私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

FXスキャルピングで選ぶべき「おすすめ通貨ペア」

スキャルの基礎知識
このような方にオススメの記事

・FXスキャルピングに最適なおすすめ通貨ペアを知りたい
・通貨ペア選びの注意点やリスクを把握して取り組みたい

本記事のテーマ

FXスキャルピングで選ぶべき「おすすめ通貨ペア」

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届け>

昨今の国内外のFX会社では、豊富な通貨ペアを取り揃えている会社が増えてきました。
私たちはこのたくさんの通貨ペアから自由に選択ができるわけですが、この通貨ペアの選択がとても重要になります。

通貨の中には価格変動が大きいボラティリティが高い通貨、金利が高くスワップが狙いやすい通貨、世界の景気が悪くなってくると買われやすい避難通貨など、それぞれの国の通貨で特徴があります。

スキャルピング取引をする上で、このような通貨の特徴や低スプレットを生かした通貨ペアを取引する事で、より効率のいいトレードができるようになります。

今回はこのスキャルピングでどのような通貨ペアを選ぶべきか、そしてどういった点に注意すべきかをお伝えしたいと思います。

初心者はスプレッドの狭い通貨ペアがおすすめ

国内FXはスプレッドが狭く稼ぎやすい

FXスキャルピングとは短期トレードを繰り返し、小さい差益を積み重ねて利益を上げてく手法です。

こういったトレードの性質上、デイトレードやスイングトレードに比べてスキャルピングはエントリー回数が多くなるため、スプレットが狭いほど稼ぎやすくなります。

そして、このスプレット幅は各FX会社によって開き具合が変わってきます。これは日本の各FX会社の提携しているカバー先の銀行がそれぞれ異なり、さらにはスプレットで見込んでいる収益率も各会社で変わってくるためです。

狙う通貨ペアごとに取引するFX業者を変えるスキャルパーもいる

スプレッド幅の違いや仕組みを利用する

上のようにFX会社ごとにスプレッド幅は違うので、通貨ごとに一番お得なスプレットを提示しているブローカーでFX取引することをお勧めします。

なお、国内FXと海外FXを比較すると国内FXの方が圧倒的にスプレッドは狭くスキャルピングでは稼ぎやすくなります。

これからスキャルピングを始める初心者の方には国内FXがおすすめ

ただし、これらの背景には企業ごとの収益モデル自体に違いがあるため、スプレッドだけで判断してはいけない一面もあります。その辺りの詳しい理由は下記の記事にまとめているので興味のある方はご覧ください。

より有利な条件でスキャルをするには調査や検証が大事!

おすすめ通貨ペアの基準とは

FXスキャルピングで選ぶべき通貨ペアの条件

では実際にどのような通貨ペアを選択すればいのか?についてご説明しましょう。

FXスキャルピングでおすすめの「通貨ペアの条件」は以下の3つです。

1)スプレッドが狭い
2)ボラティリティがある
3)市場参加者(取引をするトレーダー)が多い

上記の条件を満たす通貨ペアは短期トレードでも稼ぎやすくスキャルパーに好まれる傾向にあります。ただし、これらの条件は国によって変わってきます。

国内と海外でも変わる「おすすめ通貨ペア」

日本人はドル円を取引するトレーダーが多いので、日本のFX会社は必然的にドル/円のスプレットを狭くしています。

ただ、世界規模でみると米ドル/円が1番人気の通貨ペアではなく、一番人気の通貨ペアはユーロ/米ドルになります。これは世界では基軸通貨となっている米ドルと、ユーロ加盟国で多数使用されているユーロの組み合わせのため、世界のトレーダーからすれば入りやすい通貨ペアとなります。

結果として、世界のスキャルパーの大半はユーロドルを取り扱い、日本のスキャルパーはドル円を好んで取引をしています。

世界のスキャルパー=ユーロドル
日本のスキャルパー=ドル円

慣れないうちは対円ではない通貨の取引は戸惑うかもしれませんが、慣れれば最もスキャルピング向きな通貨ペアであることが分かると思います。取引通貨ペアの選択肢を広げるのもよいでしょう。

FXを初めてすぐの人は、日本円を証拠金に外貨を売って外貨を買うといった感覚がどうしても掴みずらく、こういった外貨同士の通貨ペアは取引していない方も多いと思いますが、参加者が多い通貨ペアはスキャルピングするには最適です。FXに慣れてきたらぜひ試してみるのもいいでしょう。
私も初めは米ドル/円のみでトレードしていましたが、スプレットの狭さから海外FX会社を経由してユーロ/米ドルの取引を行っています。

ユーロドルの値動きの特徴やスキャルピングでの狙い方を下記の記事でまとめています。ご興味のある方はご覧ください。

通貨ペア毎のスキャルピングの狙い方

ユーロドル

ユーロドルは、日本時間の夕方以降に値動きが活発化する通貨ペアです。特にロンドン市場が開く16時前後と、米国参加者が増える21時以降に値動きが大きくなります。ユーロドルはこれらの時間帯に絞って取引を行うことをおすすめします。

ユーロドルは市場参加者が多いため、不規則な値動きが発生しにくく、テクニカル分析がハマりやすいという特徴があります。そのため、初心者でも比較的扱いやすい通貨ペアとして知られています。

また、ユーロドルはECB(欧州中央銀行)とFRB(米国連邦準備制度理事会)が設定する金利水準の影響を大きく受けます。金利水準の変更後には、トレンドが発生しやすく、このトレンドを狙ってスキャルピングを行えば、高確率で利益を得ることができるでしょう。

ユーロドルの狙い方

・日本時間の夕方以降にトレードする
・政策金利変更後のトレンドに乗る

ドル円

ドル円は、日本円を含む通貨ペアということで、日本時間の参加者が多く、東京時間でもしっかりと値動きすることが特徴です。欧米時間の参加者も多いので、スプレッドが大きく開く早朝以外であれば、いつでもトレードチャンスとなります。

ドル円の値動きは他通貨ペアに比べると穏やかで、初心者向けの通貨ペアといえます。また株式市場と連動する傾向があり、株式市場が堅調な推移を見せている時は、円売りによってレートが上昇することが多くなります。

特に東京時間では、円主導で値動きすることが多くなります。東京市場のオープンに合わせてスキャルピングを行うのは、一つの鉄板パターンといえるでしょう。

ドル円の狙い方

・東京市場のオープン後を狙う
・株式市場の展開を見ながらトレードする

ポンド円

ポンド円は、ボラティリティが高いことで有名な通貨ペアです。ボラティリティが高いため、決して初心者向けとはいえませんが、ロット数を抑えれば安全に取引することができ、むしろ高いボラティリティを活かせられます。

ロンドン時間によく動き、荒い値動きすることもしばしばですが、テクニカル的な節目に絞ってエントリーを行い、損切ポイントをエントリーポイントの近く設定することがポンド円攻略のコツです。

ストップ注文を有効活用してリスクを抑えさえすれば、あとは高いボラティリティが大きなリターンを生んでくれることでしょう。

ポンド円の狙い方

・ボラティリティが大きくなるロンドン時間に狙う
・値動きが荒くなることが多いので、小まめに損切を行う

スキャルピングFX初心者の勝ち方とは

FXスキャルピングはコツコツ小さく儲ける手法

FXスキャルピングの特徴は、大きい差益を狙ってトレードを大振りにするのではなく、淡々と小さい差益を積み重ねることにあります。

利食いと損切のポイントを浅くしておく事で、より勝率が上がるのと同時に損失のリスクも限定される手法とも言えます。

実は「大勝ちもしないけど大負けもしない」のがスキャルピング

初心者の間は、ポジションを持ったのであれば、「スキャルピングとしての値幅」で利益を確定させる事が大切であり、それがリスクを軽減させることにつながります

激動の相場ではテクニカル分析も通用せずにプロでも勝ちづらい

スキャルピングで大きな利益は狙わない

突発的な変動で取れた利益は偶然の産物であることが多いと私は思っています。初心者の方はボラティリティの高さに惑わされず、監視をし続けている通貨ペア・銘柄に集中してコンスタントな利益の積み上げを心がけましょう。

なお、1日の利益は10〜15pipsで十分です。ハイレバレッジでの取引であれば15pipsで資産をほぼ倍にすることも可能です。なので、必ずしも大きな値幅を狙うのではなく、確実なpips数を積み上げることを意識すべきです。

最近はゴールドでのスキャルピングが人気を集めていますが、ボラティリティが高く上級者向きの商品です。最初は無理せずにスキャルピングで大きな稼ぎを狙わないことも重要です。

ゴールドのスキャルピングが人気の理由は下記の記事にまとめています。

トレード手法ごとに複数の口座を使い分ける

リスク分散は通貨ペアごとに実施

仮に、もしこのようなボラティリティの高い相場にもエントリーしたいのであれば、スキャルピング用とは別にデイトレード専用のFX口座を持つことをお勧めします。ポジションを完全に切り分けるのです。

そして、ポジションの保有数量やレバレッジもスキャルピングに比べ少なくしましょう。

これにより多少大きい変動があったとしてもポジションをホールドできるので、メンタル的にも余裕ができます。

通貨ペアごとに変動リスクが違うので一つの口座でまとめてはダメ

なお、海外FXの場合は複数の口座を簡単に持つことができるので、その点でもスキャルパーにとって海外FXは重宝します。また、海外FXにはゼロカット制度もあるので、雇用統計などの指標を狙ったトレードも少ない資金でリスクを限定してトライできます。

スプレッド競争が激しい株価指数もおすすめ

世界中のトレーダーが狙う銘柄や通貨ペアのスプレッドは狭い

海外のFX業者は、通貨ペアだけではなくCFDやコモディティ、貴金属など幅広い取り扱い銘柄があります。

その中でも世界のトレーダーに最も注目され取引される銘柄が「NYダウ」です。

取引量が多い銘柄は業者間での競争力が試されるため、「NYダウ(US30)」や「ナスダック(US100)」など世界の主要指数となるインデックス投資銘柄のスプレッドは必然的に狭くなります。

海外FXであるXMではNYダウのスプレッドが異常に狭い!

また、同様に日経225も国内の証券会社で取引するよりもコスト(手数料&スプレッド)が安い海外FXではハイレバレッジを活かしたスキャルピングも有効です。

サラリーマンにとっては時間的に米国市場がマッチしていますが、専業トレーダーは日中の日経平均でも利益を狙え、また、日経の動きを監視した上で米国市場に入ることで世界の相場動向を肌感覚として把握することができ、勝率を上げる要因になると考えます。

スキャルにおすすめの通貨ペアまとめ

以上のようにスキャルピングでトレードするには相性のいい通貨ペアが存在します。

スキャルピングをするのに低ボラティリティかつ高スプレットの通貨を選ぶ人はいません。
ボラティリティやスプレットがそれぞれ変わってくるため、通貨ペアを選ぶというのは取引手法と同じくらい重要になってきます。

今回述べたようにスキャルピングに適した通貨ペアを選び、相場に流されないスキャルピングを貫く事で、より確実な収益に繋がっていく事でしょう。

スキャルピングにおすすめの海外FX業者

XM TRADING(エックスエム・トレーディング)

スキャルパーほど得する「裏技」のある海外FX

①取引するごとに貯まるXMポイントがスキャル向き
②ボーナスだけでトレードできる唯一の海外FX
③圧倒的な経営基盤と安定したサーバーへの信頼

TITAN FX(タイタン・エフエックス)

スキャル口座のニーズを網羅するスペック

①相場変動時にもスムーズに注文できる約定力
②日本人向けの入金システム&顧客サポート
③ECN方式で手数料は片道3.5ドル「ブレード口座」

TradeView(トレードビュー)

スキャルピング専業トレーダーが選ぶ海外FX

①スキャル口座「ILC」の取引手数料は業界最安
②ボーナス不要の硬派な投資家向きの低スプレッド
③超短期の板情報などスキャルパー向き機能が充実

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました