ライントレードFX④トレンドとの付き合い方

ライントレード_トレンドとの付き合い方
ライントレード

ライントレードとは④
トレンドの付き合い方

トレンドの状況を読み
安易なエントリーを行わないように

勝つ投資家は、チャートを見てエントリーのタイミングを丁寧に見図ります。強いトレンドが発生しているかどうかを判断するため、「主要トレンドを作る3つのステップ」のどの段階にあるかをチェックしてください。

トレンドライン
トレンドライン
■ トレンド下降時のレートの位置

①チャートが下降トレンドラインの下=下降トレンド中
②チャートが下降トレンドラインの上=下降トレンドの終了を示唆

「レートが上昇トレンドラインの下=下降トレンドの開始」ということではない。

「ダウ理論」&「ライントレード」を学ぶ上での注意点

①「主観的にラインを引く」という行為を行わない

世界のトレーダーが意識する「ライン」は一定の法則が働きます。自分の都合がよいラインを引かずに常に客観的に評価しましょう。

②アルゴリズムトレードの影響を考慮する

機関投資家がシステムによって高速取引を行うアルゴリズムトレードの台頭によりラインが一時的に価値を発揮しない場面も発生。

③限月がある銘柄は失効ごとにチャートをリセット

先物取引などで限月を迎えたチャートは過去のチャートが遮断されるので、失効された時点で新規ラインを引き直す必要が。

トレード手法とチャートの時間軸

分析をするチャートは
トレード手法に合った時間軸のみで

どの時間軸にも対応できるテクニカル分析だからと言って、複数の時間軸チャートを分析するのは間違い。

複数の時間軸チャートを見ると迷いが生じる場合があります。ライントレード初心者の方は、それぞれのトレード手法に合った時間軸のみをチェックして、適切なトレンドラインを見極めましょう。

トレードスタイルと適切な時間軸チャート
スキャルピング
デイトレード
スイングトレード
ポジショントレード
長期保有

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。4年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る