【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社+1社

FXで最強に稼げるチャートパターンとは?

最強のチャートパターン「インサイド・レンジ・ブレイク」 テクニカル分析
このような方にオススメの記事

・確実性の高い収益チャンスやエントリーのタイミングを知りたい方
・ボルマン理論を身につけてスキャル技術を向上させたい方

本記事のテーマ

FXで最強に稼げるチャートパターンとは?

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

FXのチャートパターンは数十種類ありますが、その中で最も稼ぎやすいパターンは「レンジブレイク」であり、その中でも「レンジ内レンジブレイク」が最強であると私は考えます。

レンジブレイクは古くから使われる一般的な手法であり、現在でも多くの方が利用しています。普段から意識しているそのレンジブレイクを、さらに注意深く観察し、活用することでFXの収益性はグッと上がります。

今回はそのレンジブレイクと「最も勝てるチャートパターンであるインサイド・レンジ・ブレイク」で勝率を上げる方法について解説します。

チャートパターンの王道「レンジブレイク」

レンジブレイクとは?

FXのチャートパターンの王道とも言えるのがレンジブレイクです。レンジブレイクとは、レンジからローソク足が出た場合、出た方向にレートが伸びやすいという理論です。

レンジ内で売買していた人は、多くの場合負けた時の損失を少なくするために、次の位置に損切りを置きます。

損切りの逆指値が集まるエリア

従って、ブレイクすると負け組の損切りが見込めるため、レートが一方的に伸びるのです。

しかも、この理論は古くから使われているため、ブレイクを見つけたトレーダー達が買い増し、売り増しするので、その後に急激に伸びる傾向があります。

王道パターンのため「大きなトレンド」が生まれやすい

レンジブレイクの弱点

レンジブレイクは分かりやすく有効な取引手法ですが、弱点もあります。まず、ダマシが発生する点です。

ここでのダマシとは、レンジブレイクしたと見せかけてレンジ内に戻る動きのことです。

レンジブレイクでのダマシ

近年、比較的ダマシの頻度が高まっており、レンジブレイクを狙う場面では十分に注意する必要があります。

最悪の場合、狙いと逆方向に大きなトレンドができてしまうので、放置していると大変な損失を被るケースも見受けられます。エントリーと同時にしっかりと損切りを設定することが大切です。

もう1つ弱点として挙げられるのが、大きなレンジブレイクのチャンスはあまり多くはない点です。

為替相場の7〜8割はレンジと言われているくらいレンジ内で動いている場面が多いため、必然的にブレイクを狙ったトレードの頻度は低くなります。

しかし、小さな値幅も狙うスキャルピングFXであれば、小規模のレンジブレイクでも利益を獲れるので、そのチャンスを見つけることができれば確度の高いトレードが可能となります。

レンジブレイクだけを狙うスキャルパーも多く存在するよ

「レンジ内レンジブレイク」で確実に利益を獲る

レンジブレイクは、ダマシが多いことが弱点なので、勝率を上げことができれば最高の手法になり得ます。

勝った時の利益が大きく、勝率が高いのでレンジブレイクに絞ったトレードをすることで資産を増やしやすい「鉄板のチャートパターン」であると言えます。

で、そのレンジブレイクの中でも更に勝率が高く大きな値幅を獲りやすいのが「レンジ内レンジブレイク」。ボルマン理論で言うところの「インサイド・レンジ・ブレイク【IRB】」です。

このチャートパターンでの利益を狙うには、まず「レンジ内のレンジ」を見つけることが重要です。

以下の画像を見てください。

インサイド・レンジ・ブレイク

上図のように、レンジの中に小さなレンジができた後にブレイクした時は大きく伸びます。

なお、この際に注意すべき点は、小さなレンジが大きなレンジのブレイクライン付近の位置になければならないことです。

真ん中側にあると、あまり効果を発揮できず、結局ダマされてしまうことが多いので気を付けましょう。

ブレイクしているだけあって値動きの幅は大きく、15pips程度狙えることが多く、スキャルピングで狙う値幅としては十分と言えます。

損切りも浅目で済むのがこの手法のメリットで、レンジ内の小さなレンジの幅を損切りに設定して構いません。

損切り設定ゾーン

「レンジ内レンジブレイク」が生まれる心理

「レンジ内レンジブレイク」が大きなトレンドを生みやすい理由は、それまでレンジ内でブレイクさせまいと頑張っていたトレーダーのポジションがなくなったところで仕掛ける手法だからです。

レンジブレイク直前にできた小さなレンジは、レンジが継続すると考えた人の最後の抵抗をしていることを表しています。

従って、彼らがブレイク前の最後の砦というわけです。彼らも、他の人と同様にセオリー通りレンジの少し外側に損切りを置いていることが想定できるので、ブレイクした時点で損切りが誘発され、トレンドを作る力になります。

損切りが集まる場面では大きなトレンドが生まれやすいのね!

この状態でブレイクした場合、ブレイクさせまいと抵抗していた人が、損切りによりブレイクさせる側の力になったため、もうブレイク後にレンジに戻すのは困難です。

ダマシを警戒したトレードをする場合は、(損切りが多く発生して)勢いを持ってチャートが進んだことを確認してからエントリーしましょう。

レンジ内のレンジはどうやって判断すれば良いのか?

レンジブレイク寸前付近の位置でレンジがあるとブレイクした時に大きく伸び、ダマされにくいと書きましたが、それにはレンジの中のレンジをどのように判断するのかを知っておくことが必要不可欠です。

レンジ内レンジを見つけることは難しくありませんが、見た目で安易に判断するのではなく、短期移動平均線を使うことを推奨します。5分足の場合は、EMA20位を使うのが妥当でしょう。

レンジの中のレンジが完成した時に、移動平均線が横に推移したらエントリーチャンスです。

移動平均線が横ばい

移動平均線が「横ばい」で推移したということは、最後の抵抗をしている層がいることを示します。

もし、平均線がブレイク側に向いている場合は、ブレイクしようとする勢いだけが強いということですし、逆の場合はブレイクする勢い自体が無いと言えるでしょう。

移動平均線を使ってブレイクするタイミングを慎重に見極めよう!

「最強に稼げるチャートパターン」の弱点

「レンジ内レンジブレイク」の弱点はたった1つ、取引頻度が少ない点です。

ただでさえレンジブレイクを狙える機会は多くないのに、レンジ内のブレイク寸前のところに小さなレンジができる場面はわずかです。

なので、このチャンスを見逃さずに確実にエントリーすることが大切なスキャルピング技術になります。スキャルに関わらずFXで勝つ法則とは、リスクの高い無駄なエントリーを減らして確実なトレードを重ねることです。

「最強に稼げるチャートパターン」で利益を得るためには、チャンスが訪れるまではじっくりと待てるメンタルが何よりも重要である、と言えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました