海外FXのハイレバで億り人になるトレード手法

ゴールド(GOLD)で稼ぐためのスキャルピングFX手法

ゴールド(GOLD)で稼ぐためのスキャルピング手法
このような方にオススメの記事

・ゴールド(GOLD)トレードが人気の理由を知りたい
・ゴールドで稼ぐための手法やインジケーターを知りたい

本記事のテーマ

腕のあるFXトレーダーほどゴールドで稼いでいる背景

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届け>

最近、私の周辺ではゴールド(GOLD・金取引)でのスキャルピングを行うトレーダーが多いように感じます。FX・CFD・株式など、様々な投資先がある中でなぜゴールドをトレードするのでしょうか。

この記事ではその理由と、ゴールドでスキャルピングを行うトレード手法について解説します。

目次

ゴールド相場の近況と見通し<2024年6月現在>

先月のゴールド相場

ゴールド価格は、過去3カ月で2.5%上昇し、その間に12%以上も上昇しました。中東の状況が緊迫化し、中国の不動産市場の崩壊による金への需要が高まり、金の価格を押し上げました。

4月は、インフレの高止まりやFRBによる利下げの期待の後退などから、米国の金利が上昇しても、金の価格が上昇しました。ただし、金利が上昇すると金の相対的な魅力が減退し、金価格が下落する可能性があります。現在、米国の金利が上昇する中、金価格は調整しつつあります。

<GOLD先物 リアルタイムチャート:日足>

今後のゴールド相場の予想

心理的な支持となっていた2,300ドルを下回ったことで、金価格の下落圧力が増大しています。

一方で、イスラエルとハマスの停戦交渉が進行中ですが、中東情勢が更に緊迫化すれば、金の安全資産としての需要が高まる可能性があります。その場合、5月の金価格は、4月26日の高値2,353ドルに向けて再度上昇するかもしれません。

今月は特に、ドルの動向や、ビットコインの動きにも注目が必要です。ビットコインは時折「デジタルゴールド」と呼ばれ、金価格の推進要因になります。

2024年もゴールドはスキャルのチャンス!

ゴールド(GOLD・金)の値動きの特徴

米ドルと逆相関の関係になりやすい

ゴールドと米ドルは、逆相関する傾向があります。

米ドルが強いときはゴールドが値下がりし、米ドルが弱いときはゴールドが値上がりしやすい!

この理由は、ゴールドは米ドル建てで取引されることが多いからです。

また、米ドル建ての資産を保有している人は、金利引き下げなどで米ドル安となると、リスク対策としてゴールドを購入するケースが多くなります。

ゴールドはドル建てなので、XAU/USDと表記される!

必ずしもゴールドと米ドルが逆相関になるわけではありません。相場状況によって、どちらも上昇・下落するケースもあります。

フラッシュクラッシュが発生する

ゴールドはボラティリティの大きい金融商品ですが、フラッシュクラッシュ(瞬間的な下落)が起きたときには、一方向に大きく動くことがあります。 

例えば、202189日(日本時間の午前7時台)には、約1763ドルから約1680ドルまで急落しました。

瞬間的に-5%の大暴落が発生することも……

新型コロナウィルス(デルタ株)の懸念、仮想通貨の強気相場、米国のテーパリング(量的緩和縮小)への懸念など、様々な要因が重なった結果、ゴールド市場から一気に資金が流出しました。 

ゴールドの値動きは、周辺市場の影響もある!

注目したいのは、流動性が低下しているアジア時間に起こった点です。アジア時間には投機筋の仕掛けなどが価格に大きく反映されるため、フラッシュクラッシュが起きやすくなります。

「有事の金」はコロナ禍でも立証

ゴールドの値動きを表す言葉の中で、とくに有名なものが「有事の金」です。

ゴールドは安全資産として認識されているため、経済ショックが発生したり、地政学的リスクが高まったりしたときに、投資家の資金がゴールドに流入するケースが多い傾向です。 

ゴールドは投資先として人気が根強い!

例えば、2001年のアメリカ同時多発テロ事件、2003年のイラク戦争、2008年のリーマンショックでは、金融市場全体のリスクオフムードとともに、ゴールドの価格が大幅に上昇しました。

有事のときは、ゴールドを買う流れが定着してるね!

一方で、経済が好調なときや金融市場全体でリスクオンムードが高まっているときは、他の金融商品(株など)へ資金が流出するため、ゴールドが上昇するケースは少なくなります。

リスクヘッジとして優秀なゴールドは、中長期的な投資先としても魅力があり、短期トレードを行う銘柄としても人気があります。

ゴールドがスキャルピングにおすすめの理由 

ボラティリティが大きい 

ゴールドはボラティリティが高いため、スキャルピングと相性が良いと言えます。スキャルピングで利益を得るためには、短時間で大きな値動きが発生することは欠かせません。

短時間の上下動だけでも、大きな利益を狙える!

一方で、ゴールドは値動きが激しく、フラッシュクラッシュのような大変動が発生する点には注意が必要です。リスク管理を徹底して、大きなボラティリティを活かしましょう。

テクニカル分析に素直に従う

ゴールドはテクニカル分析に素直に従うため、エントリーポイント・決済ポイントを見つけやすい特徴があります。

テクニカル分析の通りに動く=スキャルピングしやすい!

サポートラインやレジスタンス、トレンドラインを利用するライントレード、移動平均線やボリンジャーバンドといったテクニカル指標とも相性が良いといえます。

スプレッドが狭い

取引回数が多くなるスキャルピング手法では、スプレッドが取引コスト(実質の手数料)として積み重なるため、スキャルピングするときはスプレッドの狭さが重要です。

ゴールドのスプレッドは、他のCFD銘柄よりも狭い!

例えばXMでは、ゴールドの平均スプレッドは約2~3pipsとなっています。秒スキャを行わない限り、スキャルピングであってもゴールドのスプレッドは大きな負担になりません。

<GOLD先物 リアルタイムチャート:5分足>

ゴールドで稼ぐスキャルピングFX手法

レンジブレイクでエントリー 

まずは、ローソク足がレンジ内からブレイクした瞬間を狙う手法です。

力を溜めている状態のレンジをブレイクすると、ストップロス注文を巻き込んで一気にブレイクした方向に動きやすいため、レンジブレイクの瞬間を狙ってエントリーしましょう。

優位性の高い位置でエントリーできる!

レンジ相場では、下限付近がサポートとして機能しますが、サポートを下抜けした場合は、一気に下落トレンドに突入することが多い傾向です。

とくに相場の勢いが強い場合は、レンジブレイクした瞬間が絶好のエントリーポイントになります。

レンジブレイクでエントリー

相場の勢いがそれほど強くない場合は、レンジ相場でサポートとして機能していた水平線(2本ある赤線の下のほう)をチェックします。

レンジブレイク後に、水平線がレジスタンスとして機能している(サポレジ転換している)ことを確認してから、戻り目を待ってエントリーすると、より精度の高いトレードになります。

サポレジ転換を確認してからエントリー

上記のチャートではレンジ相場を下方向にブレイクし、それまでサポートラインとして機能していた水平線は、ブレイク後はレジスタンスラインに転換していることが分かります。

ブレイク後、レジスタンスライン付近まで買い戻されても、戻り売り優勢の展開になることが多いため、スキャルピングで利益を上げるチャンスです。

レンジブレイクの瞬間にエントリーしても良いし、少し待ってから戻り目でエントリーしても良いのか!

同様に、レンジ相場を上方向にブレイクした場合は、レジスタンスラインからサポートラインに転換したことを確認してから、押し目買いでエントリーしましょう。

 オーバーシュート発生時の逆張り

ゴールドはボラティリティが大きいため、オーバーシュート(売り・買いが行き過ぎた状態)になりやすい傾向があります。

オーバーシュートが発生したら、値戻しを狙って逆張りでエントリーを仕掛けます。 

オーバーシュート発生時の逆張り

チャートでは大きな下落が発生しており、オーバーシュートと判断できますが、焦って買いエントリーすると、下落に巻き込まれて大きな含み損を抱えるリスクがあります。

そのため、大きな下落相場が終了するまで待って、しっかりと底固めされたのを確認してからエントリーしましょう。

スキャルピングは短時間でたくさん取引するだけでなく、優位性の高い位置まで待ってからエントリーすることも重要!

なお、オーバーシュートの見極め方は、ファンダメンタルズの要因が欠かせません。

株価変動・金利動向・米ドルのインデックスなど、極端な相場環境の変化がある場合は、反発することなくトレンドが強まる可能性もあるので注意しましょう。

レンジ相場の逆張り 

ゴールドのボラティリティを活かせば、レンジの上下限でも利益を狙えます。まずは、レンジの上限・下限のレートを見極めて、以下のように水平線を引きましょう。

レンジ相場の逆張り

レンジ相場においては、チャートに引いた2本の水平線のうち、上がレジスタンスライン、下がサポートラインとして機能しています。 

この性質を利用して、上に引いた水平線にローソク足が接近すれば売りエントリー、下に引いた水平線にローソク足が接近すれば買いエントリーを仕掛けます。

視覚的にわかりやすいから、短時間でエントリー&決済を繰り返すスキャルピングと相性が良いね!

なお、レンジをブレイクした場合は、すぐに損切りします。トレンドになる可能性があり、逆張りの損失が大きくなるため、水平線の少し外側に逆指値注文を入れておきましょう。

ボラティリティの高いゴールドはレンジ相場が狙い目です。一般的なゴールド取引で稼ぎやすいレンジ相場での稼ぎ方を下記の記事にまとめています。

パーフェクトオーダー発生時の押し目買い(戻り売り)

他の金融商品と同様に、パーフェクトオーダーは常勝パターンのひとつです。

ただし、ゴールドはボラティリティが大きいため、トレンドフォローを行っても一時的にトレンドと反対方向へ大きく値動きすることがあります。 

ゴールドは少しクセのある値動きをする……

例えば、上昇トレンド中に買いエントリーしたものの、エントリー後に下落してしまい、いわゆる高値掴みになってしまうケースもあります。

高値掴みをせずにトレンドフォローを行うためには、押し目まで待ってからエントリーしよう!

まずは、強いトレンドが発生していることを確認するために、短期・中期・長期の移動平均線がまっすぐ並んでいる状態(パーフェクトオーダー)を見つけます。

パーフェクトオーダー発生時の押し目買い(戻り目売り)

 パーフェクトオーダーを見つけたら、一時的にトレンドと反対に値動きしたポイントを探します。

チャートでは、上昇トレンドでパーフェクトオーダーが出現しており、一時的な下落で中期(緑色の線)にタッチしていることが確認できます。

パーフェクトオーダーが発生中に、トレンドと逆方向に動いたらエントリーチャンス!

押し目を作り、再び上昇しそうなタイミングでエントリーを仕掛けましょう。さらに深掘るかも知れないと判断した場合は、ロット数を抑える(試し玉を入れる)のも有効です。

 ゴールド取引をするなら海外FXのXMがおすすめ

XMのゴールド取引はレバレッジ1,000倍

ゴールドはCFDの中で人気の高い銘柄で、様々なFX業者でトレードすることができます。中でも海外FX業者のXMは、約定力が安定しており、日本人トレーダーからの信頼性が高いFX業者です。

XMは基本スペックが高く日本人トレーダーに人気!

とくに、XMは最大1,000倍のハイレバレッジトレードが可能なことが大きな魅力です。ゴールドはGOLDとXAUEURの2種類が取引可能で、FXと同じく1,000倍で取引できます。

スタンダード口座・KIWAMI極口座(KIWAMI口座)・マイクロ口座は1,000倍、ゼロ口座(ZERO口座)の場合は500倍のレバレッジを利用できる!

なお、他の海外FX業者と比較しても高い水準になっています。 (※国内FXは最大25倍)

<他の海外FX業者との比較> 

最大レバレッジロスカットゼロカット
XMTrading1,000倍20%あり
exness無制限0%あり
HFM2,000倍10〜20%あり
FXGT500倍20〜40%あり
ThreeTrader200倍20%あり

XMのゴールド取引は限月なし

CFD取引で原資を先物とする場合、3カ月に一度(もしくは1カ月に一度)の限月が設定されています。限月を迎えると、手持ちのポジションは強制的に決済されてしまいます。

限月があると、中長期的なポジション保有ができない!

XMのゴールド取引で現物取引をすれば、限月は設けられていません。(先物取引は3ヶ月の限月あり)

限月を気にしなくて良いので、スイングトレードもできる!

XMのゴールドのスワップポイント

FXの通貨ペアと同様に、ゴールドでもスワップポイントが発生します。 

2024年現在、ゴールドを1ロット保有しているときの1日あたりのスワップポイントは、買いポジションで-31.21、売りポジションで16.67となっています。

XMのゴールドのスワップポイント

・買いポジション:-41.14
・売りポジション:18.48

また、ゴールド取引ができない土日にもスワップは発生します。土日のスワップは水曜日のスワップに加算されるため、水曜日は通常の3倍のスワップポイントを負担しなければなりません。

買い・売りのどちらでもマイナススワップになる!

XMで日をまたいでポジションを持ち越す場合は、ゴールドのスワップポイントが大きな負担になるため、スキャルピングで短期売買を繰り返したほうが有利といえます。

ただし、KIWAMI極口座は、XMで唯一のスワップフリー口座なので、スワップポイントは一切発生しません。

ゴールド取引はKIWAMI極口座がおすすめ

スキャルピングでポジション保有時間が10分以内の場合は、KIWAMI極口座でのトレードがおすすめです。

下記は、KIWAMI極口座・スタンダード口座・ゼロ口座のゴールド取引の合計コストです。

KIWAMI極スタンダードゼロ
スプレッド1.4pips3.5pips1.9pips
取引手数料002.4pips
合計コスト1.4pips3.5pips4.3pips

KIWAMI極口座は、スプレッドが最も狭く取引手数料も発生しないので、ゴールド取引を有利に可能です。

スタンダード口座の場合、ポジションを10分以上保有すればXMポイントを獲得できるので、獲得予定のXMポイントとスプレッドを相殺できます。

しかし、ポジション保有時間が10分以内のトレードでは、取引の総コストが最安のKIWAMI口座の方がお得といえるでしょう。

XMでゴールドを取引するときの注意点

ハイレバ&高いボラティリティは危険も大きい

XMは最大レバレッジ1,000倍で取引できるため、ゴールドの激しいボラティリティが加わると利益も損失も一気に跳ね上がります。

欲をかきすぎると資金が一瞬で消える可能性もある。。

XMのハイレバ環境であれば少額資金でも大きな勝負ができます。さらに激動するゴールド相場であれば少額でも十分な利益を出せるスキャルピングが可能です。

XMのスタンダード口座でトレードする場合、必要証拠金は現在レートで約2万1,760円です。さらにマイクロ口座でトレードする場合は、約218円の必要証拠金になります。 

XMのゴールドの必要証拠金

スタンダード口座:約2万1,760円~
マイクロ口座:約218円~

ゴールドのスキャルピングに慣れるまでは可能な限り少額からスタートすることをお勧めします。

XMを利用すれば、リスクを限定して大きなリターンを狙える!

取引時間に制限がある 

XMのゴールド取引は、FXの通貨ペアのように平日24時間トレードを行うことはできません。

<XMのゴールド取引時間>

 冬時間夏時間
月曜~木曜8:05~翌6:557:05~翌5:55
金曜8:05~翌6:507:05~翌5:50

XMの公式サイトで確認する

平日であっても早朝の1時間ほどは取引できない時間帯があり、土日は休場となります。動きの少ない時間帯ではあるものの、取引できない1時間はリスク下にあることを理解しておきましょう。

マイナススワップが大きいからロールオーバーしない 

XMのゴールドは、買いポジション・売りポジションともに「マイナススワップ」です。 

マイナススワップの負担額は決して小さくないことから、できればポジションを翌営業日に持ち越す「ロールオーバー」は行わないほうがいいでしょう。

保有しているだけで口座資金が減ってしまう!

以上のことから、XMでゴールドの取引を行う場合は、基本的にスキャルピング・デイトレードに特化することをおすすめします。

目次