ダウ理論とは①ダウ理論の基本法則

ダウ理論_ダウ理論の基本法則

テクニカル分析を使う日本人の個人投資家はたくさんいますが、意外と知られていないテクニカル分析の基礎となる『ダウ理論』。世界中のプロ投資家に重宝されて100年の歴史を持つテクニカル分析のルーツを学び、日々の投資に活かしてください。

ダウ理論の基本法則

ダウ理論とは①
ダウ理論の基本法則

そもそも「ダウ理論」とは?

「ダウ理論を知らないプロ投資家はいない」
と言われるテクニカル分析の基礎

ダウ理論とは、ダウ・ジョーンズ社を設立したチャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論です。ダウ氏は、景気と株価の関係を説明するための株価の歴史的な動きを研究する必要があると考え、その株価の連続性を求め「ダウ平均」という平均株価の計算方法を考えついたといわれています。現在では、FXや商品先物など、あらゆる相場で利用されています。

チャールズ・ヘンリー・ダウ
(Charles Henry Dow)
1851年‐1902年

1882年、ダウジョーンズ社を設立。1889年、ウォールストリートジャーナルを発行。社説にて平均株価の概念を用いて株式市場の動向を解説。その社説を基に、ウィリアム・P・ハミルトン、R・レアが『ダウ理論』へと発展。

 なぜ『ダウ理論』は今でも有効なセオリーなの?

①欧米のプロ投資家が基礎として最初に学ぶことが『ダウ理論』
②プロを含めた世界中の「投資家心理」がチャートに反映される
③過去のトレンド形成が『ダウ理論』に従っている場面が多い

『ダウ理論』によって見えてくる株価のトレンドは、
経済に対する心理的な要素を含めた景気の実態を表している。

ダウ理論は多くの投資家に利用されているから
市場での影響力は大きいぞ。

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。4年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る