【書籍プレゼント付き】海外FXランキング!2019年度版

ロンドンフィックスとは?値動きの特徴やトレードへの活かし方

ロンドンフィックスとは?値動きの特徴やトレードへの活かし方 スキャルの基礎知識
このような方にオススメの記事

・深夜に為替の値動きが激しくなる理由が知りたい方
・ロンドンフィックスを狙ったトレードで利益を狙いたい方

本記事のテーマ

ロンドンフィックスとは?値動きの特徴やトレードへの活かし方

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

為替相場が大きく動く時間帯はほぼ3つに絞られます。世界最大の為替相場であるロンドン市場が開く時間(16時〜)以降、そして世界最大の株式市場であるニューヨーク市場が開く時間以降(22時〜)、そしてロンドンフィックスと呼ばれる日本の深夜の時間(24時)です。

このロンドンフィックスとは何で、どのようにトレードに活かすべきかをご紹介します。

ロンドンフィックスとは

ロンドンフィックスはロンドン市場における仲値決めの時間のことで、ロンドンフィキシングとも呼ばれています。

東京市場にも午前9時55分に仲値決めの時間があり、午前10時前の15分から5分までの時間帯は米ドル日本円のレートがその影響を受けます。仲値を決めるのが東京市場が市場の取引開始から1時間以内であるのに対し、ロンドン市場ではロンドン市場の取引終了間際となっています。

ロンドン市場の取引時間は日本時間の16時から24時(夏時間)、または日本時間の17時から25時(冬時間)です。夏時間24時、冬時間25時のロンドンフィックスを意識してか、日本時間の23時頃や24時頃を過ぎた頃に大口の注文が入り値動きが大きくなりがちです。

また、この時間帯はニューヨーク市場の前場とも被っているので、ロンドンのトレーダーとニューヨークのトレーダーの攻防が激しくなることや、ニューヨーク株式市場や米国の経済指標の結果なども関係して大きく値が動きます。

市場参加者が最も多く、変動要因も増えるためにロンドンフィックス前後は値動きが激しくなる傾向に。

それまで全く動意のなかった外国為替市場がロンドンフィックスの前後だけ激しく動き、その後は何も無かったかのようにもとの動意のない相場環境となることもよくあります。

ロンドンフィックスの値動きの特徴

ロンドンフィックスの値動きの特徴は、その前後の時間帯に大きくて急速な変動が生じることです。

値動きが見込める意味でチャンスと言えますが、重要な経済指標の場合のような火柱(急激な上昇)、ナイアガラ(急激な下落)が見られる通貨ペアもあります。

ロンドンフィックスの値動きの例

ロンドンフィックス値動きの例
この図は2019年1月15日のポンドドルの1時間足チャートです。上はローソク足、下は米ドルおよびイギリスポンドの通貨強度です。ロンドンフィックスの前後だけ相場が激しく動き、それ以外の時間は殆ど動きがないといった相場環境の典型例です。

ロンドンフィックスまではニューヨーク市場の取引開始を境にイギリスポンドが激しく売られていて、そのまま大きなトレンドとなることを見越してポジションを整理せず放置していると急上昇で酷い目に遭うといったパターンで、いわゆる「行って来い」の状態ですから、移動平均線を頼りにトレードする順張りトレーダーには最悪な相場です。

ロンドンフィックスはトレンドを確認してテクニカルを駆使して順張りでトレードするという基本的な戦略が通じないことがよくあり、世界の百戦錬磨のトレードの強者が集う時間帯であることもあって個人がトレードに参加してそれなりの結果を残すにはそれなりの工夫が求められます。

ロンドンフィックスは大英帝国時代の名残

ロンドンフィックスのロンドンはロンドン市場、フィックスは値決めのことを意味します。

ロンドンフィックスは貴金属の金の値段を決めることに関連し、金はドル建てで取引するのが通常であるため、ドルの需給関係を通じて為替相場に影響を与えるということとなります。

大英帝国の時代、金などの貴金属やダイヤモンドなどの宝石はロンドンに集められ、それらの価格はロンドン市場でに決まっていたことにも由来します。大英帝国が支配するアフリカの植民地で産出された金を、金の需要が常に高い中国やインドに売りさばく際にロンドンが中継地となっているからと言われています。

ロンドンフィックスで注意すべきこと

ロンドンフィックスとは?値動きの特徴やトレードへの活かし方

ロンドンフィックスで注意すべきことは、その前後の時間帯に予想とは逆に強いトレンドが生まれたやすいと点です。そういった場面では、素早くポジション整理を行うことをお勧めします。

特に、ヨーロッパ系通貨のユーロやポンドは激動する場合もあるので注意が必要です。それまでのトレンド感の逆をいき、大きな転換点となることが多いのもロンドンフィックスの特徴です。

取引量が多いユーロはまだしも、ポンドをトレードすることは上級者向けの時間帯=ロンドンフィックスであると考えましょう。普段よりロット数を落としてトレードする分にはいいのですが、フルレバレッジで相場に挑むと危険です。ポンドは「暴れ馬」「殺人通貨」とも呼ばれており取り扱いを間違うとかなり痛い目に遭うこともあります。

■関連記事:

初心者トレーダーの方は23時頃までに手仕舞いして、その後の値動きを観察して学ぶことをお勧め。

大きなポジション調整が行われやすい金曜日の深夜やブレグジット関連の新しい情報が発表されそうな日のロンドンフィックスは特に注意したいところです。また取引しているFX業者の中には急激な値動きでスリップして約定しなかったり、スプレッドが急に広くなる場合がありますのでそちらも注意したほうがいいでしょう。

ロンドンフィックスを意識したFXトレード

ロンドンフィックスを意識したFXトレードとしては、それまで保有していたポジションをいったん整理し、相場の値動きの変化を監視しつつ短期保有の成り行き注文を軸にしたスキャルピングでトレードすることが有効です。

プライスアクションを軸にしたトレード

ロンドンフィックス前後の時間帯に大きくて急速な変動が生じることはリスクである反面、大きなリターンを得られるチャンスとも言えます。

ただし、通貨ペアによっては値動きの急激な変化によってテクニカルが効かない場合があるので、プライスアクションに注目したスキャルピングでトレードしたいところです。

この場合、ローソク足のヒゲや形、並びなどでトレードすることになり、トレードにおける判断も瞬時に行うことになりますのでトレードとしてはやや難易度が高くなると言えるでしょう。

値動きが激しくスキャルで稼ぎやすい時間帯ではあるが、スキャルの高い技術が求められる時間帯でもある。

イギリスポンドやユーロをあえて回避

また、ロンドンフィックスの名のとおりポンドやユーロが主役となりますが、FX初心者やスキャルピングに慣れていない方は避けた方が良いかもしれません。ポンドやユーロの急速な値動きを狙うのではなく、それらの通貨の値動きに追随して動く通貨ペアを狙うのも一つの方法です。

例えばオーストラリアドルやカナダドルはポンドに追随して動くことが多い通貨です。オーストラリアやカナダの国家元首は現在もエリザベス女王で、かっての大英帝国のつながりがあるのかもしれません。1つの通貨が大きく動けばその影響から他の通貨が後追いで動くことはよくあります。

まとめ

ロンドンフィックスは冬時間の場合は現地時間16時(日本時間午前1時、ニューヨーク時間午前11時)、夏時間の場合は現地時間15時(日本時間0時、ニューヨーク時間午前10時)にあたり、日本では日を跨ぐ時間にはなりますが、ロンドンフィックスの前後の時間帯はトレードチャンスとなることが多いです。

ロンドンフィックスの時間は日本の普通のサラリーマンの方は就寝を始める、または就寝している時間ですが、兼業の方でも翌日の仕事に支障の無い範囲で夜更かしすればトレードができる時間帯だと思います。ただし安易な気持ちで参入すると酷い目に遭うことになるのでそれなりのトレード経験や技術が必要かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました