【書籍プレゼント付き】海外FXランキング!2020年度版

XMの「ボーナス」のルールとお得な活用法

XMのボーナスのルールとお得な活用法 XMのボーナスを活用
このような方にオススメの記事

・XMの特徴であるボーナスを詳しく理解したい方
・ボーナスの取り損ねや失効をしないために正しい情報を知りたい方

本記事のテーマ

XMの「ボーナス」のルールとお得な活用法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

海外FX会社であるXMの魅力として「ボーナス」があります。

国内のFX会社を利用してきた方にとってはボーナスに馴染みはないと思いますが、ハイレバ取引をする時にボーナスはとても重要な役割を果たすのです。

なお現在、XMでは口座開設すると3,000円分のボーナスがもらえたり、その他にもXMには様々なボーナスキャンペーンが用意されています。

この記事ではXMのボーナスの種類や特徴、またボーナスを正しくもらう方法や注意点までを詳しく解説していきます。

XMのボーナスとは?

まず、ボーナスはそれ単体で取引もでき、自己資金に加えることで維持率を高める役割も果たします。ただし、ボーナスを出金することはできません。

ボーナスは「保証金として使えるバーチャルマネー」!

XMではボーナスを口座に反映すると「クレジット」という呼び名になります。そのXMのボーナス(=クレジット)にはいくつかのルールがあるので覚えておきましょう。

XMのボーナスのルール

・口座に反映されると「クレジット」と表記される
・損失がでた場合は「残高(現金)→ボーナス」の順でマイナスになる
・現金を出金すると同じ割合のボーナスが消滅する
・ボーナス単体で口座間を移動することはできない
・口座間で資金移動した現金と同じ割合のボーナスが移動する

上記以外にも細かいルールや注意点はあるのですが、それは後ほどご紹介します。

XMのボーナスのキャプチャ画面&説明

XMのボーナスは全部で3種類

XMのボーナスは全部で3種類

XMでは以下3通り方法でボーナスを得ることができます。

①口座開設時のボーナス
②入金ボーナス
③取引還元ボーナス(XMポイント)

XMではボーナスを得れる手段も多く、ボーナスの量自体も他の海外FX会社を圧巻しているので、正しい手順で漏れのないように貯めましょう。

まず3つそれぞれのボーナスについて紹介していきます。

「口座開設ボーナス」は3,000円

XMの口座開設ボーナス

XMに初めて口座開設をするとキャンペーンで3,000円分のボーナスがもらえます。入金をせずにもらえるので「未入金ボーナス」と呼ばれることもあります。

今すぐボーナスを請求ボタン

本人確認書類を提出し、口座を有効化して『今すぐボーナスを請求』をクリック。画面が移行し手続きに問題がない場合、3,000円がボーナスとして口座内に振り込まれる仕組みです。

口座開設ボーナスの注意点

・お1人様1回限定のキャンペーン
・口座有効化&ボーナス申請をした後にボーナスが反映される
・口座開設から30日以内にボーナス請求をしないと無効化される

以上が注意点です。

なお、口座開設ボーナスでもらった3,000円は、すぐに888倍のレバレッジを掛けてトレードをすることができます。

海外FX初心者はハイレバレッジのトレードに慣れるため、マイクロ口座で10通貨から始めるのが良いかもです。ただ、ボーナス3,000円で最初から利益を狙いにいくのならばフルレバレッジで勝負をして良いと思います。

ボーナス3,000円でドル円なら2万通貨を保有できるから、1pipsを抜くたびに+200円の計算に!

「入金ボーナス」の総額は50万円

XMの入金ボーナス

入金ボーナスとは口座に入金をした時点で自動的にもらえるボーナスのことです。

なお、ボーナス額は入金時の金額によって変わってきて、100%ボーナスと20%ボーナスと呼ばれる2つに分かれます。

具体的には、5万円までの入金には入金額と同額(100%)のボーナスがもらえ、総額が5万円を超えた入金には、上限である45万円まで入金額の20%のボーナスがもらえる仕組みです。5万円までは入金額が2倍になるので「入金2倍ボーナス」とも呼ばれています。

つまり、入金ボーナスが発生するのは合計の入金額が230万円(獲得ボーナス5万円+45万)までとなります。総額が50万円を超えた時点で、入金ボーナスが付与されることはありません。

残りの獲得可能ボーナスを確認できる

このボーナスは入金と同時に自動反映されるため、特別な手続きをしなくて大丈夫です。以下は口座に入金したときにどのくらいもらえるかの参考表です。

総入金額 適用されるボーナス比率 獲得ボーナス 有効証拠金総額
1万円 1万円に対して100% 1万円 2万円
5万円 5万円に対して100% 5万円 10万円
10万円 5万円に対して100%
+5万円に対して20%
5万円+1万円 16万円
50万円 5万円に対して100%
+45万円に対して20%
5万円+9万円 64万円
100万円 5万円に対して100%
+95万円に対して20%
5万円+19万円 124万円
230万円
(最大)
5万円に対して100%
+225万円に対して20%
5万円+45万円 280万円

入金ボーナスの注意点

・お一人様につき合計ボーナスは50万円まで
・ZERO口座への入金では反映されない

入金ボーナスの内容は変更されることもあるので正確な情報は公式ホームページをご覧ください。

bitwalletやBXONEからの入金でさらにボーナス追加

bitwallet-bxone-logo

銀行送金やクレジットカードで限度額の230万円を入金したあとで、bitwalletやBXONEから入金することでさらに追加で入金ボーナスが付与されます。

bitwallet:20%入金ボーナス<上限20万円>
BXONE:10%入金ボーナス<上限5万円>
bitwalletでの入出金は便利であり、手数料も安いのでXMユーザーの方は口座を持っておいて損はないツールです。詳しくは『bitwalletでの出金は「XM&海外FXトレーダー」の常識』をご覧ください。

臨時の入金ボーナスキャンペーンを開催

100%入金ボーナスを上限の5万円までもらった後でも、XMが不定期に開催する「入金ボーナスキャンペーン」により、追加入金で100%ボーナスが付与されることがあります。

不定期で「5万円の100%入金ボーナス復活キャンペーン」などが開催され、そのメールを受け取ったユーザーは追加で5万円までの入金に100%のボーナスが付与されます。

なお、1年に数回行われるこのキャンペーンのボーナスリセット対象者の基準は判明していません。XMボーナスのリセットは「全ユーザーに不定期で行なっている場合」と「特定のユーザーに行なっている場合」の2種類があるようです。

キャンペーンの通知はXMに登録しているメールアドレス宛に届くので、チェックをし忘れないアドレスを登録するようにしましょう。

入金ボーナスキャンペーンのメール通知

「取引還元ボーナス」は上限なし

XMのロイヤリティプログラム

最後のボーナスがXMロイヤリティプログラムで得られるボーナスです。

取引をするごと取引量に応じて「XMポイント(XMP)」と呼ばれるポイントが貯まり、それをボーナスまたは現金に交換することのできる仕組みのことです。

獲得のルールはシンプルで新規ポジションを10分以上保有した後で決済をするとXMポイントが自動的に口座に貯まっています

XMロイヤリティプログラムについては、こちらの記事「XMポイントの仕組みと活用法」で詳しく書いてあるので、ここでは説明を省略します。

お時間のない方のためにロイヤリティプログラムの要点と注意点をまとめておきます。

ロイヤリティプログラムの要点

・取引日数によってステータスが上がり獲得できるXMPの量が増える
・XMポイントはボーナスにも現金にも交換できる
・1ロット(10万通貨)の取引で得られるボーナスは最大で約740円

ロイヤリティプログラムの注意点

・一定期間取引がないとステータスは降格し、保有中のXMPがリセットされる
・ポジションは10分以上保有しないとXMPが付与されない
・ZERO口座での取引にXMPは付与されない

なお、私のように取引量の多いスキャルパーの場合は1日に10万円以上のボーナス(XMポイント)が貯まることがあります。なので、この取引還元サービスはXMの最大の魅力と言って良いと思います。

これがスプレッドの広いXMで、私がわざわざスキャルピングをする理由でもあり、まとまった資産を築くことができた背景でもあります。詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

XMポイントはボーナスに換金しよう

XMポイントは現金にも替えることができますが、換金率が悪いので必ずボーナスに交換するようにしましょう。

<300XMポイント換金方法の比較>

XMポイントの換金方法の比較

たくさん貯まったXMポイントは現金の入っていない口座にボーナスとして交換して、保証金がボーナスだけの口座を準備することができます。

このボーナスだけの口座なら現金を失うリスクがない環境でハイレバレッジのFXをすることができます。レバレッジ888倍のXMでは、資産を10倍や30倍に増やすことも可能なので、このXMポイントを上手に貯めて、大きな利益を狙える機会を多く作りましょう。

XMのボーナスで知っておくべき7つの項目

XMのボーナスで知っておくべきこと

次にボーナスに関するルールや消滅してしまう条件や注意点を書いていきます。

知らないと損をすることもあるので必ずチェック!

XMボーナスのルール

損失がでた場合は「残高(現金)→ボーナス」の順でマイナスになる

口座内に残高(自己資金としての現金)とボーナスの両方がある場合に損失が発生すると、ボーナスより先に自分の資金が減ります。また逆に利益が出た場合もボーナスは変わらず残高だけが増えるというルールです。

ボーナスは「現金をサポート」する役割を果たす

このルールによって、残高が0円になってもボーナスとの合計額がプラスになっていれば、ポジションを維持することができるのです。

現金を出金すると同じ割合のボーナスが消滅する

XMの場合出金をする際、出金額と同じ割合のボーナスを失うことになっています。10万円の現金残高から50%にあたる5万円を出金すればボーナスも50%に減ります。

XMのボーナスが減額される仕組み

上記の例で、仮に3万円を出金すればボーナスも30%のマイナスとなり、5万円のうち1万5,000円のボーナスが消滅するので、残りの有効証拠金は<現金7万円+ボーナス3.5万円=合計10.5万円>となる計算です。

口座間で資金移動した現金と同じ割合のボーナスが移動する

同一アカウントの内の口座で資金を口座間移動するときは、出金のときと同様に、同じ割合のボーナスが移行先の口座に移ります。

ボーナス単体で口座間を移動することはできない

一度口座に入ったボーナスを他の口座に移すことはできません。ボーナスを移すには(上記のように)現金も同時に移動する必要があります。

XMポイントをボーナスに交換する時は、ボーナスを割り当てる口座を指定できる

ボーナスが消滅する条件

ここではボーナスが消滅する条件をご紹介します。一度消滅したボーナスは復活しないので注意が必要です。

現金を出金した場合

上でご説明した通り、現金を出金するとボーナスは消滅します。

ボーナスの受取期限を超えた&凍結された場合

3,000円をもらうことができる口座開設ボーナスには受取期限があります。口座開設日から30日までに請求しないと、ボーナスが無効化されてしまいます。

口座開設をしたらすぐにボーナスを請求しよう!

また、入金ボーナスや取引還元ボーナスが貯まっていても、XMで取引をせずに90日以上放置した場合は「口座凍結」されてしまい、同時に保有するボーナスもすべて消滅してしまうので、注意が必要です。

ZERO口座に資金移動をした場合

『スタンダード口座』と『マイクロ口座』はボーナス対象口座ですが、『ゼロ口座』はボーナス対象外口座となります。

ボーナス制度の対象外となるZERO口座に資金を移動すると、元の口座でボーナスは消滅しZERO口座には現金だけが移動する結果となります。

ボーナスを維持したい場合はZERO口座に資金移動してはいけない

XMボーナスの注意点

XMのボーナスの注意点

口座開設時に「ボーナスを希望」しないとダメ

新規で口座を開設する時に「ボーナスの受け取りを希望します」を選択していない場合は、口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえません。ボーナスの受け取りを希望する

間違って開設した場合はカスタマーセンターに連絡をして、設定を変更してもらいましょう!

複数口座を持ってもボーナスが有利にはならない

XMのボーナスは「口座ごと」ではなく「ユーザーアカウントごと」にボーナスが付与されます。

XMでは1アカウントで最大8個の口座を持つことが可能ですが、口座を追加しても口座開設ボーナスをもらえませんし、追加口座への入金で入金ボーナスの総額が増えることはありません。

キャッシュバック系サイト経由で口座開設するとボーナスはもらえない

XMで取引をすることでキャッシュバックがもらえるような条件を提供する悪徳サイトを経由してXMを始めた場合は、口座開設ボーナスや入金ボーナスだけでなく、XMポイントも貯まらない「ボーナス対象外の口座」となります。

XMの魅力であるボーナスを得られないとなると価値が下がってしまうので注意が必要です。

そもそもXMの新規口座を開設できない場合がある

下記のケースに該当する場合は、口座を開設することはできないので覚えておきましょう。

XMの口座開設ができない人

・過去にXMで口座開設をしたことがある人
・ボーナスを受け取ったことのある他の参加者の住所と一致する人
・18歳以下の人

以上がXMのボーナスの説明でした。

XMで大きな利益を狙うにはボーナスの活用が重要です。ボーナスを上手に使うことで、リスクを抑えながら自分の資産を10倍にも20倍にもすることも可能です。

まだXMでのFXを始めていない方は、まずは口座開設ボーナスの3,000円でお試しトレードをしてみることをお勧めします。

プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました