スキャルパーのFX業者選び

スキャルパーにお勧めのFXブローカーの条件

 FX取引においてどのFXブローカーを利用するかは、とても需要な選択の一つになります。これは各ブローカーによって提供しているサービスや構造に相違がある為、結果的に取引しているユーザーに影響が出てくるのためです。スキャルピングを中心にトレードしている方であれば、是非スキャルピングにマッチしたブローカーを選ぶべきだと私は思います。ではどういったブローカーを選んでいけば、私達のトレードが有利になるのか?いくつかの項目にわけて考えていきましょう。

低スプレッド&約定力はスキャルピングの基本

 やはりスキャルピングをするのであれば狭いスプレットは必須です。国内でも狭い原則固定の狭いスプレットを提示しているところもありますが、約定力がありません。スキャルピングしていても、ボラティリティが高くなる局面ではスリッページでスプレット分など簡単に消し飛んでしまいます。これではまったく意味がありません。やはり低スプレットかつ約定力がある業者を選ぶ事が結果的な利益につながります。

 そこで私のスキャルピングFXではNDD方式の業者をお勧めしております。NDD方式ではユーザーとインターバンクの間にFXディーラーを経由しないため、ダイレクトなレートでトレードする事ができます。そのうえタイミングによっては極端に狭いスプレットでポジションを持つこともできるためスキャルピングには最適な環境といえます。
NDD方式にもいろいろな業者があるため、いくつか有力な口座を開設してトレードの比較をしてみると良いでしょう。やはりデモ口座では実際のスリッページなどがわからないため、少額でテスト運用してみることをお勧めします。使い比べてみることで、スプレットが狭くより約定力の強い業者を選定する事ができるのです。

 

「NDD方式を採用」と宣伝する企業にも注意が必要

 DD方式のFX会社はスキャルパー向きではないことはお伝えしておりますが、NDD方式の採用をサイト上で告知しながらも、実際にはインターバンクと直結せずにノミ行為を行う業者も存在することがあります

 世界のスキャルパーがNDD方式の業者に流れる中で、その層を顧客にしたいがために、自社のリスクを顧みずにNDD方式でのレートで取引をさせています。俗に言う「オフショア地域に拠点を置く悪徳業者」に該当しますが、登録地域や口コミを調査せずに知名度や露出度で信用してしまい、スキャルピング口座として悪徳業者での取引を続けるトレーダーもいます。利益を運用資金に回すことで、利益額を増やすスキャルパーは必然的に出金頻度は少なくなります。ゆえに、「利益が重なった顧客の利益=業者の損益」となるノミ業者は、NDD方式を謳っておきながらも「スキャルピングが規定違反」という理由で出金を拒否することがあるので注意が必要です。

 

すでに使い慣れたブローカーでも常に他のブローカー情報を追いかける

 すでにFX取引を始めている方の中で、低スプレッドの信用できるブローカーを選びぬき、満足した取引をしているという人もたくさんいるかと思います。私も当時利用しているFXブローカーで十分満足していました。当然満足していたので他社の情報はチェックしていなかったのですが、その間に私が利用しているブローカーと同条件、さらにはより好条件のブローカーが存在していたのです。

 FX業界は常に激動しており、各会社が顧客獲得に向け熾烈なサービス競争の時代となってきているのです。私はこの時、今の状況に満足することなく情報を追いかける事がいかに大切かを感じました。やはり使い慣れたブローカーがあったとしても、常にアンテナを張っておき他社がどんなサービスを提供しているのかチェックする癖をつけるといいでしょう。サービスが激動するこんな時代だからこそ更なるブローカーに遭遇するかもしれません。

 ブローカーを選ぶ項目はいくつもありますが、最低でもスプレット、約定力、レバレッジなどの必須項目はぜひ満足いくまで選びぬくべきです。この中の1つでも欠けてしまった場合、満足のいくパフォーマンスが損なわれてしまします。世界中のFX会社が安定システムと狭いスプレッド環境の提供に努力を続けている中で、これからお付き合いするブローカーを考え直す事で、より効率のいいトレードを実現させることにもつながります。よいブローカーを見つけ、ぜひ有益なスキャルピングをしていきましょう!

 

Dr.Scalpinがオススメする海外FX企業

XM_logo XMのホームページ

NDD方式を採用する海外FXブローカーのXMです。安定した約定力がスキャルピング向き。取引ボリュームが多い方には狭いスプレッドの「Zero口座(手数料制)」も用意され、本格的なスキャルパーも満足するスペックが用意されています。ちなみに、私は「スタンダード口座」と「Zero口座」の両方を開設して取引ボリュームごとに使い分けています。

まずはXM「スタンダード口座」での開始を推奨いたします。
「スタンダード口座」の開設はこちら
XM「Zero口座」のご紹介はこちら

※口座開設フォーム内の<取引口座詳細>でご希望の口座コースをお選びください。

 

この記事の著者

Dr.ScalpinスキャルピングFX投資家

スキャルピングを始めて12年目を迎えた2児の父です。5年前から専業スキャルパーとして活動していますが、日本ではスキャルピングの情報が少なく、間違った情報が蔓延しているので『スキャルピングFX大辞典』として情報配信を始めました。なお、いろいろ試した結果「ボブ・ボルマン氏のスキャル手法が最強」という結論です。

この著者の最新の記事

関連記事

[amazonjs asin="B00B1XXO30" locale="JP" title="FXスキャルピング"]

Facebook

ページ上部へ戻る