XMのポイント還元サービス「XMポイント」を活用しよう

XMボーナストレード

XMのポイント還元サービス
「XMポイント」を活用しよう

XMでは、取引量に応じてポイントが還元されるサービス「ロイヤルティー・プログラム」を提供しています。そのポイントは「XMポイント」と呼ばれ、XMで取引した場合は自動的に貯まり、現金(換金)または取引ボーナスに変更することができます。
 
 

|XMポイントの使い方

XMポイントの使い方は2つです。
 
1つは現金化する方法。
ただし、口座ステータスが「ダイヤモンド」以上の方だけが換金可能です。しかし、還元率が悪いので現金化する人はほとんどいないと思われます。
 
で、もう1つがXMポイントの主な使い方となる、取引ボーナスへの交換です。
現金に交換する場合の13倍以上の価格で保証金として取引に使うことができます。

一般的には、維持率を高めるために使われてようですが、私はボーナス専用口座でのハイリスク&ハイリターン投資をオススメしています。
 
 
 

|効率よくXMポイントを貯める方法

ロイヤリティー・ステータスと呼ばれるランクが4段階あります。
下から「EXECUTIBE」「GOLD」「DIAMOND」「ELITE」とランクアップしていきます。
 
下記の図表にあるように、取引期間が長いほどランクアップしていき、ランクが上がるごとにXMポイントの還元率も上がってきます。
 
最高ステータス「ELITE」になるためには100日間が必要となり、初期ランクの「EXECUTIBE」と比べて2倍貯まりやすくなります。
本格的な「XMボーナストレード」をするために、まずは「ELITE」を目指すべきですね。
 

|最高ランク「ELITE」にランクアップする手順

「ELITE」になるためには100日間の取引が必要となります。
なお、100日間の取引を行う口座の指定はないため、「マイクロ口座」で最小ロットで100日間の取引実績を残す方法があります。
 
100日後に「ELITE」にランクアップされた際に、メイン口座を「スタンダード口座」とします。
その後は、取引に応じて最大限のポイントバックを受けることができます。
 
長い時間は掛かりますが、大きな利益を得るためには必要な準備ですので、辛抱強くランクアップを目指しましょう。

 
ランク 取引日数 XMP
EXECUTIVE 初期 10XMP/1lot
GOLD 30日以上 13XMP/1lot
DIAMOND 60日以上 16XMP/1lot
ELITE 100日以上 20XMP/1lot
 「XMボーナストレード」をお考えの方は、下記のページを参考に、まずは取引実績を残していくべきです。
 
 
逆に、特定の期間トレードをしないと、ロイヤルティーステータスは「EXECUTIVE」にリセットされるのでご注意ください。
 

特定の期間の間、取引をされない場合、XMPの有効期限が切れ、ロイヤルティーステータスがExecutiveレベルにリセットされます。

  • Goldステータスは、30日間、取引がない場合リセットされます。
  • Diamondステータスは、60日間、取引がない場合リセットされます。
  • Eliteステータスは、100日間、取引がない場合リセットされます。

 ステータスを執行しないためには、取引しない期間を空けすぎないようにしましょう。

ただ、私は受信したことはないですが、執行が近づくとXMよりアラートメールが届くそうです。
 

|XMポイントの注意点

XMポイントには複数の規定があります。

<XMポイントの注意点>
• 新規注文から10分以内に決済された注文はポイント還元の対象にならない。
• ゼロ口座はXMポイントを獲得することはできない。
• マイクロ口座は1ロットのボリュームがスタンダードの1/10のため、ポイントも1/10
   
スキャルピングをしていると10分以内に決済する場面も多くなると思いますが、その場合はXMポイントの還元対象とはなりません。

ただ、ポイント獲得のために10分の以上のポジション保有はリスクが出てくるので、ポイントを貯めるメイン口座では利益確定と損失限定を最重視した取引をするようにしましょう。

 
 
 

 

Dr.Scalpinがオススメする海外FX企業

XM_logo XMのホームページ

NDD方式を採用する海外FXブローカーのXMです。安定した約定力がスキャルピング向き。私が資産を築いたリスクゼロの投資法「ボーナストレード」ができるのはXMだけです。

まずはXM「スタンダード口座」での開始を推奨いたします。
XM「スタンダード口座」の開設はこちら
XM「デモ口座」のご紹介はこちら

 

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。4年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る