私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

「XMボーナストレード」に関連する記事まとめ

XMでボーナスを移動する手順<口座間での資金移動> XMのボーナスを活用したFX

XMでボーナスを移動する手順<口座間での資金移動>

XMでは複数口座での「口座間の資金移動」や「ボーナスの移動」も可能なので、資金振替のやり方を覚えれば取引の幅が広がります。XMのボーナスを一つの口座にまとめるための資金振替のやり方などを解説しています。
2020.10.07
海外FXのボーナスキャンペーン情報一覧 <2020年10月13日更新> XMのボーナスを活用したFX

海外FXのボーナスキャンペーン情報 <2020年10月20日更新>

海外FXの特徴である各種ボーナスを受け取れる会社をご紹介。ボーナスは口座開設・入金・取引ごとにもらえます。海外FXのハイレバレッジ環境ではボーナスをどのように活かすかが重要です。会社ごとに設定されたボーナスの条件を含めて2020年10月の最新ボーナス情報をご提供いたします。
2020.10.23
XMのゼロカットとは?その仕組み&デメリットを検証 XMのボーナスを活用したFX

ゼロカットとは?ハイレバFXでの活用法とデメリット

ゼロカットとは追証分を海外FX業者が負担してくれる仕組みです。ゼロカットでは追証もないため、取引ではリスクを取って大きな利益を狙えます。30pipsの値幅を取れれば資金が3倍になるXMのハイレバ取引ではゼロカットが非常に有効です。
2020.09.07
XMのスプレッドを他社比較で検証 スキャルに最適なFX会社

XMのスプレッドを他の海外FX会社と比較検証してみた

XMのスプレッドは広い。しかし、取引量に応じて貰えるXMポイントは大きな額になります。純粋にスプレッドの費用だけでは計ることのできないXMのスプレッドを海外FX他社と比較して検証してみました。スプレッドの計算方法やコストの考え方も含めてXMのスプレッドを今一度、考察しましょう。
XMのボーナスの出金ルールや消滅条件など XMのボーナスを活用したFX

XMのボーナスの出金ルールや消滅条件など

XM社はボーナスが最も貯まりやすい海外FX会社です。そのXMのボーナスの規定や有効活用の方法までを徹底分析しています。口座開設をする時から注意点があるなど知らないと大きな損をしてしまうのでXM初心者の方は必見です。お得に海外FXを始めるための必須項目であるボーナスを上手に使いましょう。
XMポイントの正しい貯め方 XMのボーナスを活用したFX

XMポイントの貯め方&使い方ガイド【初心者向け】

XMのポイント還元サービス「XMポイント」はとてもお得です。取引額に応じて発行されるXMポイントの使い方や正しい貯め方など、XMの最大の魅力であるXMポイントのすべてを解説します。ポイントを貯めて「XMボーナスだけの取引」でノーリスクで大きな利益を狙いましょう。
私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由 XMのボーナスを活用したFX

スプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

国内外に数あるFX業者の中でスプレッドが広いXMでなぜスキャルピングをするのかをご説明します。そこにはスキャルパーほど得をする海外FX特有のサービスが関係しています。スプレッドだけでFX業者を選ぶ危険性を含めてご紹介します。
2020.10.15
FXスキャルピングのおすすめ理由&勝つための手法 スキャルの基礎知識

FXスキャルピングのおすすめ理由&勝つための手法

FXスキャルピングを攻略するため知識や勝つためのコツに加え、初心者への心得・お勧めのFX会社などをまとめました。損切りを徹底して確実な利益を狙うスキャルピングをすべてのFX手法に共通する要素を持っています。
2020.09.02
トルコリラ&XMボーナス投資 XMのボーナスを活用したFX

XMで「トルコリラのスワポ生活」を実現する

国内のFX業者を使うFXトレーダーの方々に人気の「高金利通貨トルコリラ」ですが、実は海外FX業者のXM(XMTrading)の「ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)」が隠れた高スワップの通貨ペアで年利100%も狙えます。XMのボーナスを活かせば年利200%も可能に。XMでのスワップ投資の注意点とコツをまとめてました。
海外FXの「税金のすべて&節税対策」までを一挙公開 スキャルの基礎知識

海外FXで利益が出たら<出金時の税金から節税対策まで>

「海外FXは税金が高い」と勘違いをしている方も多いと思います。実は、必ずしも海外FXの税率が高い訳ではなく、国内FXの方が不利になる分岐点があります。またXMの場合は税金が気にならないボーナスでのトレードもあるので、まずは税金や利益に対する正しい知識を持ちましょう。
2020.07.19
タイトルとURLをコピーしました