ライントレードFX②トレンドの継続&転換の条件

ライントレード_トレンドの継続&転換の条件
ライントレード

ライントレードとは②
トレンドの継続&転換の条件

トレンドラインの見方と判断

適切なラインさえ引ければ
トレンドの判断はセオリー従えば大丈夫

時間軸に関わらず、ラインを引くルールはすべて同じ。

適切な最安値ポイント(または最高値ポイント)を見極めてラインが引ければ、ライントレードはある意味で機会的な取引となります。

チャートと触れる場面を増やし、ラインを自然と引ける力を身に付ければ、あなたもライントレーダーの仲間入りです。

基礎的な引き方
トレンドライン
■ 上昇トレンド時のラインの引き方

①チャート上で最安値を見つける
②目立つ安値を見つける
③最安値と目立つ安値をラインでむすぶ

■ 下降トレンド時

①最高値を見つける
②目立つ高値を見つける
③最高値と目立つ高値をラインでむすぶ

応用的な引き方

チャート上に引くトレンドラインの本数は1本ではありません。

最安値から引いたラインよりも機能しそうなラインがあれば、そちらを重視する場面もあるので、その見極めも重要となります。

トレンドライン
■ 上昇トレンド時のラインの引き方

①チャート上で目立つ最安値を見つける
②次に目立つ安値を見つける
③2つの安値をラインでむすぶ

■ 下降トレンド時

①目立つ高値を見つける
②次に目立つ高値を見つける
③2つの高値をラインでむすぶ

「引かない」という判断も必要

急激な相場の変動があった場合、判断が難しい場合があります。

新しいトレンド発生の転換点なのか、または一時的な反応だけで元のトレンドに戻るのかを焦らずに様子を見れる姿勢も重要になります。

トレンドライン

トレンドラインが引けない、または引きづらいチャートの場合は
無理に引かずに待つことも重要です。

トレンドラインは投資家の意図が集中した結果。 価値あるラインを引けるセンスを手に入れたい。
チャールズ・ダウ
Charles・Dow

ザラ場が存在する銘柄の場合、ダウ理で参考とする値は「終値」のみ。 デイトレード以外は、日中の高値や安値を基点としないのがルール

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。4年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る