【2019年】スキャルピングFXで稼げるFX業者3社+1社

XMでハイレバ勝負をする時の「両建て活用法」

XMでハイレバ勝負をする時の「両建て活用法」 XMのボーナスを活用
このような方にオススメの記事

・ハイレバレッジでの全力勝負をする方
・損切りができずにズルズルと負けを広げてしまう方

本記事のテーマ

ゼロカットシステムを活かした「XMの両建て活用法」

<スキャル歴12年の専業_億トレーダーがお届けします>

XMのボーナス制度とゼロカット制度を活かしたフルレバレッジでのトレードを推奨する当サイトですが、その方法では当然ながら一瞬でロスカットされる場面も増えて来ます。

そこで今回は「XMのルールを活かした両建て」でトレードの判断ミスをリカバーする方法をご紹介したいと思います。

両建ては有効なのか?

一般的には損切りを優先

「両建て」とは、同一通貨の買いと売りの両方のポジションを保有する状況を指します。
相場が両ポジションを往復するような動きをした場合に両方のポジションで利益を得れる、という方法です。
ただ、実際にはそのように都合よく相場が動く場面は少なく、両建てとは実質的な損切りである場面の方が多くなります。
結論として、スキャルピングをするに際して、両建てをするぐらいなら損切りをしてしまうことが正解ということになります。 
ただ、XMでの取引に関しては両建てが有効になる状況もあります

本来は「両建てより損切り」!でも「XMのボーナストレード中」はXMだけで使える両建ての活用方法がある!

「一般的な両建て」の使い方

調整局面での両建て

基本的には「両建て」は最適な答えではなく、ポジションと逆に相場が動いた場合は「早めの手仕舞い」が正解でありますが、トレンド相場での調整局面に使う両建ては有効です。
トレンド相場では一時的な下落(短期的な調整)を繰り返しながら上昇するものであり、その局面を狙いスキャル的な両建てで利益を乗せることは可能です。
「現状の損失ポジションを切らせない両建て」ではなく、「利益の出ているポジションを保持しつつ、短期的な調整でも利益を獲る両建て」です。
<調整の値幅分を狙う両建て>
XM両建て
ただし、これも私からすると「調整前に利食いする」もしくは「調整時にポジションを追加する」という選択が理想であると思います。

調整が来ると思っても、そこで利食いは出来ないんだよね

「XM特有の両建て」を使ったトレード

XMでハイレバ勝負をする時の「両建て活用法」
XMの仕様上、同一口座での両建ては容認されていて、マージンコール状態(維持率100%以下)でも両建てなら追加ポジションを持つことができます。
基本的に両建てはお勧めしませんが、このルールを活かすことでXMに限っては有効になる方法があります。

 取引量を維持したポジション変更のための両建て

トレンドを読み間違えて、相場が逆に伸びていきそうな時に使う両建て法です。
仮に「相場が思惑と逆に進み、明らかなトレンドを生み始めた場面」などで、維持率が低下してきたら、損切りをするか追加入金をする以外にはロスカットに合ってしまいます。
その場合、往々にして損切りすることで資金は減額され、次への収益チャンスが小さくなります。
<損切りして新規ポジションを保有した場合>
そこで同量の逆ポジションを持つ(両建てをする)ことで、新たなトレンドでの収益チャンスを持つことができます。両建て後すぐに元のポジションを決済することで損失は出るが、可能性をつなぐことができます。 
<両建てでポジションを保有した場合>

つまり、ポジション量を減らさずに売りと買いのポジションを持ち替えるってこと!

ペナルティとなる「XMが禁止する両建て」

XMでの両建て
 
なお、XMは「両建てOK」というスタンスですが、口座凍結などのペナルティを受ける両建てがあるので注意が必要です。

複数口座間での両建て

XMは最大8つの口座を持つことができますが、両建てが許されているのは同一口座内での両建てです。別の口座で両建てをすると、最悪の場合ペナルティとして資産の没収もあり得るので避けましょう。

他業者間での両建て

XMと別のFX業者を使い両建てを行った場合もペナルティの対象となります。
「別の会社なら分からないでしょ?」と思われるかもしれませんが、インターバンク直結のXMでは他社の取引状況から投資家を紐づける仕組みがあります。
他のFX業者は競合にはなりますが、各社の利益保護のため裏では連携があるようです。

集団で行う両建て

複数名のアカウントを利用して、リスクヘッジしながら利益を狙う両建ても禁止されています。「別々の口座で偶然に逆ポジションを持っただけだよ」という主張をしても、XMの担当部署が監視した結果、集団での仕業だと判断した場合はそのすべてのアカウント停止はもちろん、資金の没収も実行されます。

「週末」「指標発表前」の両建て

週明けの窓あきを狙い週末に仕込む両建て、インパクトの強い指標発表などの前に仕込む両建ても禁止されています。ゼロカット制度を活かして大きな利益を狙う手法はXMの損失となるため禁止対象になってしまいます。

XMポイントを貯めるための両建て

ロスカット直前で両建てポジションを追加してXMポイントを狙う方法もボーナス関連の規定違反となるようです。最後の悪あがきとして持った両建てが、ボーナス管理の担当部署が「違反取引」と判断されることもある、というです。
ただ、これに関しては、私は何度も経験してますが指摘を受けたことがないので気にしないで良いと思います。

まとめ

XMのみ価値がある両建てが存在はするが、基本的には両建てをするよりも素早い損切り(または利益確定)を行い、次のエントリーポイントで再度ポジションを持ち直すべきです。
ただ、XMのボーナス制度とゼロカット制度を活かしたフルレバレッジでのトレードをする時には、30pips動くだけで資産は3倍になるのでこの「XMの両建て活用法」で乗り切れる場面も少ないないのです。

XMでの両建ては、フルレバレッジ勝負で逆に動いた時の「希望をつなぐ方法」として覚えておいて良いテクニック

タイトルとURLをコピーしました