(極大値)は前日までの最高値または最安値のことです。加速因子とはパラボリックの感度を決定するもので「0.02≦AF≦0.2」といった数値をもとに計算しています。加速因子の数値は初期値が0.02に設定されてますが、上昇(下降)トレンドの高値または安値が更新されると0.02ずつ加算されていきます。

ただトレンドが終了(転換)した時には初期値(0.02)に戻るため、数値が増え続けることはありません。また最大値も「0.2」までと決められてるので、一定の範囲内でラインを保てるようになっています。

AFの加算される数値は0.01から0.2の間で設定することができます。

パラボリックを使用する時のメリット&デメリット

パラボリックでトレードした時のメリット

パラボリックはチャートが同じ方向へ動く時には見やすいラインとなり、トレンド相場に強いというメリットがあります。

トレンド相場に強いパラボリック

スキャルピングFX大辞典_OK博士

特にトレンドが交互に続くような相場にお勧め

トレンド中にパラボリックを使うと「決済」「購入」両方のタイミングを視覚的に判断できます。また、トレンドが交互に続く相場であれば売り買いを繰り返し行い、ポジションを持ち続けることで大きく利益を確保できることも考えられます。

パラボリックでトレードした時のデメリット

パラボリックはトレンドのような大きな動きの時には見やすいラインが表示されますが、レンジのようにチャートの動きが切り替わりやすい相場で使用すると、バラボリックが頻繁に切り替わるため、エントリーしても逆行する可能性が高くなります

スキャルピングFX大辞典_不安お兄さん

レンジ相場だとダマシに合いやすくなるんだね…

パラボリックはチャート足が触れると新たなラインが表示されます。そのためレンジ相場で使用すると複数のラインが表示されてしまい、チャートの動きを予測できなくなるので、パラボリックを使用する時は「トレンド」「レンジ」といった相場の判断をしてから使用したほうが良いと言えるでしょう。

パラボリックを使用したスキャルピング手法

1時間足以上の大きな時間足で相場のトレンドを確認

パラボリックを使用してスキャルピングを行う時は、まず1時間足以上のチャートでトレンドの確認をする必要があります。また予測の精度を高めるために、他のテクニカル分析と組み合わせてトレンドの確認をすることをお勧めします。

トレンドを確認する方法

  • パーフェクトオーダー
  • エリオット波動の3波目を狙う
スキャルピングFX大辞典_〇博士

複数のテクニカル手法を使うと予測の精度が上がるからトレードする時の不安がなくなるよ

こちらは1時間足のチャートで、パーフェクトオーダーとパラボリックを使って上昇トレンドを確認した時の画像です。

<1時間足でのパラボリック>

1時間足でのパラボリック

大きい時間足で値動きを確認しておけばスキャルピングをする時に、売り買いどちらに重点を置くのかを決めることができます

利益をより確保するためにも大きな時間足での確認は必ず行うようにしましょう。

パーフェクトオーダーやエリオット波動の3波目については下記で詳しく解説しています。

 1分足または5分足でエントリーをする

1時間や4時間などの大きな時間足でトレンドの方向を確認した後は、1分足か5分足にチャートを切りかえます。1時間足では上昇トレンドであることが確認できたので、買いのタイミングについて説明していきます。

<5分足でのパラボリック>

5分足でのパラボリック表示

スキャルピングでエントリーするタイミングはパラボリックが切り替わる時です。青丸で囲ってある部分がエントリーポイントとなりますが、パラボリックの買いシグナルが出た直後にエントリーできれば大きな利益を確保することも可能です。

また損切りは黒いライン(シグナルが出始めた位置)を目安にすることをお勧めします。シグナルが出始めた位置を超えた場合、逆行する可能性が高いので損切りの位置には十分注意しましょう。

利益確定ポイントについて

利益確定をするタイミングは、エントリーした位置と1つ前のシグナルが出始めた位置の幅と同じ値動きがあった位置を目安にします。

<パラボリックでの利益確定ポイントの目安>

パラボリックでの利益確定ポイントの目安

同じ幅まで値動きせずに逆のシグナルが出た時は、値動きの状態を見ながら決済するようにしましょう。

利益確定の目安まで伸びないことも多いので、スキャルピングで利益が出ている時に逆行した場合は、早めに決済することをお勧めします。
タイトルとURLをコピーしました