私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

XMのボーナス<XMポイント>を最速で貯める時短テクニック

XMのボーナス<XMポイント>を最速で貯める時短テクニック海外FXのボーナスを活用
このような方にオススメの記事

・リスクなく利益を狙う「XMのボーナス」で大きな利益を稼ぎたい
・XMポイント&ボーナスを効率よく受け取りたい/貯めたい
・XMのロイヤリティプログラムをステータスを手際よく上げたい

本記事のテーマ

知っておくべきXMポイント&ボーナスを効率よく貯める方法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届け>

海外FXのXMでは、リスクなしで大きな利益を狙う「XMのボーナスを活用した取引」ができます。そのためには、取引量に応じて貯まるXMポイントを多く保有する必要があります。

なお、XMで効率よくボーナスを貯めるにはロイヤリティプログラムのステータスを上げる必要があります。

この記事ではXMでのステータスを最速で向上させて、ボーナスをより多く貯めるマル秘テクニックをご紹介しています。

XMのボーナスを貯める

XMのボーナスとは

まずはXMのボーナスに関して整理します。

XMのボーナスとは

①証拠金として利用できてボーナスが減っても損失はない
②口座開設、入金、取引ボーナスの3つの受け取り方がある
③取引ボーナスはXMポイントから交換して受け取れる

上記②のようにボーナスを受け取る方法は全部で3つありますが、制限がなく最も多くのボーナスがもらえるのは③のXMポイント(取引ボーナス)です。

XMポイントはヘビートレーダーほど得をする珍しいキャンペーンだね

XMで取引をしていれば取引量に応じてもらえるXMポイントですが、実はその貯め方にコツがあります。正しい手順を踏むことで、効率よく多くのXMポイントを貯めることができます。

「XMポイントがなかなか貯まらない」という方は下記で紹介する手順に沿ってXMポイントを稼ぐことをオススメします。

XMポイントをボーナスに交換する価値

XMポイントは1ロットの取引で最大で約750円分のボーナスが貯まることになります。繰り返しになりますが、このXMポイントは受け取り上限はなく、XMで取引をする限りボーナスは貯まり続けます。

取引が多いトレーダーは1日に数万円分のボーナスが貯まる!

XMポイントの詳しい仕組みや活用方法は下記の記事にまとめています。

で、この「XMポイントを交換して受け取るボーナス」にはもう一つ大きな魅力があります。

それはXMポイントから交換したボーナスは「証拠金にボーナスだけが入っている口座」を作ることができる点です。

取引ボーナス(XMポイント)のメリット

・金額の受け取り上限がなくボーナスが貯まり続ける
・XMポイントから交換することで「ボーナスだけの口座」を作れる

「証拠金にボーナスだけが入っている口座」を持つことができれば、私が推奨しているXMでのボーナストレード(ボーナスだけを使ったノーリスク取引)に挑戦できます。

レバ1,000倍で大勝負をすれば資産を10倍〜100倍にすることは十分可能

コツコツと丁寧な取引でXMポイントを貯めて、ボーナスだけの口座でハイレバ勝負することがFXで大金を稼ぐ近道だと私は考えています。

<ボーナスだけの口座を作りリスクを取った勝負をする>

ボーナストレードと呼んでいるボーナスだけでの取引方法は下記の画像をご参照ください。このボーナストレードを行うまでの準備や手順はこの記事の後半でご紹介しています。

また「XMのボーナスだけを使ったFX手法」に興味がある方は下記の記事お読みいただければ、ノーリスクで大きく稼ぐXMの裏技トレードをご理解いただけるかと思います。

XMのボーナスを最速で貯めるコツ

2つの口座タイプを使い分ける

XMには3つの口座タイプがあります。

ザックリと説明すると、小さなロットでの取引ができる「マイクロ口座」、中上級者向けの標準的な「スタンダード口座」、スキャルピング向け「ゼロ口座」の3つです。

XMポイントを貯めて儲ける「XMボーナストレード」をされる場合は「スタンダード口座」を開設して、「マイクロ口座」を追加開設してください(スタンダード口座は2つ作ります)。

これらの口座を使い分けることで効率よくXMのボーナスで利益を狙います。

口座①FX経験者向け
スタンダード口座(1ロット=10万通貨)
・投資資金が6万円~
・XMPが貯まる

 


口座②初心者向け
マイクロ口座(1ロット=1,000通貨)
・投資資金が ~5万円
・XMPが貯まる

 


口座③スキャルピング向け
ゼロ口座(1ロット=10万通貨)
・投資する資金が12万円~
・手数料:1ロット取引毎/片道$5
・XMPが貯まらない

以前にご紹介した通り、私は基本的に「XMボーナストレード」で 大きな収益を狙っているので、XMPが貯まらないスキャルピング向けのゼロ口座はほとんど使いません。(相場の上下が激しい時に、スキャル専用として使うのみ。)

XMのステータスを最短でランクアップする手順

最短&最小リスクで「XMのボーナスが貯まりやすい環境」をつくろう

XMポイントを効率よく貯めるためにはXMが定めるランクの最高位に達する必要があります。
また最高ランク「ELITE」になるには100日間の取引実績が必要となるので、口座だけは早めに開設しておいて良いかもしれません。
以下、ノーリスクでハイレバレッジでの大きな利益を狙う「XMボーナスだけ取引」を行うまでの手順です。

最短100日でステータスを最高位に上げる手順

1.「スタンダード口座(A)」を開設

あなたのメインとなる口座です。 最も使いやすい口座タイプ「スタンダード口座」を推奨します。 プラットフォームタイプは「MT4」を選びましょう。

2. 追加で「マイクロ口座」を開設

ロイヤリティ・プログラムの最高ランク「ELITE」を獲得するまでに100日間の取引実績が必要となります。 その間は、リスクを最小限に下げるため、最小ロット数の小さい「マイクロ口座」で行います。

3.「マイクロ口座」に1,000円を入金&100日間の取引を継続

「マイクロ口座」に1,000円を入金して最小限の取引量で合計で100日間の取引実績を作ります。 最小ロットでの取引であれば損失も10円程度に抑えることができるので、実績を残してランクアップに集中します。
 
・普段の投資資金を入金して取引される方は、スタンダード口座に入金&取引で問題ありません
・100日間の取引は合計日数で、30日間以上の空きがあるとグレードダウンするのご注意ください。

4. ロイヤリティー・プログラムのステータス「ELITE」の獲得

100日経過後にランクが『ELITE」になり、その後は1ロットの取引で20XMP(スタンダード口座の場合)のポイント還元があります。

※取引をリスクと感じない方は「スタンダード口座」で100日間の取引をして頂いて結構です。

貯まったXMポイントで「ボーナスだけの取引」を行う手順

1. 投資資金を「スタンダード口座(A)」に入金&取引

『ELITE」獲得後は、最も使いやすい「スタンダード口座(A)」で通常の取引を行います。
通常の投資資金を「スタンダード口座」に入金して、通常通りのお取引を。(こちらはボーナストレードではないので慎重に。)
また、10分以内の決済ではボーナスはもらえませんが、意識しすぎずに確実な利確&損切りを心掛けてください。

2. XMポイントが貯まる

管理画面の右上に「ロイヤリティ・ポイント」という名前で獲得ポイント数を確認することができます。 ポイント数をクリックすると「ボーナスに交換した場合の価格」と「現金に交換した場合の価格」が表示されます。

3. 「XMボーナストレード」用に「スタンダード口座(B)」を追加

貯まったXMポイントで取引するために、メイン口座とは別の「スタンダード口座」を追加します。

4. 管理画面から「XMポイント」を「スタンダード口座(B)」に交換

XMポイントを管理画面から「ボーナス」に交換します。 その際にボーナスを付与する口座を間違えないように、口座番号を確認してから交換してください。(ログイン中の口座にボーナスが与えられます) なお、XMポイントは口座ではなく、個人に与えられるので別の口座に対してXMPをボーナスに交換しても問題ありません。

XMのボーナスを移動する際にXM独自のルールや注意点があるので下記の記事をご確認ください。

5. 現金の入金なくボーナスだけの取引口座が準備完了

「スタンダード口座(A)」での取引とは違い「スタンダード口座(B)」ではリスクを取った「勝ちを獲る投資スタンス」で挑みます。 私の場合、大きなトレンドに乗った時に利益が出たら、ポジションを追加で持ち、限界(維持率100%)まで買い(または売り)ポジションを積み上げて大きな利益を狙いにいきます。
なお、ボーナスだけの取引口座でも取引量の応じたXMポイントは貯まります。

6.「スタンダード口座(C)」で得た利益を出金

利益が出たら現金の出金をします。 出金すると出金額に応じてボーナスも減ります。ただ、10倍を超えた利益を出した場合は多少ボーナスを失っても気になる対象ではないはずです。

以上が「XMのボーナスで大きな利益を狙う」手順です。
 
合計で100日という長い時間が必要なことは残念ですが、大きな利益を得るための準備なので我慢強く待ちましょう。
また、最終的に「XMボーナストレード」で大勝ちするためには技術や経験が必要なのでデモ口座でのトレーニングを怠らず、XMポイントを活用できる力を持ちましょう。
モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました