私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXのスリッページと約定力の関係

FXのスリッページと約定力の関係 スキャルの基礎知識
このような方にオススメの記事

・スリッページと約定力の関係を知りたい
・優位性の高い取引環境でスキャルピングしたい

本記事のテーマ

FXのスリッページを理解して有利にスキャルピングする

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

スリッページとは「指定した額とは違ったレートで約定したこと」を言います。これはFX会社の約定力に左右されるため、意識していないと知らないうちに「不利な為替レート」で発生したコストに当たります。

そこで今回は、FXのスリッページの発生理由や対処方法をまとめて解説します。最後まで読むことで、「スリッページの仕組み」や「有利にスキャルピングするコツ」がわかるでしょう。

スリッページとは

 「注文レート」と「約定レート」

FXの売買注文では、「指定した注文レート」と「実際の約定レート」にズレが生じることがあります。このズレ(幅)がスリッページです。FXでは、注文レートと約定レートがズレることを「滑る」と表現し、その幅のことを「スリッページ」といいます。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

スリッページは、為替レートが滑った幅のこと!

例えば、米ドル/円が104円70銭のときに、指値で買い注文したとしましょう。このとき、指値にも関わらず、スリッページによって104円72銭(注文レートと約定レートに2pipsの差がある状態)で約定することがあります。

<スリッページの例>

スリッページのチャート例

これは注文した時点で、すでに2pipsの損失が発生していることになり、不利な為替レートで取引したことになります。

スキャルピングFX大辞典_◯博士

知らぬ間に発生している無駄なコストとなっていることも!

スリッページ+スプレッド=実質の取引手数料

国内FX会社は手数料を無料としていますが、スリッページは「実質の手数料」に該当します。指定レートで約定されないと、スプレッドに加えてスリッページ分もコストになってしまうのです。

スプレッドが狭い国内FXだがスリッページでのコストが実は大きい

また、通貨ペアごとのスプレッドも実質の手数料になるため、1回の取引ごとに取引コストが発生していることになります。例えば、1万通貨の取引で「注文レートと約定レートに2pipsの差」があった場合で考えてみましょう。

注文した時点で200円(=1万通貨×2pips)の損失からスタートすることになります。さらに、スプレッドが1pipsであれば、+100円(=1万通貨×1pips)が上乗せされます。

スリッページ+スプレッド=実質の取引手数料

200円(スリッページ)+100円(スプレッド)=300円(実質の手数料)
スキャルピングFX大辞典_OK博士

変動時はスプレッド以上のスリッページ幅が発生することに注意

これらのコストは「FXの手数料」として考える必要があります。スキャルピングでは致命的となるこれらのコストを抑える方法に関して記事にまとめているので興味がある方はご覧ください。

約定力が高いほど為替レートが滑らない

スリッページと約定力には大きな関係があります。約定力とは、意図したタイミングと価格で、しっかりと約定させる力のことです。

約定力が高いほどスリッページは発生しづらくなりますが、FX会社によって違いがあります。なぜならスリッページの発生具合は「システムの強さ」や「サーバーの処理能力」に影響される、つまり企業の予算によって頻度が変わってくるのです。

例えば、FX会社がシステム面での予算を多く使いサーバーの処理能力が高いと、売買注文をスピーディーに市場へ通すことができます。確実に約定できるほうが、スリッページが発生しづらくなります。

一方で、FX会社がシステムに予算を掛けず、サーバーの処理能力が低いと、売買注文をスピーディーに市場へ通せないため、スリッページが発生しやすくなるのです。

スリッページと約定力の関係

サーバーの処理能力が高い=システムに予算を掛ける会社:スリッページが狭い
サーバーの処理能力が低い=システムに予算を掛けない会社:スリッページが広い
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

スリッページは、FX会社側の都合で発生している!

スリッページが発生するその他の理由

急騰・急落による相場変動

急激な相場変動が起こったときは、スリッページが発生しやすくなります。なぜなら、大量の売買注文が短時間(数秒)に集中することで、FX会社が処理しきれないからです。

例えば、1秒間に1pipsの値動きよりも、1秒間に10pips以上も動くときのほうが、スリッページが発生しやすいと感覚的にイメージできるでしょう。

急な相場変動時のチャート

急激な相場変動が発生するタイミング

・雇用統計や金融政策など、重要経済指標が発表されたとき
・為替相場に大きな影響がある速報(ヘッドライン)が入ったとき
・日本時間の早朝など、流動性が低いときのフラッシュクラッシュ

ボラティリティ・流動性が低い

為替相場では、リアルタイムで大量の注文が入るため、「買い」と「売り」が上手くマッチングすれば、トレーダーはスムーズに取引できます。ただし、流動性が低い場合は、スリッページが広がったり、注文が通らなかったりする(約定しない)ケースがあります。

例えば、米ドル/円やユーロ/米ドルなど、普段から流動性が高い通貨ペアであっても、日本時間の早朝のような「市場参加者が少ない時間帯」は、流動性が低くなるので注意しましょう。

スキャルピングFX大辞典_不安お兄さん

流動性が低いと「買い」「売り」が成立しないから
結果的に、スリッページが広がってしまうのか!

逆指値を狙ったストップ狩り

スリッページが発生する理由の中には、国内FX会社が「意図して行うもの」があります。これは、ストップ狩りを狙った値動きにより、国内FX会社が利益を得ようとする行為です。

利益を得るために「ストップ狩り」を行う場面

多くのトレーダーは、リスク管理のために自分で損切りラインを設定するでしょう。この損切りラインは、「逆指値注文」や「ストップ注文」と呼ばれ、多くの損切りラインが集まっている価格帯は、「ストップ狩り」に狙われやすくなります。

それでは、実際のストップ狩りのチャートを見てみましょう。上記のチャートでは、米ドル/円が108円263銭にあるときに、買いのストップ注文が107円791銭のラインに集中しています。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

「直近サポートラインは下抜けない」と想定して、逆指値を107円800銭付近に設定しているトレーダーが多くいる状況!

このとき、B-BOOK(国内FX会社)は「為替レートを意図的に操作できる」ため、スプレッドを広げて、ストップ注文のある107円800銭以下で約定させようとするのです。

Bidは107.700/Askは107.800のようにスプレッドが拡大したことで、スリッページも広がってしまうと、トレーダーは損失が発生し、その損失分がFX会社の利益になります。

実際にトレード経験のある方は、「指定レートまで届いてないのに、なぜストップ注文が約定したのか?」と疑問を感じたことがあるのでしょう。

それは、為替レートが操作されたことで、国内FX会社が仕掛けた「ストップ狩り」の被害を受けている可能性があるのです。

また、実はこの為替レートを操作するという仕組みはFX会社ごとの注文処理の方式の違いによって起こっています。注文方式の違いは「DD方式とNDD方式」または「A-BOOKとB-BOOK」と呼ばれ、私たちが知らないところで全く別の注文処理がされています。

注文方式によって変わるスリッページの背景

DD方式(国内FX)の場合

国内FX会社が採用している注文方式は、DD(ディーリングデスク)方式です。DD方式のFX会社は「B-BOOK」と呼ばれ、トレーダーと市場の間にディーラーが入り、FX会社が為替レートを決定してトレーダーに提供する仕組みです。

ディーラーの判断により、トレーダーの注文を直接インターバンクに流すこともできますが、基本的にトレーダーの取引相手はFX会社になります。

DD方式は、一度ディーラー側でトレーダーの注文を約定させます。つまり、その時点で「ユーザーとは反対のポジション」を持つことになるのです。

そのため、トレーダーが利益を出すとFX会社は損失になり、トレーダーが損失を出すとFX会社が利益になるという、利益相反の関係にあります。

FX会社がリスクヘッジを行う場面

この関係性により、DD方式を採用している国内FX会社は、意図的にスリッページを発生させることで、トレーダーにとって不利に(FX会社にとって有利に)なる状況を作り出そうとするのです。

DD方式(国内FX会社)の注意点

スリッページを多く発生させると、FX会社の評判がガタ落ちするため、相場急変時などを狙って自然な形を装っています。スリッページを意図的に行いリスクヘッジをしています。

NDD方式(海外FX)の場合

一方で、海外FX会社が採用している注文方式は、NDD(ノン・ディーリングデスク)方式です。NDD方式は、トレーダーとインターバンクの間にディーラーを介さない注文方式であり、A-BOOKと呼ばれます。

NDD方式でのFX取引

トレーダーは、FX会社の顧客として売買注文しますが、注文は直接インターバンクに流れて、そのまま約定されます。つまり、トレーダーに提示される為替レートは、インターバンクで決定されるため、FX会社が意図的に為替レートを操作することはできません。

国内FXと海外FXのスリッページの違いとは?

・DD方式(国内FX)のスリッページは「人為的なもの」が含まれる
・NDD方式(海外FX)のスリッページは「自然発生的なもの」に限定される
なお、NDD方式はスプレッド分だけがFX会社の利益となるため、必然的にDD方式に比べてスプレッドは広くなります。ただし、その約定力がスキャルピングをする上ではとても重要になります。その理由は下記の記事をご覧ください。

スリッページの対策方法2つ

NDD方式(海外FX)を利用する

NDD方式のFX会社では、注文を約定するときに「人為的な介入」が行われることはありません。すべての注文はディーラーの仲介がなく、機械的に執行されるため、注文から約定までのタイムラグが発生しづらくなります。

さらに、NDD方式を採用している海外FX会社のほうが、圧倒的に約定力が高く、スリッページが発生しづらい取引環境です。そのため、実質の手数料となる「スリッページ」を抑えるためには、海外FX会社を利用することをおすすめします。

スリッページ許容幅を設定する

スリッページを抑えるためには、「スリッページ許容幅」を設定しましょう。スリッページ許容幅を設定すると、指定した以上のスリッページが発生した場合は、注文が約定しなくなります。

約定しない確率は高まりますが、不利な為替レートで約定することを防げるため、結果的に取引コストを抑えられるのです。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

スリッページ許容幅は、FXの取引ツールから簡単に設定できる!

スリッページ許容幅をMT4で設定する方法

まずは、MT4の取引画面にログインして、「①ツール」「②オプション」をクリックします。

スリッページの許容幅の設定

オプション画面が表示されたら、メニューの「①取引」「②デフォルトを指定」「③許容幅を入力」「④OK」の順に進んだら完了です。許容幅の目安は、0.1pips~0.3pipsほどになります。

スリッページの許容幅の設定

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

各FX会社の取引ツールでも約5分で完了するので、設定しておこう!

スキャルピングで利益を追求しよう

スリッページの手数料は、スキャルピングの天敵です。例えば、毎日の目標獲得pipsが10pipsの場合、注文時点で1~3pipsの取引コストが発生すると、目標達成の難易度が上がってしまいます。

スキャルピングは取引回数が多く、スリッページの影響を受けやすい取引手法です。そのため、「NDD方式の海外FX会社」を利用したり、スリッページ許容幅を厳しく設定したりするなど、事前に取引環境を整えておきましょう。

最後に、私がNDD方式の海外FXを選び、その中でもなぜXMでスキャルピングをしているのかをまとめた記事をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました