私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

Tradingviewのインジケーターの種類と追加の方法

Tradingviewのインジケーターの種類と追加の方法 テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・Tradingviewで使用可能なインジケーターを知りたい方
・インジケーターの設定や削除などの操作方法を知りたい方

本記事のテーマ

Tradingviewのインジケーターの種類と追加の方法

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

Tradingview(トレーディングビュー)はインジケーターの種類や機能が豊富ですが、高機能なため実際に使おうとしたときに、選び方や使い方で戸惑うことも多いです。

そのため分析ツールとしては優れてますが「Tradingviewでインジケーターを使う気にならない」と取引ツールとしての選択肢から外れてしまうことも仕方のないことだと言えるでしょう。

しかし実際に使い方を覚えてしまえば、MT4/5のようにサクサクと使用することも可能ですし、自分のトレードスタイルに合ったインジケーターを設定できるという大きなメリットもあります。

そこで今回はTradingviewで使用できるインジケーターの種類や使い方について詳しく解説していきます。

Tradingview自体をまだ詳しくご存じない方は下記の記事からご覧になることをお勧めします。

Tradingviewインジケーターのカテゴリー

Tradingview(トレーディングビュー)にはインジケーターにカテゴリーがあり、それぞれ使用できるインジケーターが異なります。

カテゴリーの種類

  • 内蔵
  • ローソク足パターン
  • 公開ライブラリ
  • マイスクリプト
  • 出来高プロファイル
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

カテゴリー毎ごとに特徴があるので、どのカテゴリーのインジケーターを使うのかをまずは決める必要があります。

Tradingviewインジケーターのカテゴリー

インジケーターのカテゴリーは全部で5種類です。

内蔵(デフォルト)

Tradingviewデフォルトインジケーター

「内蔵」は(日本語が変ですが)最初からTradingview内にあるインジケーターのことで、選択して設定するだけですぐにチャートへ反映できます。

<デフォルトインジケーター(一部)>

平均方向性指数ウイリアムズアリゲーターボリンジャーバンド
相関係数チャイキンオシレーター条件式
ダイバージェンス指数移動平均一目均衡表
移動平均線の交差MACDムーンフェーズ
マルチタイムチャート期間ピボット拡張ストラテジープライスオシレーター
レートオブチェンジRSIストキャスティクス
ボラティリティストップ出来高オシレーター加重移動平均
スキャルピングFX大辞典_OK博士

最初から使える基本のインジケーターは、なんと100以上!

一般的なものから特殊なものまで初期設定されているので、自分のトレードスタイルに合わせて使用できます。

ローソク足パターン

Tradingviewローソク足パターン

ローソク足パターンではローソク足が出すシグナル(サイン)をチェックできるインジケーターを使用できます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

プライスアクションでトレードするときに効果的!

ローソク足パターンではdragonfly doji=上昇転換」「Gravestone doji=下降転換」などを示すインジケーター設定できるので、ローソク足を重視してトレードを行っている人にお勧めです。

公開ライブラリ

Tradingview公開ライブラリ

公開ライブラリではプログラマーやEAを開発している達が独自で作成したインジケーターを使用できます。基本的には個人で作成したモノなので「インジケーターにインジケーターを組み合わせる」「インジケーターを使いやすいように改良してある」ツールが多くあります。

スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

自分が使っているインジケーターを良い感じにカスタムしたモノを見つけられるかもしれないね!

公開ライブラリで使えるインジケーターは約8,000種類です。

マイスクリプト

Tradingviewマイスクリプト

マイスクリプトでは自作のオリジナルインジケーターを管理できます。ただしオリジナルインジケーターの作成にはプログラミングの知識が必要になるので覚えておきましょう。

使用するプログラミング言語

Pine
スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

Tradingviewのインジケーターの開発言語は「Pine」なのでオリジナルインジケーターの作成は「Pine」でしかできません。

自作するときは1から作成することや、既存のインジケーターを改良することなどが可能です。また作成したインジケーターを公開すれば、Tradingviewのユーザーから高評価をもらえることもあるので、プログラミングが好きな人はチャレンジしてみましょう

出来高プロファイル

Tradingview出来高プロファイル

出来高プロファイルは取引量を一目で判断できるインジケーターです。指定された価格帯の買いと売りを横状の棒グラフによって示せるので、取引している人達の意識している価格帯が瞬時に分かります

スキャルピングFX大辞典_OK博士

取引量が分かるからサポートラインやレジスタンスラインを判別するのに有効だよ!

出来高プロファイルの注意点

有料プランでしか使用できない
スキャルピングFX大辞典_不安お兄さん

便利だと思ったけど無料じゃないんだね…

出来高プロファイルは無料プランでは使用できません。出来高プロファイルの使用を考えてる人は「Pro」以上の有料プランを契約、または変更する必要があるので覚えておきましょう。

Tradingviewの有料プランと無料プランの違いは下記の記事をご参照ください。

マーケットプレイスアドオンについて

2020年9月現在、カテゴリーの項目から削除されてますが、以前までは「マーケットプレイス・アドオン」というカテゴリーがありました。

マーケットプレイス・アドオンとは

月額料金が掛かるインジケーター
スキャルピングFX大辞典_疑問の博士

以前までは「複数のテクニカル分析からサポレジを表示する」というようなインジケーターを買えたんだよね…

マーケットプレイス・アドオンでは、他にも独自の「エリオット波動」「シグナル表示」などができるインジケーターが販売されてました。そのため「Tradingviewには月額料金で購入できるインジケーターがある」ということを聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかし2020年9月現在、理由は不明ですがマーケットプレイス・アドオンの項目はないので、覚えておきましょう。

Tradingviewのインジケーター

移動平均線

Tradingviewの移動平均線

移動平均線は「パーフェクトオーダー」「エリオット波動の3波目」を判断するために役立ちます。

スキャルピングFX大辞典_〇博士

移動平均線を上手く使えば大きな相場の流れが分かるよ。

デイトレードやスイングトレードで大きな相場の流れを知っていれば、タイミングよく取引できると言えるでしょう。またスキャルピングにおいても大きな流れをしっておくことで、買いと売りのどちらを重視した取引を行うのかを決定できます。移動平均線をすべてのトレードスタイルで大きな効果を発揮するインジケーターなので覚えておきましょう。

パーフェクトオーダーについては下記で詳しく解説しています。

エリオット波動については下記の記事で詳しく解説しています。

ボリンジャーバンド

Tradingviewのボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは「一定の振れ幅の中で価格は収まる」という理論のもとに開発されたインジケーターで、相場の様子を視覚的に判断しやすくなるという特徴があります。

スキャルピングFX大辞典_OK博士

順張りでも逆張りでもエントリーできるインジケーターだよ!

ボリンジャーバンドは中心の移動平均線に上にアッパーバンド、下にロワーバンドを加えた3本から5本の線で構成されてます。またTradingviewでは上下の線が移動平均線に対して±2σ(シグマ)の標準僅差で設定されてますが、「設定」から見やすい数値に変更できるので覚えておきましょう。

ボリンジャーバンドに関しては下記の記事で詳しく解説しています。

RSI

TradingviewのRSI

RSIは買われすぎや売られすぎを判断できるオシレーターです。

RSIの見方

  • 50%より上であれば上昇相場、下であれば下降相場
  • 70~80%を上回ると買われすぎ
  • 20~30%を下回ると売られすぎ
スキャルピングFX大辞典_安心お兄さん

RSIの数値が何%かによって売り買いを判断できるから便利!

RSIの数値を確認すれば現状の相場の流れに乗って取引を行うことが可能です。またRSIは基本的にレートと同じ動きですが、まれにトレンド発生のサインでもあるダイバージェンス(レートとは逆方向に動くRSIが動くこと)が発生するので、大きなトレンドを掴める可能性もあります。

MACD

TradingviewのMACD

MACD(マックディー)は2本の移動平均線が交差するタイミングを売買シグナルとするインジケーターです。

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

短期の線が上回る瞬間を「ゴールデンクロス」下回る瞬間を「デッドクロス」という呼び方だから覚えておこう。

上記の写真は青が短期で赤が中長期の移動平均線ですが、短期が上回ると上昇、下回ると下降とMACDの動きと価格の動きがほとんど同じです。また価格帯を示す棒グラフも表示されるため、相場の流れを一目で判断することも可能です。

フィボナッチリトレースメント

Tradingviewのフィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは押し目買いや戻り売りのタイミングを判断できるインジケーターです。売買シグナルとなる位置で色分けされていますが、高値と安値を結ぶだけで上記のような表示となるため、設定に時間を掛けずに使用できます。

スキャルピングFX大辞典_疑問の博士

どこの高値と安値を結ぶかは決まっていません。結んだ位置によって売買シグナルの位置が変わることだけは覚えておこう。

上記は下降トレンド時で使用してますが、色分けされてる位置(78.6%)で反発して再度下降していることが確認できます。

フィボナッチリトレースメントは使用している人が多いとされてるため、同じ位置で高値と安値を結べば取引を有利に進めることが可能です。ただ位置を間違えるとダマシに合うこともあるので、慣れるまでは慎重に使用しましょう

Tradingviewでインジケーターを使用する方法

設定や追加方法

Tradingviewでインジケーターを設置するときは画面上部のインジケーターをクリックします。

Tradingviewインジケーターの設置方法

インジケーターのカテゴリーが表示されるので、設置したいインジケーターがあるカテゴリーを選択してインジケーターをクリックすれば設置完了です。

Tradingviewインジケーター選択画面

「ボリンジャーバンド」を設置しました。

Tradingviewインジケーター設置後の画面

設置したインジケーターの設定を変更するときは、画面左上に表示されてる現在使用中のインジケーター名にカーソルを合わせてから「設定」をクリックします。

Tradingviewインジケーターの設定

「パラメータ」で期間や標準僅差、「スタイル」で線の色や太さを変更できます。表示方法は変わりますが、どのインジケーターでも設定までの手順は同じなので覚えておきましょう。

Tradingviewインジケーターのパラメータ

インジケーターを追加するときは、再度「インジケーター」を選択して設置したいインジケーターをクリックすれば追加できます。

Tradingviewインジケーターの同時表示画面

スキャルピングFX大辞典_OK博士

RSIを追加で設定してみました!

どのインジケーターでも追加することは可能ですが、プランによって追加できる数は決まっているので注意しましょう。

無料プランの場合、追加できるインジケーターは3個までです。

下記ではRSIとボリンジャーバンドを有効に使った取引方法を解説しています。

インジケーターを保存する方法

Tradingviewでは設定したインジケーターを保存しておけば、再度Tradingviewで取引を行うときに同じ設定で使えるため、再設定の手間を省くことができます。

インジケーターを保存するときはインジケーターの設定画面の左下にある「デフォルト」を選択します。「デフォルトを保存」が表示されるので、クリックすれば保存は完了です。

Tradingviewインジケーターの保存方法

スキャルピングFX大辞典_指し棒博士

初期状態に戻したいときは「設定をリセット」をすれば元に戻ります。

リセット後に「デフォルトを保存」をクリックしないとリセットした設定が保存されないので注意しましょう。

インジケーターのテンプレートを作成

複数のインジケーターを保存したいときは、画面上部にある「インジケーターテンプレート」をクリックしてテンプレートを作成しましょう。

Tradingviewインジケーターのテンプレート作成方法

スキャルピングFX大辞典_〇博士

プランによっては複数のパターンが保存できるから便利だよ。

使用するときは「インジケーターテンプレート」から対象のインジケーターをクリックすればインジケーターが表示されます。

削除方法ついて

設定したインジケーターを削除するときは、画面左側に表示されているインジケーター名にカーソルを合わせてから「詳細」をクリックします。メニューが表示されるので、「削徐」をクリックすればインジケーターを削除できます。

Tradingviewインジケーターの削除方法

削除後の画面です。

Tradingviewのチャート画面

スキャルピングFX大辞典_OK博士

メニューを表示後「Del」押すだけでも消せます。

複数のインジケーターを同時に消したいときは、画面左側に表示されている「削除」をクリック後「インジケーターを削除」すればすべてのインジケーターを同時に削除できます。

Tradingviewインジケーターの一括削除

Tradingviewインジケーターのその他機能や注意点

インジケーターにインジケーターを表示できる

Tradingviewではインジケーターを重ねて使用することが可能です。

インジケーターを重ねるときは、対象のインジケーターの「詳細」をクリックして「移動」を選択後、「上の既存ペインへ」をクリックするだけです。

Tradingviewインジケーターの重ね方

インジケーターを重ねたチャート画面です。

TradingviewボリンジャーバンドとRSIを重ねた画面

上のインジケーターで「下の既存ペインへ」を選択すれば、下のインジケーターに重ねることができます。

TradingviewボリンジャーバンドとMACDを重ねた画面

プランによって使える機能や設定数が違う

Tradingviewではプランによってテンプレートの保存数やチャートに表示できるインジケーターの数が異なります。

 BasicProPro+Premium
保存可能なテンプレート1510制限なし
チャートに同時表示できるインジケーター数351025
アラート設定11030400
スキャルピングFX大辞典_やれやれ悩む博士

プランによってインジケーターの使い方が大きく変わってくるんだよね…

Tradingviewは高機能ですが、プランによっては「性能を活かせない」「自分のトレードスタイルに合わない」ということもあります。 特にインジケーターはプランの差が出やすい項目なので、インジケーターを多く使って取引する人は、有料プランの検討をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました