ダウ理論とは②テクニカル分析の概念

ダウ理論_テクニカル分析の概念

ダウ理論とは②
テクニカル分析の概念

『価格はトレンドを形成する』という
前提ですべては成り立つ

ダウ氏は「連続する高値・安値のそれぞれがその前の高値・安値より上である限り、アップトレンドが存在する。」と明言しています。

つまり「上昇トレンド」を定義づけると「連続する高値更新と安値切り上げを行った場合」となり、逆に下降トレンドでは「連続する安値更新と高値切り下げを行った場合」となります。

これらのトレンドの形成方法を前提としてチャートが形成されていることを念頭に置きましょう。

上昇トレンド
下降トレンド

ファンダメンタルの考え方

未来の「需要と共有」を織り込んだ
結果のすべてがチャートに表れる

この研究所で研究する市場の動き(テクニカル分析)に対して、価格を上下させたりする原因となる需要と供給に焦点を当てるファンダメンタル分析についてですが、ダウ理論においては、需給における群集心理はチャートにすべて織り込まれるという姿勢をとっています。つまり、ファンダメンタル分析は「市場の動きの原因を研究」し、テクニカル分析は「その動きが未来にどう影響するかを研究」するものであると考えます。

ダウ理論
ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。ファンダメンタルズをもとに株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析といいます。

ダウ理論

当研究所では「重要なファンダメンタル情報は以前からすでに市場価格(チャート)に織り込まれている」という前提の元にすべてのお話を進めていきます。

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。4年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る