【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社+1社

XMのボーナスだけのハイレバ取引で1億円を稼いだFX手法

XMボーナストレード XMのボーナスを活用
このような方にオススメの記事

・リスクなく大きな利益をFXで手に入れる裏技を知りたい
・現在のFXでの投資手法に頭打ちを感じている
・100万円が1億円になるような可能性をFXで模索している

本記事のテーマ

XMのボーナスだけのハイレバ取引で1億円を稼いだFX手法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

FXはハイレバでしか大儲けはできない

「普通のFX」では“1億円の儲け”は出ない

私は専業トレーダーを本業として、その合間にコツコツと書くブログを皆さまにご覧いただき、私としては満足の日々を送らせてもらっています。

ただ、読み手の方が求めている情報なのかどうかはいつも確信が持てていません。

で、XM ボーナス今回は、これまで曖昧に表現してきた私の儲け方を正直にお伝えしようと思い、乱暴なタイトルの記事を作ってみました。

なお、スキャルピングを中心としたブログを運営しておきながら、実は私自身、スキャルピングでは「手堅い稼ぎ」しか狙っていません。

スキャルピングFXの性質上、リスクを最小限に抑えることを重視する取引スタイルとなり、1回の取引も小さくなりがちです。

毎日15pipsを稼いで複利運用で大きく儲ける」といった話も事実ではあるものの、ある意味で理想論でしかないと思っています。

幸いに私は現在、約1億4,600万円(2019年4月11日に+1,100万円 の更新をしました。)の運用資金と小さな持ち家があるので、4人の家族が生活が困らない範囲で日々の利益が得られれば十分という状況にあります。

むしろ、大きな損失を出さないことを重視しながら、チャートを見つめる毎日を過ごしています。

「負けないFX」と「勝ちを獲るFX」はまったく別物

つまり、私が提唱するスキャルピングFXは「負けないことを最優先」しており、資産を倍増させるトレード手法ではありません。

現状の私の運用資産では、年利で5%に達すれば「一旦は合格」としており、2018年はこの執筆段階で11.3%の利益を出せているので満足すべき基準にあります。(2019年4月11日に更新をしていますが、今年は本日現在で2.82%の利益です。スキャルではなくポンド円が稼ぎやすい相場でした)

プロの投資家の世界で考えれば、月利で0.5%の利益でも十分な成績です。

年間で5%をコンスタントに超える為替ディーラーは伝説のディーラーと呼ばれています。また、年間を通して3%の利益を残せば、来季の契約は保証され、ボーナスも跳ね上がるそうです。

XM ボーナス

勝ちを獲るFXとは

私が考える「FXでの大勝ち」とは「手元資金を10倍以上にした場合」を指します。

「1,000万円以上を稼げば勝ち」という定義であれば、5億円の資金がある人にとっては2%の利益で稼げるのでその人にとって「大勝ち」とは言えないはずです。

つまり、私の中では資金を何倍にもしないとFXをやる必要はないかもしれないとも思っています。毎年3%の利益を求めるのであれば、株のほうが確実性も高く、手間やストレスも少ない可能性もあります。

株に比べてFXに魅力がある部分は、ハイレバレッジで、かつ24時間トレードができる点にあると思います。

そうなると、国内企業で取引される方はレバレッジ25倍の制限が掛かるので魅力としては半減し、結果として海外FXが主流となります。

XMの取引ポイント(XMポイント)が勝負の種銭

取引量に応じて貯まるXMポイントが重要

「年利5%でも十分」と言いながら「資産を10倍以上にしないとFXの意味がない」と言ってしまうと話が矛盾しています。

ただし、その両方が私の正直な投資スタンスです。

その理由は、このサイトで推奨している海外FX企業のXM社が2014年から提供しているポイント(ボーナス)サービスです。

詳しい説明は下記ページでご紹介していますが、簡単に言うとXMには「取引額に応じたポイントバック」があり、そのポイントをまったく別の口座に振り替えてボーナスの資金だけで取引できる仕組み、があります。

このポイントサービス自体はXMの特徴的なサービスとして有名なのですが、ここで大切なことは「まったく別の口座に振り替えることができる」という点です。

「負けない口座」と「勝ちを獲る口座」を持つ

XMでは、同一名義で複数の口座を簡単に持つことができ、取引額に応じて貯まったポイントをその他の口座に移すことも簡単にできるのです。(XM社が定める規定にも違反していません。)

つまり、「大切な資産を運用して年利5%でも利益を積み上げたい“負けない口座”(A)」と「Aで貯まったポイントを取引資金に変えてハイレバレッジで“勝ちを獲る口座”(B)」を分けて運用できるのです。

XM ボーナス

分かりやすく言うと口座(B)は「リスクゼロの口座」とも言えます。俗語でいうと「全力のハイレバレッジでブン回す口座」です。

スキャルパーだからこそ「ポイント長者」=「億り人の可能性」

「ポイントバック」という言葉から少額のポイント付与を想像する方も多いかと思いますが、その額には皆さんも驚かされるはずです。

下記の画面がXPポイント(ボーナス)管理の画面で、1日(約15時間)のトレードで得たポイントです。

このように、現金として受け取る場合の額は小さいのですが、取引資金として使う場合はとても大きな額となって口座に反映されます。

また、基本的にスキャルピングFXを主とする私はポイントが貯まりやすい傾向にあります。

<XMポイントの管理画面>XMボーナス※XMポイントは現金にも交換できるがとても非効率

普段の取引では1週間に平均して40〜80万円近くXMポイントが貯まり、過去最大に取引をした時には、1日で124万円分のポイント(ボーナス)が貯まったこともあります。

このポイント(ボーナス)は「投資資金には使えるが引き出しのできない資金」ではあるのですが、レバレッジ888倍の口座で運用できる100万円は、非常に大きな金額に化ける可能性を秘めています。

「XMボーナスだけのトレード」が人生逆転の切り札に

大勝負をする「ボーナス口座」のためにXMポイントを貯める

私は数年前まで、WEBデザイナーとして勤めをする平均年収の少な目な兼業トレーダーでした。

200万円に満たない資金で帰宅後にコツコツとスキャルピングを続ける、それはそれは普通のスキャルパーだったと思います。

その後、XMポイントのサービスがリリースされた2014年から、「XMボーナス」だけを使った取引を始めました。

「負けない口座」でボーナスを貯め、ボーナストレード用の「勝ちを獲る口座」へとボーナスを移行するという作業を繰り返していました。

最初は、ロスカットされ資金がゼロになっていましたが、5か6回目の「XMボーナストレード」の際に初めて大勝ちをして、8万円のボーナスを2週間ほどで290万円の現金に育てることができました。

25倍のレバレッジに慣れている方は驚くかもしれませんが、200〜400倍のレバレッジ環境が普通だった頃の国内FXでも、たまにこのような大勝ちがあるものでした。

XM ボーナス

で、それから現在まで「XMボーナスでのトレード」を続けており、実績としては35万円分のボーナスを1,500万円に育てたり、100万円前後のボーナスを1,000万円以上に変えたことも3度ほどあります。

これらの大勝ちで得た資金を(欲張らず、ある程度のところで)出金し、「負けない口座」に充填してきたことで今の資産を築くことができました。

XMのボーナスだけで大きな利益を狙う手順
①普通にトレードをして利益を狙う
②結果的に貯まった「XMポイント」を別のボーナス専用の口座に移す
③ボーナスのみの口座でハイリスク&ハイリターンの投機的FXをする
以下のページでXMポイントを貯める詳しい手順を書いています。

堅実なトレードで種銭を貯めXMボーナストレードの狂気で億万長者に

スキャルピングの勝率は年々上昇しているものの、先にも書いた通り大きな利益を獲れるトレード手法ではないため、今の資金の大部分は「XMボーナストレード」によるものです。

誤解していただきたくないのですが、ここで皆さんに私のトレード自慢をしたい訳ではありません! 欲をかきすぎて数千万円の利益を1晩で溶かしたこともあります。。

お伝えしたいのは、以下の3点です。

XMのボーナストレードの魅力
・リスクゼロでハイレバでの大勝負ができるユニークな環境がXMにはある
・レバレッジ888倍で勝負すれば10回に1回ほど大勝ち(10倍〜30倍に)できる

・その大勝ちが資産を倍増させ、次の投資資金として価値を発揮する

FXも上か下かの勝負が続く確率論なので、現金100万円の運用資金を1億円にできる可能性は当然あります。

ただし、「絶対に負けられない100万円」と「最悪なくなっても大丈夫な100万円」では投資スタイルがまったく変わり、達成できる目標も変わってきます。

(私は運が良かった側の人間かもしれないですが)貧乏だった私が1億円以上の資産を手にできた背景にはこの手法があり、手元資金がある今も資産を増やす有効な手段となっているので、ここでお勧めします。

ボーナスでの一攫千金が狙えるXMの口座開設はこちらから

XMの公式ホームページ

「海外FXは不安。。」という方へ

大事なことは利益を稼ぐこと

この投稿をご覧いただいている方の中には海外企業であることの不安をお持ちの方もいると思いますが、その点はまた別途投稿しますが、要約すると以下の3点が私の考えです。

・日本では金融庁の規制で実現できない「ポイント制度」を活用すべき
・リスクゼロの投資環境では、税金が高いことはリスクではない
・税金のことは大きな儲けを得たら後から対応すればよい

と言う感じになります。

利益が大きい分、税金も大きく納めましたが、節税対策が認められて納税額も想定よりもかなり少なくなりました。(余談ですが、利益の確定が年末になると節税対策できる期間が短いので、ある程度の余裕を持たせた方が良い、と私は考えています)

XMの規約違反にも該当しない

あと、この手法は不正取引の対象になるのではという不安があったので伏せてきましたが、遅ればせながらXMのカスタマーセンターに確認したところ「問題はない」とのことだったので、今回ここで共有しています。

XMに関わらず世界の金融業者はマネーロンダリングのリスクも高く、不正に対して厳しい態度を取らざるを得ないため、出金拒否の対象となることもあるようです。これは海外FX企業が世界基準の金融会社であり、それぞれが各国の金融庁の管轄下にあることでそれらのルールに従うことで生まれる動きです。

以上が、資産が少なくても一発逆転で大きな利益を稼げる「XMのボーナスだけでの取引」のご紹介でした。

今なら「3,000円の口座開設ボーナス」があるのでボーナスだけのノーリスク取引ができます。

利益が発生した場合は現金として出金ができるので、リスクなく行える初回特典を活用して試してみることをお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました