【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社+1社

スキャルピング向けFX業者3社【おすすめ】

スキャルピング向きFX業者

スキャルピング向けFX業者3社【おすすめ】

取引回数の多いスキャルピングをする上で最も重視されるのがコスト、つまりスプレッドです。スプレッドが狭いほど取引コストは下がり、利益が取れる可能性は上がります。

ただ、私はスプレッドだけが大切だとは考えていません。最終的に利益を残すことがFX取引の目的なので、そのために必要な条件を満たすFX業者3社をご紹介します。

第1位 XM Trading <エックスエム トレーディング>

No1-XM Trading

XM Trading_エックスエムトレーディング

「XM Trading」の推奨ポイント

1)豊富なボーナス&ポイントシステムで一攫千金の大勝負ができる
2)複数ある取引システムで安定した約定環境を整備
3)日本人向けに設計された親切な入出金システム

海外FXの醍醐味となるボーナスによる取引「XMボーナストレード」が魅力

私が1億円を超える資産を築けた主な理由となる「ボーナストレード」は、XMのボーナスとポイントシステムの上で成り立っています。

ハイレバレッジで勝負をしないと資産が何倍にもなる可能性は低いため、大きな資産を持つためにもXMのこのサービスは貴重です。

丁寧なスキャルピングまたはデイトレードで貯めたボーナス&ポイントを使って、リスクオンの勝負をするのが私の資産形成法です。

MT4,5からPC&スマホのブラウザ取引まで初心者にも上級者にも対応する取引システム

XMには幅広い取引ツールが提供されている点も日本人に人気が出た理由かと思われます。

MT4などに慣れていない方もブラウザベースで快適な取引ができます。

なお、システムが不安定な場合も他のツールを使えば注文が通るのでご活用ください。

国内銀行からの送金や迅速な出金対応まで幅広く網羅した入出金のプラットフォームを整備

カード入金が基本とはなりますが、国内の大手銀行からの入金も可能で便利です。

XMは出金トラブルもほとんど聞かないため、信頼できる海外FX企業としての地位を確立しているかと思います。

「XM Trading」のここが残念・(スタンダード&マイクロ口座の)スプレッドが少し広い
・ボーナスが貯まるのがスタンダード&マイクロ口座のみ

ボーナスで一攫千金を狙える「XM Trading」の口座を開設する

 

第2位 TITAN FX <タイタンFX>

No2-TITAN FX

TITANFX_タイタンエフエックス

「TITAN FX」の推奨ポイント

1)業界No1の圧倒的な極狭スプレッド(欧州時間は特に狭く)
2)サクサク注文が通る!リクオート・オフクオートなしの約定力
3)NDD方式を採用するスキャル向き海外FX業者のパイオニア
4)ゼロカット制度を導入&レバ500倍

スキャルピング専用に設計された圧倒的に狭いスプレッド

前身が「Pepperstone」というオーストラリアのFX業者で、安定したシステムと狭いスプレッドで日本のスキャルパーに人気があった業者でした。

豪州の金融ライセンスの問題で日本人向けのサービス提供ができなくなり、新たに設立された業者がこのTITAN FX<タイタン エフエックス>です。

この業者自体はまだ新しい業者ではあるものの、その経営思想は変わらず「常にスキャルピングに最適なシステム設計」を意識したサービスが提供されています。

急変動時に際立つNDD方式のスピーディーな約定力

各社を比べないと分かりづらいため注目度が下がる「約定力」ですが、スキャルピングでは最重要ポイントとなります。

TITANFXはその点で最もスピーディーな約定を体感できるのでスキャルパーの方は一度試してみるべきかと思います。

最大レバレッジ500倍・ゼロカット制度で追証なし!

海外のFX業者でスキャルをするメリットはハイレバレッジです。複数の口座を簡単に持てるTITANFXでは、通貨ごとや時間ごとにリスクを分けたスキャルピングが可能です。

「TITAN FX」のここが残念・出金手数料が掛かる
・大口のスキャルパー向き
・ボーナスがない

今からすぐに取引ができる「TITAN FX」の口座を開設する

第3位 JFX <ジェイエフエックス>

No3-JFX

JFKのホームページ

「JFX」の推奨ポイント

1)国内では数少ない「スキャルピング容認のFX業者」
2)ドル円0.3銭の原則固定スプレッド
3)国内企業である価値としての「全額信託保全」

スキャルOK&誠実なオファーを安定して提供し続ける

まずスキャルピングをNGとする業者が日本には多く存在しますが、これらはインターバンクと直結していない業者またはインターバンクに注文すら通さない業者である可能性が高いと考えてください。

世界の標準であるNDD方式を採用しているJFXのレートをその他の国内FX業者のレートを比較観察すると、JFXが誠実なレートを提示していることに気づくと思います。

NDD方式だから実現できる狭スプレッド

国内FX業者の競争が激化したことで、スタンダードになりつつある「ドル円0.3〜0.5銭」ですが、やはりこれはすごいことです。

リスクがあるFX事業を薄利で展開し続けている点で、個人的には応援したい業者です。

大きな資金を運用する方には安心の信託保全

今まで信託保全で資産返還された事例はまだ聞いたことがありませんが、国内FX業者の魅力は企業破綻時の安心感ですね。

「JFX」のここが残念・サポート体制が24時間ではない
・知名度が低く信頼面で少し不安

国内のFX業種で最高のスキャル環境「JFX」の口座を開設する

タイトルとURLをコピーしました