【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社+1社

専業FXトレーダーになるための資金と精神

FX専業トレーダー メンタル スキャルの技術&コツ
このような方にオススメの記事

・FXでの失敗で精神的に落ち込んでいる方
・専業トレーダーのメンタル面の重要性を知りたい方
・FXで生計を立てる専業トレーダーになることを考えている方

本記事のテーマ

専業FXトレーダーになるための資金と精神

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

今回は「専業トレーダーの実情」に触れたいと思います。

専業トレーダーとして5年目を迎える筆者が今まで出会った専業トレーダーさん達の収益や共通点または精神面などを簡単にまとめます。

ちなみに、日本に「FXだけで生計を立てる人」が何人ぐらいいるかは不明ですが、おそらく皆さんが想像するよりも相当に多いと思います。

私も専業になるまでは普通のサラリーマンだったのですが、専業になって知り合いが増えてからは専業トレーダーの数の多さに驚きました。(私もその一人ですが。。)

専業トレーダーは日々の収支で考えない

専業の「実は小さい毎日の収益」

まず気になる点は「専業トレーダーが毎日どれくらいの収入を得ているのか?」だと思います。

なお、毎日10万円以上の利益を定期的に稼ぐ人は少数です。ほとんどの人が平均すると1.5〜3万円の日給という印象です。

「専業のわりに収入が少なくない?」と多くの方が感じたと思いますが、(残念ながら)多くの専業トレーダーの実情はそれぐらいだと思います。

当然のことながら専業トレーダーの収入は安定しませんが、平均すると一般的なサラリーマンの方と同じぐらいの収入(年収)のトレーダーが大半だと思います。

しかも、この収入は安定的に入ってくるものではなくため、大変なのは専業トレーダーの精神面です。

たしかに「面倒な上司も部下もいない楽な毎日」という一面はあるかもしれませんが、1日中パソコンの前で(一応)働いたにも関わらず、その日の収入はマイナスという日もあります。

毎日2万円が確実に入るサラリーマン生活とは「精神的な安定」が大きく違ってきます。

(ちなみにですが、私は1日あたりの収益目標は設定せずにトレードしています)

メンタルを安定させるのは「まとまった資産」

FX専業トレーダー メンタル

ここで専業トレーダーにとって精神的な拠り所となるのが「資産」です。

毎日の収支で一喜一憂せずにコツコツとトレードできるのは、ある程度の資産があり、生活を脅かすような損失はせずに地道なトレードができているからだと思います。
もし生活に安心をもたらすだけの資産がなければ、専業トレーダーの精神は持たず、冷静な取引もできずに負け越す結果になると思います。
専業トレーダーにはまとまった資産があるからこそ「心を整える」ことができて、着実に利確と損切りを続けていける職業だと、私は思います。

専業トレーダーに必要な資産額とは

最低でも3,000万円は欲しい

専業トレーダーの資産はいくらあればいいのでしょうか?

資産30万円でも専業トレーダーになることはできますが、現在42歳の私からすると資産3,000万円がボーダーになると思っています。
この額に関してはいろいろな意見があると思いますが、専業トレーダーを自営業者として考えた場合に、特別な人脈や特許・設備などを持たない専業トレーダーにとって、必要な額は3,000万円ぐらいかと感じています。
ちなみに、専業トレーダーはこの資産が底をついたらキャリアは終了となり、収入源も絶たれます。
そう考えると必要最低資産は3,000万円ぐらいかなと思えませんかね?
なお、毎年の利益は最低ラインとして300〜350万円は欲しいところです。
年収額としては少ない300万円でも、資産ベースで考えると年利10%超となるので、成績としては超優秀なファンドマネージャー級です。そう考えると資産3,000万円の頼りなさもお分かり頂けるかと思います。

専業FXトレーダーが必要とするメンタリティ

FX専業トレーダー メンタル

その過酷なFX専業トレーダーの「心の整え方」には学ぶべき点があると思います。

仕事を持ちながらFX取引もする兼業トレーダーの方々も、同じく大切なお金を運用するので、専業トレーダーのような真剣さや緊張感を身につけるに越したことはありません。

具体的なポイントをリストアップします。

その日の収支は気にしない

専業トレーダーとして投資だけの日々が続くと、良くも悪くも「口座の中にあるお金がただの数字にしか見えない状態」になってきます。ある意味で麻痺した状態ではありますが、一喜一憂しない精神性という点で重要になると思います。

1日単位の収支で考えると心が持たないが、週や月単位で考えれば穏やかな気持ちでトレードができるし、資産計画は長期で考えるべきです。

取り返す意識は持たない

仮に負けたとしても、その負けを取り返す気持ちで絶対に挑んではいけません。トータルで勝てる投資家は負けた額は気にせず、手元に残った資金をベースに考えて次のトレードに挑みます。

文字通り、手元にある「軍資金」でどう戦うかを考えて、トータルの収支は1年の終わりにでも考えることとして割り切ることで冷静な姿勢で相場と向き合うことができます。

他人を気にしない

周りが儲けると自分の収益に満足がいかず投資リズムを崩す人がいます。仮想通貨バブルの時などが分かりやすい例ですが、周囲の儲け話に焦りが出て、投資方針のみならず、投資額やレバレッジまで自分の基準と違うことを始めてしまいます。

諸々の価値観や方針が違う人の行動なので、参考にする程度にとどめて自分のスタイルを継続することが大事になってきます。

まとめ

専業トレーダーは目指すべき職業ではない

私の場合はこちらの記事で紹介しているような方法で資産を築き専業トレーダーになれましたが、安定したお仕事を抱えている方は安易に専業トレーダーの道を選ばないことをお勧めします。

FXの懇親会でもネット上でも「専業トレーダーになることを目指しています」という方をよくお見かけますが、決してラクな毎日ではなく、資産・技術に加えて、強い精神性も必要になります。

「資産が減ったとしても精神が擦り切れないメンタリティ」を持ち合わせていないと専業トレーダーになることは難しいと思います。

ストレスなく投資をしながら生きていくには最低1億円ほどの資産は欲しいですし、大負けせずに毎日利益を積み上げられる技術も必要です。

収入が安定した生活は素晴らしい

(ここからは私の偏った考えに基づく話ですが)専業投資家として生きている人は、稼いでいる人ほど変わっている人が多く、他人のことを極端に気にしない性格の人が多いように思えます。まだまだ日本では社会的地位の低い専業トレーダーである点で、心の強さというか独特な精神性を持っているのかもしれません。

私の場合も専業トレーダーでありながら、このようなサイトを運営して、少しでも安定的な収入になるものを探している状態です。サラリーマンの方々の安定収入は、生活も精神も安定させる「何よりも大きな資産」であると感じる毎日です。

タイトルとURLをコピーしました