私がスプレッドが広いXMでスキャルピングをする理由

ビットコイン暴落<仮想通貨のショート戦略>|2022年9月更新

仮想通貨を取引するなら
このような方にオススメの記事

・ビットコイン下落の背景を知りたい方
・ビットコイン下落を活かして稼ぎたい方

本記事のテーマ

ビットコインの暴落中はショート戦略一択!

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

ビットコインは、2021年11月の最高値から、わずか約7ヶ月で6割以上の暴落を記録しました。しかし、そんな相場でも稼げる可能性を秘めているのが「ショート(空売り)戦略」です。

今回の記事では、ビットコインの歴史や暴落の背景、暴落中におけるショート戦略の有効性について解説していきます。ショート戦略で勝つためのコツやおすすめの仮想通貨取引所のご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコイン暴落の歴史

ビットコインの誕生

ビットコイン誕生のきっかけは、2008年に「サトシ・ナカモト」を名乗る人物によって提唱された論文です。その論文に興味をもった開発者たちが、分担しながらビットコインの開発を進めました。

誕生当時のビットコインの価格は1円以下でした。そのため、ビットコインが初めて取引を成立させたのは「ピザ」といわれています。2010年、アメリカに住む男性が1万ビットコインでピザを2枚購入しました。現在では約282億円相当となります。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

ビットコインは世界で最初に誕生した仮想通貨だ!

ビットコインの全盛期

2011年に1BTC=約1,000円を記録して以降、ビットコインは着実に価格を伸ばし続けました。最高値を記録したのは、2021年11月で、日本円に換算すると1BTC=約776万円でした。

2021年の価格高騰の背景には、以下のような出来事が影響しています。

ビットコイン高騰に影響を与えた出来事

・テスラ社がビットコインの購入を発表
・エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨化
・アメリカで初めてビットコイン先物ETFが上場
・フェイスブック社が社名を「メタ」に改名
・NFTアートが約75億円で落札

当時はこのまま1BTC=1,000万円を突破するという見方もありましたが、バブルは長く続きませんでした。

ビットコイン暴落の始まり

2021年11月の最高値更新の直後、ビットコインは急速に価格を落とします。2021年6月には、1BTC=約270万円となり、わずか約7ヶ月で6割以上の暴落を記録しました。

価格は一時的に持ち直したものの、その後もさらに急落して低調な値動きが続いている状態です。2022年9月には、1BTC=約280万円となっています。

また、現在、アメリカや欧州諸国では、ビットコインの電力消費問題が大きな非難の対象となっています。大量の電力を消費するというビットコインの欠点は、「SDGs」や「脱炭素」の実現が進められる現代と逆行するため、長期的な下落の最大のポイントともいわれています。

スキャルピングFX大辞典_不安なお兄さん

下落がいつまで続くのか、今後の動向には注目だね

ビットコイン暴落の主な要因

暴落の主な6つの要因

・電力を大量に消費するエネルギー問題
・アメリカや中国の規制強化
・株式市場や為替市場の暴落
・ハッキング被害
・急騰後の反動
・著名人の発言

電力を大量に消費するエネルギー問題

ビットコインにはネットワークを維持するため、24時間365日休むことなく世界中のマシンが使われています。ある研究結果では、ビットコインの推定電力消費量は、ノルウェーの年間消費量よりも多いという報告もあります。

近年取り組まれているSDGsの取り組みの1つに「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」という目標があります。つまり、現在のビットコインは時代の流れと逆行するものであり、長期的には最大の下落要因となりえます。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

電力消費問題は、規制強化やインフレなどの外圧的要因ではなく、ビットコインそのものの問題だから、下落の最大のポイントだ!

アメリカや中国の規制強化

電力消費問題による大国の規制によって、ビットコインの流通量が減少すると、仮想通貨市場の縮小を警戒して価格がさらに下落するといわれています。

また、大国の規制強化は電力問題という背景からだけではありません。例えば、2017年に中国政府が仮想通貨取引を全面的に禁止すると発表しました。また、2021年5月にも中国政府が金融機関に対し、仮想通貨に関するサービスやマイニングの禁止を通告しました。これらの出来事は、ビットコイン急落の大きな要因となっています。

株式市場や為替市場の暴落

投資にマイナス要因となるニュースや出来事があると、リスク回避のために市場から資金が抜ける傾向があります。そのため、株式市場や為替市場の暴落は、仮想通貨市場に連動します。

一例を挙げると、2022年に起きたロシアのウクライナ侵攻の際は、株式市場が乱高下を繰り返しました。時を同じくして、ビットコインの価格も約8%下落しています。

ハッキング被害

仮想通貨のハッキング被害は、仮想通貨市場全体の暴落の原因となります。信用や安全性は、投資先を決める1つの重要な要素です。

ハッキング被害流出通貨被害総額
2014年マウントゴックス社ビットコイン・現金約470億円
2015年Bitstampビットコイン約5億円
2016年The DAOイーサリアムクラシック約65億円
2016年Bitfinexビットコイン約65億円
2018年コインチェックネム約580億円
2022年スカイ・メイビスイーサリアム約770億円

また、2022年には、人気NFTゲーム「Axie Infinity」の運営会社「スカイ・メイビス」が、約770億円のハッキング被害にあったことを発表しました。仮想通貨のハッキング被害としては過去最大級となり、発表後は一時的に市場全体で価格が下落しました。

急騰後の反動

ビットコインに関わらず投機や投資対象は、価格が急騰する後、反動で暴落する場合があります。価格が下がる理由には、投資家心理が影響しています。

急騰中の投資家心理

・そろそろ価格が下がるかもしれない
・一定の利益を確保しておきたい
・マネーゲームに左右されたくない

上記の投資家心理から全体的に「売り」が先行した場合、価格は下落します。

著名人の発言

影響力のある著名人の発言によって、価格が暴落した事例もあります。

2021年5月、テスラCEOのイーロン・マスク氏が、テスラ車購入時のビットコイン支払いを受け付けないと発表しました。撤回の理由は、後述する環境問題への影響を懸念したためです。

同年3月にビットコインの支払いを受け付けると発表してから、わずか2ヶ月での撤回となり、市場は混乱してビットコインは約1万ドル急落しました。

大国の規制強化・大企業の受付停止の背景にあるのは、やはりビットコインが大量の電力を消費するからだ…

今後もビットコインは暴落するか?

今後の注目ポイント

・電力消費問題の解決
・利便性や信頼性の向上
・大企業や機関投資家の動向
・大国による規制緩和

電力消費問題の解決

環境問題となっているビットコインの電力消費問題は、解決方法が模索されています。特に「SDGs」や「脱炭素」の実現が進められる中、流れに逆行するビットコインへの批判は無視できません。

特にアメリカや欧州諸国では、ビットコインの電力問題は致命的だと捉えられているため、最高値の1/10の価格まで下落するという強い見解があることも事実です。

現在、ビットコインは、再生可能なエネルギーの活用で問題解決を図るなど、取り組みが進められています。しかし、ビットコインの性質上、電力消費量を抑えることが技術的に困難なことは明白なので、環境問題にセンシティブなアメリカや欧州諸国でのビットコインへの期待と信頼回復は難しいとされています。

長期で見れば最高値の1/10の価格まで下落することもありえる!

利便性や信頼性の向上

今後、ビットコインの利便性や信頼性が向上すると、国や組織がビットコインを積極的に取り入れる可能性があります。なぜなら、ビットコインのメリットは、国や組織が抱えている問題解決の糸口になるからです。

例えば、ビットコインのメリットの1つに「国際送金の手数料が安い」ことが挙げられます。ビットコインを法定通貨として定めたエルサルバドルのように、国外への出稼ぎが多い国にとっては、国際送金の手数料の高さは大きな問題となっています。

そのため、問題解決の手段としてビットコインは非常に利便性が高い通貨といえるのです。

大企業や機関投資家の動向

仮想通貨市場にとって影響力のある組織の動きは、随時チェックする必要があります。特に、資金力が豊富な大企業や機関投資家の動きには要注意です。

投資や開発に資金を投入すると発表があると、投資家の期待は高まり市場価格は上昇する傾向があります。一方、テスラのように大企業が撤退を表明すると、リスク回避の流れが増え市場は混乱します。

スキャルピングFX大辞典_お兄さん

仮想通貨全体の価格は、ハッキング事件が起こると下落して、大企業が開発に関与すると上昇するんだんね!

大国による規制緩和

アメリカや中国などの大国が仮想通貨をどのように捉えてるかは、仮想通貨市場に大きな影響を与えます。人口が多く経済力の強い国ほど、市場での存在感が大きいからです。

これまで大国が発表した主な規制は以下の通りです。

発表年内容
中国2017年国内の仮想通貨取引を全面的に禁止を発表
中国2021年国内の仮想通貨に関するサービスやマイニングの禁止を通告
インド2021年仮想通貨を禁止する法案を提出
アメリカ2021年仮想通貨業界に関する大統領令に署名

大国が規制緩和の流れに傾くと、流通が盛んになりビットコインの価格は上昇します。そのため、今後も大国の動きに注目が必要です。

電力の大量消費という一度ついたネガティブなイメージを払拭するのは困難だから、しばらく現物取引は控えるのがオススメ!

ビットコイン暴落に有効な3つの対策

暴落中に有効な対策

・情報収集や分析を積極的に行う
・少額購入や積み立てで様子を見る
・NFTアートやNFTゲームも視野に入れる

情報収集や分析を積極的に行う

ビットコインはボラティリティが高い資産であるため、常に情報のアップデートが必要です。「保有したまま放置していたら暴落に巻きこまれた」ということがないよう、資産管理の体制を整えましょう。

また、市場分析を取り入れることは、資産を守る技術としても役立ちます。他人の意見に惑わされず、自分でしっかりと分析した上で運用するよう心がけましょう。

少額購入や積み立てで様子を見る

大損をして一気に資産を失うことがないように、小さく投資を始めるという選択肢もあります。

例えば、まず少額のビットコインを保有し、トレードする中で得た経験をもとに運用方針を決定するというやり方がおすすめです。小さく始める投資であれば、自分のリスク許容度にあわせて方針を決められるため、初心者の方にも最適といえます。

また、積み立て投資のような時間的分散も、暴落に強いといわれています。長期的に見ると全体の購入金額の差が小さくなるため、長いスパンで分割して投資を進めると良いでしょう。

NFTアートやNFTゲームも視野に入れる

ビットコイン以外の資産に投資して分散を図る方法もあります。特にNFTアートやNFTゲームは、多くがイーサリアムをベースに開発されています。

アートやゲームは、ファンやプレイヤーがいる限り価値がつきます。そのため、市場の動向とは別の価格決定要素といえるでしょう。分散投資の1つとしてNFTへの参入を検討してみることもおすすめです。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

いずれにしても、ビットコインは全ての仮想通貨の価格に影響を与えるから、最新ニュースには要注目だ!

ビットコイン暴落時に仮想通貨のショート(空売り)が有効な理由

仮想通貨のショート(空売り)とは?

仮想通貨のショート(空売り)とは「先に売って後で買い戻す」という投機手法です。通常の現物取引などとは異なり「売り」から入るのが特徴といえます。

仮想通貨のショートは、外国為替取引のFXでいう売りエントリーとまったく同じです。

まず、ショートの基本的な流れを解説します。

❶自分が預けている資産を担保に、仮想通貨取引所から仮想通貨を借りる
❷借りた仮想通貨をすぐに売却する
❸一定期間後に売却したのと同じ量の仮想通貨を買い戻す

上記の❶〜❸はセットとなっています。つまり、取引所と「後で返すので、貸してください」という契約を結ぶのです。そして、借りている間に利益を稼ぐために「高く売って安く買い戻す」状態を目指します。

ショート(空売り)の計算シミュレーション

実際に稼ぐ仕組みを分かりやすくシミュレーションしてみましょう。

ビットコインのレートが、1BTC=200万円から1BTC=150万円に下がった場合を仮定して計算します。先述した流れに、数字を入れて見てみましょう。

❶自分が預けている資産を担保に、仮想通貨取引所から1BTCを借りる
❷1BTC=200万円の時に、1BTCを売却する
❸1BTC=150万円の時に、1BTCを買い戻す

上記の場合、売却時と購入時の差額の50万円が手元に残ります。つまりショートとは「仮想通貨の価格が下がる」と予想したタイミングで参入する手法ともいえます。

スキャルピングFX大辞典_博士OK

暴落中に大きく稼ぐならショートの順張り一択!

仮想通貨のショート(空売り)のメリット

暴落中の相場でも稼げる

先述の通り、ショートとは参入時点から仮想通貨の価格が下落した場合も稼げる手法です。そのため、暴落中の相場はショートのチャンスとなります。今後も仮想通貨の価格が下がり続けると予想するのであれば、ショートで参入して価格が下落したタイミングで買い戻しましょう。

ショートを選択肢に含めることで、現物取引のみしている場合と比較して取引のバリエーションが増え、利益を得るチャンスを増やせます。

レバレッジをかけられる

レバレッジ取引ができることもショートのメリットの1つです。レバレッジを活用すると、少ない資産でも大きな取引に挑戦できます。

例えば、海外の仮想通貨取引所のBybitの場合、BTC/USDTなら最大100倍のレバレッジ取引が可能です。

ただし、レバレッジ取引は通常の取引に比べてハイリスクハイリターンの性質があるため、資産管理には注意が必要です。

比較的短期間で利益が出せる可能性がある

ショートは、短期間で大きな利益が出せる可能性がある点もメリットといえます。なぜなら、ビットコインはたびたび暴落しており、暴落直後はショートのチャンスといえるからです。

例えば、仮想通貨市場にとってネガティブなニュースが出たタイミングは、ショートに適しているといえます。日頃から最新の情報を取り入れ、市場の流れに乗ることが重要です。

スキャルピングFX大辞典_お兄さん

いつまで下落が続くのかの見極めが重要だね!

仮想通貨のショート(空売り)のデメリット

上昇相場では損失が出る可能性がある

上昇相場においては、ショートのメリットは機能しません。「安く売って高く買う」状態となり、含み損を抱えてしまいます。

相場の流れを正しく見極め、参入のタイミングを図ることが重要です。

取引時に証拠金が必要になる

ショート取引の際は、必ず証拠金を預けなくてはなりません。また、証拠金の額によってショートでの取引可能金額が変動します。

なお、証拠金と取引可能額の比率は、仮想通貨取引所や仮想通貨によって異なります。そのため、事前に利用予定の取引所の情報を把握した上で、いくらまで運用するか計画を立てておくことがおすすめです。

ロスカットされる可能性がある

ロスカットとは、ショートで損失が膨らんだ際、一定のラインを超えた時点で強制的に損切りとなる仕組みのことです。ロスカットには、支払い能力以上の損失から投資家を守る狙いがあります。しかし、投資家から見ると一方的に損切りされてしまい、資産を失う縛りという側面もあります。

ロスカットの基準は取引所によって異なるので、注意が必要です。

追加証拠金(追証)を求められる可能性がある

追加証拠金(追証)とは、証拠金の維持率を取り決めの水準まで戻すための追加入金のことです。決済前に含み損が出ている状態で、取引所と取り決められた証拠金の維持率を下回った場合に発生します。

追証を回避するためには、海外の仮想通貨取引所の利用が有効です。なぜなら、海外の取引所では多くが「追証なしのゼロカットシステム」を採用しているからです。

「ゼロカットシステム」とは、追加証拠金の発生を防ぐための機能で、証拠金以上の損失を取引所が負担する仕組みです。借金のリスクを気にせずに取引をしたい方には、海外の取引所がおすすめです。

スキャルピングFX大辞典_博士◯

国内取引所だとレバレッジが低くて大きく稼げないし、追証ありで借金を負うリスクもあるから、海外取引所の方が断然オススメ!

仮想通貨のショート(空売り)で稼ぐコツ

下降トレンドに乗る

下降トレンドとは、仮想通貨市場の流れが全体的に下がり基調である状態を指します。例えば、2021年11月の場合、ビットコインが最高値をつけたことが転換点となり、市場は下降トレンド入りしました。

下降トレンドを読み切ってショートで参入できると、大きな利益を稼げる可能性があります。市場の動きは非常に早いので、流れに乗るためには正確な情報収集能力が必要です。

下げ要因になるニュースが流れた時を狙う

仮想通貨市場にとって下げ要因となるニュースが出た直後は、ショート参入の狙い目といえます。価格が下がる前に利益確保に動く「売り」が先行する可能性があるからです。

例えば、2021年にイーロン・マスク氏がビットコインについて発表した事例をみていきましょう。大企業の撤退は市場にとってマイナス要因と捉えられ、発言後のビットコインは急落しました。

新しい下げ要因の情報が出た際は、投資家の反応を正確に予測してチャンスがないか検討してみましょう。

海外の仮想通貨取引所を利用する

海外の仮想通貨取引所には、国内の仮想通貨取引所と比べて投資家を守る機能が充実しています。リスク回避機能の代表例が「追証なしのゼロカットシステム」です。

国内の取引所の場合、「追証なし」が法律によって禁止されています。そのため、資産以上の含み損が発生した場合の精算は自己負担です。

一方、海外の取引所はほとんどがゼロカットシステムを採用しています。リスク回避の安心材料の1つになるといえるでしょう。

スキャルピングFX大辞典_博士指し棒

仮想通貨にとってネガティブなニュースがあった直後は空売りのチャンス!

ビットコイン暴落にも強い海外取引所おすすめ5選

Bybit

Bybit(バイビット)

ショート取引対応
最大レバレッジ100倍
ゼロカットシステムあり

Bybit(バイビット)は、完全日本語対応でサポートが充実している仮想通貨取引所です。世界有数のユーザー数を抱えているため、流動性の観点から他の取引所よりも「売れやすく、買いやすい」というメリットがあります。

また、銘柄の取り扱い数が豊富なので、新しい仮想通貨のトレードを行う前は、まずはBybitに取り扱いがあるか確認するといった使い方もおすすめです。特に初心者の方は、口座を持っておいて損のない取引所といえるでしょう。

Bybitの公式ホームページへ

XM

XM(XMTrading)

ショート取引対応
最大レバレッジ250倍
ゼロカットシステムあり

XM(XMTrading)は、取引手数料が無料の仮想通貨取引所です。また、完全日本語対応でサポートの体制が整っているため安心して利用できます。

XMには他の取引所に比べて、口座ボーナスや入金ボーナスが豊富という特徴もあります。そのため、ボーナスのみでリスクなく仮想通貨を取引できます。その他にも期間限定ボーナスや友人紹介プログラムなども用意されているため、まずは無料で口座開設しておくことがおすすめです。

XMの公式ホームページへ

Binance

Binance(バイナンス)

ショート取引対応
最大レバレッジ125倍
ゼロカットシステムあり

Binance(バイナンス)は、世界最大級の取引量をもつ仮想通貨取引所です。ショート取引に対応する銘柄が多いため、ビットコインの暴落時にも取引のチャンスを逃しません。日本語にも対応しており、初めての方にもおすすめの取引所です。

取引ツールは特に情報が分かりやすく整理されているので、初心者から本格的なトレーダーまで幅広く支持されています。情報収集を補助する役割として、口座開設しておくのもおすすめです。

Binanceの公式ホームページへ

FXGT

FXGT

ショート取引対応
最大レバレッジ1,000倍
ゼロカットシステムあり

FXGTは、取引所の中でもトップクラスの最大レバレッジ1,000倍を提供する取引所です。新規登録や初回入金時にはボーナスも獲得できます。

ゼロカットシステムも採用しており、もしもの時も資産以上の含み損を抱える心配もありません。少ない資産を大きく増やせる取引所を探している方におすすめです。

FXGTの公式ホームページへ

CryptoGT

CryptoGT(クリプトGT)

ショート取引対応
最大レバレッジ500倍
ゼロカットシステムあり

CryptoGT(クリプトGT)は入金や出金、レバレッジ手数料が無料という特徴をもつ仮想通貨取引所です。人気のビットコインやイーサリアムを最大500倍のレバレッジで取引可能です。

また、円やドル以外を含む60以上の通貨ペアを提供しています。外貨を幅広く保有している方は口座を開設しておくと利便性があるといえるでしょう。

CryptoGTの公式ホームページへ

ビットコイン暴落のまとめ

過去の歴史から分かるように、ビットコインは暴落を繰り返しながら今日まで発展してきました。現物取引のみであれば、辛抱強く価格が戻るのを待つしかありません。

今後のビットコインの最大の課題は電力消費問題、数年内に解決することは難しいとされているため、電力問題が長期的な下落要因となることは避けられないでしょう。

しかし、暴落の際にもショート戦略なら、稼げるチャンスは大きく広がります。みなさんもぜひショート戦略を仮想通貨トレードの選択肢に加えてみてください。

スキャルピングFX大辞典_博士OK

下落中に大きく稼ぐなら今がチャンス!

タイトルとURLをコピーしました