私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

スキャルのコツ

ヘッドアンドショルダーで稼ぐFXスキャルピング テクニカル分析

ヘッドアンドショルダー(三尊)で稼ぐFXスキャルピング

ヘッドアンドショルダーや三尊と呼ばれるチャートの形はスキャルピングFXで稼ぎやすいポイントです。エントリーポイントとして注目すべきはネックラインとショルダーライン。この記事ではダブルトップの基本から上級のスキャルピングテクニックまでを図解付きでご紹介しています。
ライントレードでトレンドを把握する<FX基礎手法> スキャルの基礎知識

FXの勝率を上げるライントレード手法<基礎〜応用>

テクニカル分析の基本と呼ばれるライントレード。ライントレードの第一歩はトレンドラインを正しく引くことです。支持線や抵抗線と言った、その他の分析ツールに共通する基礎を学ぶことで、より正確なテクニカル分析を実現します。
2021.01.16
パーフェクトオーダーで稼ぐFX&スキャルのコツ テクニカル分析

パーフェクトオーダーで稼ぐFXスキャルピング手法

テクニカル分析の基本である移動平均線は最もベーシックな指標ですが、本当に活用ができているでしょうか?ゴールデンクロスやパーフェクトオーダーの出現でさらに収益性を上げるスキャルピング手法をご紹介しています。
リアルタイムオーダーを使ったスキャルピング戦略 スキャルの技術&コツ

リアルタイムオーダーを使ったスキャルピング戦略

リアルタイムオーダーを活用しているでしょうか?大口投資家の売買状況が把握できるリアルタイムオーダーはFXのエントリーポイントを見つける情報にもなり得ます。その際には目標レートに到達してもすぐにエントリーはせずに「押し目買い」や「戻り売り」が有効です。
大荒れ相場で活きるスキャルピング戦略 スキャルの技術&コツ

コロナ相場でのスキャルピングFXの稼ぎ方

コロナショックが引き起こした大荒れ相場。ボラティリティの高い今のような相場ではスキャルピングの戦略も変わってきます。スキャルと言うより大きなトレンドに乗ったスイング取引に近い形で大きな値幅を狙いましょう。また海外FXの少額&ハイレバ&ゼロカットを活かした大胆なトレードも有効です。
エンベロープを使った逆張りスキャルピング手法 テクニカル分析

エンベロープを使った逆張りスキャルピング手法

逆張りインジケーターの基本とも言えるエンベロープ。逆張りトレードに有効ではあるが、少し頼りないのも事実。そこでエンベロープにもう一つの基準を組み合わせることで精度の高い逆張りスキャルピングを可能にします。スマホでもMT4で簡単に設定できるエンベロープはFX初心者こそ活用すべきインジケーターです。
窓開け&窓埋めFXトレードの戦略とは スキャルの技術&コツ

FX 窓開け&窓埋めトレード戦略<月曜日の朝>

週明けの月曜日はどのような戦略でFXをする予定でしょうか?窓が開きやすい月曜日の朝はスキャルピングで利益をあげるチャンスです。ただし、窓開けや窓埋めを狙うのためにはその特徴や注意点を把握して、収益性をあげる工夫が大切です。こちらの記事では筆者の戦略を含めて細かくご紹介しています。
ワンクリック決済の方法 テクニカル分析

一括決済のカスタマイズ(MT4)はスキャルで必須

スキャルピングをする全てのトレーダーに『MT4で一括決済できるツール「OneClickClose」(ワンクリッククローズ)』の導入をお勧めします。スピード命のスキャルにおいて一括決済は必須です。独自にカスタマイズできる「OneClickClose」をまだ設定していないXMユーザーはこちらを参考に今すぐご設定ください。
2020.12.07
MACDは水平線と合わせてFX相場を読もう テクニカル分析

MACD × 水平線のスキャルピングFXで儲ける手法

MACDは売りと買いの過熱感を見分けるインジケーター。そのMACDをスキャルで使う方法をご紹介。私が使うMACDと水平線との組み合わせは一般的な使い方よりもシンプルで使いやすいため初心者の方にもおすすめです。その具体的なトレード例と注意点をまとめています。
スキャルピングでのRSIの使い方 テクニカル分析

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたスキャルピングFX

買われすぎ・売られすぎを示すインジケーター「RSI」。シンプルであるため、初心者の方にも使いやすい分析ツールだけど信頼性も低いのがRSIです。その問題点を解決するためにはボリンジャーバンドとの組み合わせが必要です。その方法や注意点などを図解を含めご紹介しています。
2021.01.13
タイトルとURLをコピーしました