【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社【おすすめ】+1社

ヘッジファンドの「ストップ狩り」はスキャルパーの儲け時

スキャルピング_ストップ狩り スキャルの技術&コツ
このような方にオススメの記事

・FXで大きく儲けるポジション取りのタイミングを知りたい
・ヘッジファンドやFX会社が利益を稼ぐビジネス手法が気になる

本記事のテーマ

ヘッジファンドの「ストップ狩り」は儲け時

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

  突然ですが、FXは株と違いインサイダー情報がありません。 プロも個人投資家にも情報格差が少ない、平等な投資環境だとも言われます。

だが、本当はFX市場も「ヘッジファンド」と言う名の大口投資家に支配され、市場をコントロールされています。

※ヘッジファンド=機関投資家や富裕層等から私的に集めた資金を、デリバティブや空売りを含めた様々な手法で運用する基金や組織のこと。

スキャルピングを採用する投資家は、このような大口投資家の動きによる損失は受けづらい方ですが、このような事実を知ることは非常に重要です。 ヘッジファンドの手口を把握し、彼らの「養分」とならないように注意しましょう!

マーケットを意図的に動かすヘッジファンドとは?

FX関連のニュースで「マクロの買いが出た」「モデル系の売りが出た」という言葉を見ることがありますが、それらはすべてヘッジファンドのことを指します。 「ヘッジファンド」は、さまざまな投資手法を用いてリターンを追求しているのです。 世界のヘッジファンドの運用額は3兆ドルに達しており、市場関係者だけではなく個人投資家もその動向を注視する必要があります。 ヘッジファンドはその膨大な資金力で相場を一方向に決めて、継続的な買い・売りを行うことで数ヶ月に渡る大相場を作るのが彼らの常套手段となります。  

ヘッジファンドの戦略ストップ狩り

当然、これ以外にもさまざまな戦略がありますが、最近、為替市場で注目されるのが「ヘッジファンドによるストップ狩り」と呼ばれる相場です。

アルゴリズムを使用したシステム取引を行うファンドは資金の流れを瞬時に読み取り短期的な相場を作り上げてきます。

皆さんも、マーケットが突然、短期間のうちに一方向に大きく動く場面に遭遇したこともあると思います。

たとえば、現在の為替レートが1ドル=112円だとしましょう。 ここから徐々に円高が進み、1ドル=110円を割り込んだ途端、一気に109円、108円、107円というように円高が加速していくイメージです。

<個人投資家のポジションを誘導>ヘッジファンド ストップ狩り

 

もちろん、なかには純粋にマーケットの動きによって、ドル売りが加速するケースもありますが、意図的に売りを仕掛ける連中もいます。これがヘッジファンドの「ストップ狩り」と呼ばれる戦略です。

たとえば、1ドル=108円にストップロスの売りが大量にあるとしましょう。 これは、ドルを買っている投資家が、1ドル=108円になったところで、これ以上の損失を被らないようにするため、リスクヘッジとして置いてある売り注文です。

<投資家の思惑とは逆のトレンドを形成>ヘッジファンド ストップ狩り

現在の為替レートが1ドル=110円前後で推移している場合、ヘッジファンドはドルを大量に売り浴びせ、力業でドルを下げます。

こうして1ドル=108円にタッチすれば、一斉にストップロスのドル売り注文が執行され、ドルはさらに下がります。

107円80銭、107円50銭というように、さらに下に置いてあったストップロスのドル売り注文も執行され、ドル売りが加速していきます。

<個人投資家のパニック売りで利益確定>

ヘッジファンド ストップ狩り そうなると、ストップロスのドル売りポジションを持っている投資家以外も、もう一段のドル下落に乗じて利益を上げようとして、ドル売りに回ります。

こうして、壮大なドルの下落トレンドが醸成され、ストップロス狩りをしたヘッジファンドは、大きな利益を手中に収めるのです。

またヘッジファンドによるストップ狩りとは別に、FX会社が小さな利益を得るために行うストップ狩りも日常的に横行しています。

残念な事実ですが、こちらも認識しておきましょう。

専業FXトレーダーが「海外FXを選ぶ理由」と「スプレッドの真実」
スキャルピングFXで最も勝負を分けるのが「スプレッド」と「約定力」。取引コストを下げて勝率を上げるための選定基準をご紹介。スプレッドが広がるFX業者の裏事情も合わせてご覧ください。

ファンドの買い戻し時にスキャルパーは利益をあげる

もちろん、ストップロス狩りのためにドル売りポジションを持っていたヘッジファンドも、利益を確定させるためには、どこかの段階でドルを買い戻さなければなりません。

このタイミングを見誤ると、相場がドル高に転じるなかで、今度は大量のドル売りポジションを持っていたヘッジファンドが窮地に追い込まれます。

この時、追い込まれたヘッジファンドは少しでも損失を小さくしようとして、一気にドルの買い戻しを進めます。

結果、ドルが底を打った時点で、今度は一気にドル高トレンドが出現する可能性があるのです。

この時に生まれる新しいトレンドは、スキャルパーとしては逃せません!

 

短時間で大きく値を戻すヘッジファンドの買い戻しは大きな利益を生むチャンスです。

仮に、ストップロス狩りによってポジションを狩られた人も、そこで諦めてはいけません。

底を打って反転する段階でドルの買いポジションを持ち、損失を取り戻すチャンスです。

このようにヘッジファンドの戦略を把握することで、大きな損失を生む側か、大きな利益を生む側に別れることを知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました